長男の嫁やめたいけどやめません【義母の被害妄想】との付き合い方

スポンサードリンク





プロフィール・ブログ村       

自分をまず、立て直す


義母がまた大パニックを起こしてしまいました。ちょくちょく話していたことで前日はニコニコ嬉しそうにしていたのにダメでした。

とにかく、「聞いてない」「知らない」の一点張り。

何度ああなっても慣れません。とても長い時間に感じましたし、本人もしんどかったろうと思います。

ただ、やはり、介護する側としては切ないし辛いというのが本音です。心が折れそうでした。


「義母にこんなに合わせて暮らしているのになぜ?」
「まだ私のやり方では不十分なのかな…。どうすればいいんだろう」


ついこう思ってしまうのですが、いつまでも私がそんなふうでは解決しません。

というより、解決しようとしても難しいので、その時その時で対処しているというのが現実です。

寝室の照明 コイズミLEDリング型シーリングライト BH14703C (1)

少し休んで自分を立て直し、どうしていこうか考えました。

▶なぜ同居に失敗したのにまた義母を引き取ったか



被害妄想について


認知症の症状は「中核症状」と「行動・心理症状(周辺症状)」に分かれていて、被害妄想は周辺症状にあたります。

記憶障害や、理解・判断力の障害などは、中核障害です。

なお、今回も参照したのは、みんなの介護というサイトです。


認知症の被害妄想の種類


●物取られ妄想(嫁が財布を取った。ヘルパーさんが通帳を盗んだ、など)
●見捨てられ妄想
●幻視・幻覚
●嫉妬妄想(配偶者への)



被害妄想といってもいろいろで、義母の場合は「見捨てられ妄想」が強いと感じます。

それも含め、私としては一生懸命やっているつもりなのですが…まだ駄目みたいです。難しい。



認知症の被害妄想への対応のしかた


被害妄想は、認知症の人の15%くらいに出るそうです。

比較的まだ周囲のことがわかっていて自分のことができる高齢者に出る。

ケアマネさんからは、「被害妄想は、認知症がすすむと次第に減っていくんです」とも教わりました。これは私にも想像ができます。

義母にとっては良いことではないですが、被害妄想が減ってきたときの現実として知っておくと、私も心づもりができます。


被害妄想への対応の仕方、基本

●否定しない
●話に共感する姿勢を見せる
●周囲に相談する
●相手と距離を取る
 

介護される側もする側も、ストレスをためないように


義母に頼まれ、毛糸をまた買いに行きました。

いつもいくのは国道沿いの手芸屋さん。コロナウイルス感染防止のため、まだ入場制限がかかっていました。

前に行ったときも混雑していましたが、この日はさらに。

「私、なんでこんなところに突っ立ってるんだろう?」



建物の外で待っていたのは20分ほどなので、長い時間ではなかったのです。

でも、涙が出そうになりました。



ネットで買うのも考えたのですが、今は注文してから届くまで日数がかかります。

そうなるとまた「放っておかれた」と思われかねないから、私が自分で決めて買いにいきました。

私が泣いてる場合じゃありません。

ではどうすればいいか。


●「ちゃんとあなたを見ています」と安心させる
●こちらが辛くなって動けなくなる前に、距離を取る工夫をする
●ケアマネさんやかかりつけ医に相談しやすいよう、記録しておく



終わりに


息子は重い知的障害があったため、よくパニックを起こしました。自傷行為や他害行為もあり、対応が難しかったです。

そのパニックが起きる状況というのは、あるていど決まっていました。

体調や環境の変化に大いに関係していたのです。

そのため私は、食欲や睡眠時間、その日のできごとなどをエクセルで記録し続けました。

障害児のいる家族はどんなふうかご存知でしょうか。興味のある方はご覧ください。

ブログ村テーマ
*障害児の家族ってのもいいかも


希望 四つ葉 イメージ

自分がつけてきた記録を見ていると、「パニックを起こすかも」「そろそろてんかんの発作があるかも」というのがわかるようになりました。

息子のパニックと義母のそれとでは、原因や対処方法が違います。

けれど、この経験をたくさんしてきたことは、義母の介護をしている今に活かされていると思いたいです。



さあ6月がはじまりました!

こんな状況ですが、今月もぼちぼち更新していきます。またお立ち寄りください。お待ちしています。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。





50代の日記ブログランキングに参加しています。先月は一度失敗した同居のことについて書いた記事に、多くのアクセスをいただきました。ありがとうございました。

→50歳代の日記ブログランキング


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

PVアクセスランキング にほんブログ村

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。2022年6月25日

最新記事

物が増える原因はこれ!危うく買いそうになったので考えてみた Jul 06, 2022
このお手軽だしで普通のおかずもグッと格上げ Jul 05, 2022
若々しく見える髪型、ひし形フォルムのショートヘア【40代50代60代】 Jul 04, 2022
結婚後のくらしは順調ではなかった、けれど Jul 02, 2022
美しい60代ブロガーさん、私の病気、子どもの遺品整理など Jul 01, 2022
人は見た目で決まる Jun 30, 2022
ついていけるか?義母の変化、孫の変化、私どうする? Jun 28, 2022
50代でも遅くなかった、はじめて良かったこともあった Jun 27, 2022
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jun 25, 2022
洗濯OK夏も安心。プチプラ大人Tシャツと、つば広帽子で楽しもう Jun 24, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る