お金?愛?健康?50代夫婦に必要なもの、わがやの現実はこんな感じです

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

ひとつ前の記事には多くのアクセスをいただき、ありがとうございました。

義母いいかげんにして!と言ってしまいました


6月 孫と久しぶりに (1)
(裾、踏んでますね、あぶないあぶない)

孫とひ孫に義母が嫉妬のような感情をいだくため、会いにいくのもこっそりです。でも、一昨日はひさしぶりで、とても楽しかったです!

面白いですね、このぐらいの時期の子どもって。お母さんのすることに興味津々でした。


50代夫婦の結婚記念日


毎年その日は、朝一番に、娘からメールが来ます。

「お父さんお母さん、結婚32年おめでとう!これからも仲良くね」

娘はプレゼントも欠かさず贈ってくれます。今年は花束でした。

2歳上の夫とは、私が大学の3回生の時に知り合いました。その日のことは、今でもはっきり覚えています。

「32年間、ありがとう。これからもよろしくー」

今年もお互いそれだけ言いあって、あとはふだんと変わりなく過ごしました。

6月 孫と久しぶりに (2)結婚記念日

夫は恩人であり、同志でもある


今いちばん交流の多い友人も、ご主人のことを”同志”だと言っていました。

はじめてそれを聞いたとき、同じように思う人がいて嬉しかったのを覚えています。実家の母にそう言っても、ピンとこないようだったからです。性格や世代の差もあるのでしょうね。



障害児をしっかり育てていくという目標をもった同志


私は結婚後、長い期間入院していたことがありました。

そのときは、一昨年ひきとった義母にも、実家の両親にも、たいへんお世話になりました。障害の重い息子とまだ幼かった娘がいたからです。

でも、いちばん生活が変わったのは夫です。

退院してからも、 私は最低限の家事もおぼつかない状態が長く続きましたから、そのフォローもたくさんしなければなりませんでした。

大きな身体でも夫が料理上手なのは、私がそんな身体だったからです。

 
息子が所属していた入学前の障害児のグループ。そこの療育キャンプにも、まだ幼かった娘をつれ、親子3人で参加してくれました。

夫が頑張っていたのは、息子が参加できるものには積極的に顔を出そうということで、私と意見が一致していたからだと思います。

初めての子どもに重い知的障害があると知ってからは、できるだけ夫婦で情報を共有してきました。

夫 キッチンに立つ 料理

恩人


回復が遅かった私のせいで、夫はあっという間に有給休暇を使い果たしてしまいました。

会社側もいろいろと融通してくれましたが、結局は退職になりました。

好きな仕事をしていた夫に対し、このことは本当に申し訳なかったです。こうして書いていると、今でも胸が苦しくなります。

転職後も、私や子供たちのために早退せねばならないことも多かったです。肩身の狭い思いをしながら、働いてくれていたのだと思います。

今のように障害児を預かってくれるサービスもありませんでした。

なかなか元のように家事や子育てができなかった私を、そんなふうに支え続けてくれました。



50代になってから、また生活に大きな変化が


息子の部屋の片付け 書類整理 2

ここで何度も使っているこの画像は、二人で参加した障害児向けの勉強会や父母会の記録を含めた、息子関連の書類を処分しているときのものです。



亡くなった息子の部屋をもういちど片付けたのは、娘が出産して里帰りしてくるときの部屋にしようと思ったからです。

前の年に義母を引き取っていなければ、一階の和室を娘たちのために使ったと思います。

でも、それが出来なかったため、息子のものをさらに処分してその部屋を広く使えるようにしたのでした。


2階和室 赤ちゃんと母親の部屋 全体


このとき夫婦で話したのは、「50代になってからまた忙しくなったね」ということでした。

50代は子供が巣立ったり親の介護がはじまったりするいっぽうで、老後への備えも最終段階に入っていく年代だと実感していたからです。

まだこの先でどんな変化があるかわかりませんが、私たち夫婦は50代に入ってからの数年が、人生でもっとも変化の大きい時期になりました。

みなさんはいかがでしょうか。

介護のためのリフォーム、娘の結婚、出産、孫の行事や新居へのお祝いなど、お金もたくさん必要でした。

こんなテーマにも記事を投稿してきました。

ライフスタイルブログテーマ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント





終わりに


「もし、妻が私でなければ、この人はもっと幸せな人生を送れたのではないか」

夫に対するこの思いは今も消えないし、今後もなくなることはありません。

でも、昔のように苦しみながらそう考えるのではなく、ひとつの思いとして持ち続けていようというぐらいの気持ちです。



周りに迷惑ばかりかけるような心身ともに弱かった私ですが、もうあの頃とは違います。

良くも悪くも、図太くなりました。

心臓に毛が生えてるなんていいますけど、まさにそんな感じです。

これからはそんな強い心臓を動かしながら、夫婦で楽しく生きていけるよう工夫していきたいです。

2つのブログランキングに参加しています。それぞれ下の四角いバナーをクリックして頂けると嬉しいです。いつも応援してくださってありがとうございます。





以下、ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの

ちょうどいい暮らし

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

50代からのファッション&コーデ

白髪ケア・白髪染めについて



人気の話題はランキングで読むことができます。

シンプルライフ・ブログランキング

50代の生き方・ブログランキング

50代ファッション・人気ブログランキング

断捨離・ブログランキング



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

【今週のおすすめ】少しでも若いうちに服の片付けをはじめてラクになる(服の減らし方と効果まとめ) Mar 29, 2021
人気のストレッチパンツ、綺麗でプチプラ、家事服にぴったり Apr 20, 2021
少ない収納でも使いやすく。狭いリビングを片付けた順番を書いてみた【収納】 Apr 18, 2021
狭いリビングを広く使う、片付けた順番を書いてみた【断捨離】 Apr 17, 2021
古いアルバム写真のデジタル化へ(2)次にしたのはスケジュールを組むこと【8500枚を10分の1に】 Apr 16, 2021
より楽なシンプルライフへ。捨てるタイミングも変わってきました Apr 15, 2021
親や子供の見守りで困っている人へお伝えしたいこと Apr 14, 2021
古いアルバム写真の整理に着手(1)まずはじめにやったこと【8500枚を10分の1に】 Apr 13, 2021
中がわかりやすい調味料入れ保存容器、おすすめ3つ【ニトリ+100円ショップ等】 Apr 12, 2021
北欧食器、初心者の私が買ってよかった3枚 Apr 10, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る