年下から「痛い」まつ毛メイクと言われ、私がはじめたこと

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


50代の、痛いまつ毛メイク


「まつ毛、そんなにグイグイ上げてると損かもしれないです…」

「なんというか、頑張ってる感じが出てしまうというか」

50代に入ってすぐのころ、20歳以上も年下の女性から言われたことです。

その時はちょっとショックでしたが、いいアドバイスをもらえて良かったと後からしみじみ思いました。

なかなか言ってもらえませんから、自分の化粧のどこがマズいかなんて。



彼女は目鼻立ちのくっきりした美人。はきはきと思ったことを言う。

お洒落のセンスも独特。かっこいい。

私のまわりにはいないタイプの女性で魅力的でした。

若くて美しい女性というのは、こんな中年女性の心さえわしづかみにするのです。



50代ファッションの人気ブログでも、美しくて自信にあふれている人の画像を毎日拝見しています。

人気のファッションブロガーさんに、先日はじめてコメントしました。ドキドキしたけど楽しかったです。

50代ファッション人気ブログランキングへ


まつ毛 ビューラー


勘違いしていたアイメイク・化粧のやり方


だれも褒めてはくれませんが、眉毛もまつ毛もある方だと秘かに思っていました。

でも、年齢とともに目はどんどん小さくなってきました。

そんなことないですか?目がしぼんでくるというか、全体的に貧弱になってくるというか。



鼻も口も大きくて老け顔の私は、なんとかバランスを取ろうと、小さくなってきた目をどんどん盛るようになっていました。

アートメイクのアイラインは40代で入れました。

まつ毛はふさふさに、上向きにが基本。

まつ毛パーマのほうがエクステよりラクなので、それも続けていました。

マスカラ下地はもちろん、マスカラの2重3重塗りもデフォルト。



どんなに眉毛やまぶたを整えても、まつ毛が貧弱では決まらないと信じていました。

…と、ここまで書いて気づきましたが、やっぱりやり過ぎていたかもしれません。

 

痛いまつ毛メイクをやめた


娘のような年齢の彼女にそう言われてから、過度にまつ毛をあげたり、マスカラでもりもりに盛ったりするのをやめました。

「痛いメイク」

こう思われるのが、いちばんみじめだと思っていたからです。

思っていたのに、自分のことには気づかなかったんだな~



まつ毛自体に栄養を


グイグイまつ毛を上げると、50代の下がってきたまぶたの上に、まつ毛の先だけがちょんちょんと見えている状態になります。

これがまず痛く見えてしまう。



●根元から、自然なカールで
●健康的なまつ毛で、自然な美しさを



で、どうすればいいの?まだ間に合うの?

”自まつ毛を育てる”ことに尽きるんだそうです。

貧弱になってきたまつ毛をしっかりさせて、濃いメイクをしなくて済むように。



そこで私は、まつ毛美容液をちゃんと使ってみることにしました。

メイクで盛るのではなく、栄養を入れて育ててみようと。


まつ毛美容液 エマーキッド


いろいろ試してきて、今も使い続けているまつ毛美容液がこれです。

はじめは少々お値段が張るかな?と感じましたが、効果がはっきりわかったので(私の感想です)、やめることは考えていません。



終わりに


娘のような年齢のその彼女とは、あるイベントで意気投合し、連絡先を交換したのがきっかけで付き合うようになりました。

そのうち、一緒に買い物に行くことになり、冒頭の会話になったのでした。

今はもうお付き合いはなくなりましたが、彼女との時間は貴重だったし、いい思い出として残っています。

さあ、今日もまず顔の土台を整えて、美容液をまつ毛に塗ることからはじめます。

暑さが増してきましたが、皆さんも良い一日をお過ごしください。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。





ブログ村テーマ
おすすめの化粧品・メイク道具

白髪染め〜ヘアカラーについて

50代からのファッション&コーデ

大人が着る無印とユニクロの服

捨てても、大丈夫だったもの

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること





書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった経緯や、少ない服で楽しむ工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

最新記事

ロングカーディガンは流行遅れか定番か Oct 24, 2020
収納下手でも成功した、リビングの簡単すっきり収納のコツ Oct 23, 2020
苦手なお隣さんとのその後 Oct 22, 2020
ユニクロ、捨てなくてよかったファーリーフリースフルジップジャケット Oct 21, 2020
お隣さんにイラつく自分をどうしたか Oct 20, 2020
手術が終わりました Oct 19, 2020
古い家具でも売れる?リサイクル店で知った現実 Oct 17, 2020
PLST、大人が着る秋のふだん着 Oct 15, 2020

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る