狭いキッチンのリフォームが成功した1番の理由は

スポンサードリンク

***


柱の抜けない狭いLDKのリフォーム


2018年の春、13.5畳という狭いLDKをリフォームしました。義母と同居をはじめる直前でした。

今日は、そのリフォームがまあまあ上手くいったと満足できている理由について書きます。

結論から先に書くと、満足できているのは「収納スペースを増やしてスッキリ見せようとしたのではなく、収納スペースを減らして居住空間を増やしたから」です。

リフォームの目的がその1点に絞られていたから、とも言えます。

わが家の場合は、狭いうえに柱が抜けなかったのが特徴ですので、似た環境でリフォームをお考えの方の参考になると嬉しいです。


狭いLDK(キッチン)リフォーム・アフター 4

リフォームは目的と完成イメージをしっかり決めてから


リフォームは、目的と完成イメージをしっかり決めてから進めるのが大切です。


1 リフォームの狙いを決めておく・優先順位もつけておく

2 完成のイメージを明確にしておく

2 予算を決めておき、業者にはきちんと伝える

4 見積もりは複数のところから取る


リフォームをする前にこの4点を押えておきました。

うちの場合、第一の目的は、床面をできるだけ広く出して義母が動きやすいよう(怪我をしくいよう)にというものでした。そのために、抜けない柱を残して壁をぶち抜いてもらいました。

リフォームの中身については、お金のことも含め、前にまとめ記事を書いています。

▶狭いキッチンのリフォーム、ビフォーアフター【抜けない柱・LDK】


 

狭いキッチンのリフォームが成功した1番の理由は


収納スペースを減らして、居住空間を増やす


発想の転換もしました。

それが冒頭で書いた、「収納スペースを増やして空間をスッキリ見せようとするのではなく、収納スペースを減らして居住空間を増やしスッキリ暮らそう」としたことです。



リフォームの目的(狙い)のひとつが、見えている床の面積を増やすこと。

箱の大きさが決まっていれば、収納を減らすのは当たり前ですね。でも、大々的な捨て活をしてこなければ、そうは思えなかったはずです。

昔の私なら、壁一面に収納を作ってもらうよう希望したと。



まず、キッチンがダイニングの方を向いている場合、キッチンの位置を壁側へ変えなければ空間は広げられない


リフォーム前のキッチンはダイニングの方を向いており、そこにはカウンターがありました。入り口には大きな壁もあったため、半独立形式です。

キッチン 20170721
*リフォーム前のキッチン。リビング側から見て。


ですから、リビングからもダイニングからも、キッチンの中はあまり見えませんでした。でも空間を広げるには、ダイニングの方を向いているこのシステムキッチンを取らねばなりません。

システムキッチンを壁側へ移動させなければ、広くは使えないのです。



壁付けキッチンにして、収納スペースも減らし、空間を広げる


リフォーム前のシステムキッチンは、幅があり吊戸棚も大きかったため、収納力がありました。

でも空間を広げるためには、壁付けキッチンに変更し、キッチンのサイズも前より小さくする必要がありました。冷蔵庫や食器棚の配置の関係から、置けるスペースを逆算してのことです。

収納スペースを減らすことに迷いがなかったのは、それまでの捨て活で、物の量をかなり減らせていたからです。

キッチンカウンター外から2017
*リフォーム前のキッチン。ダイニング側から。



食器棚のサイズも約半分に


ダイニング側から見たキッチンにあるのは、幅140センチのニトリの食器棚です。

リフォーム後の食器棚の幅は75センチで、約半分のものにしました。空間を広げるため壁付けキッチンにするなら、このサイズのものしか置けませんでした。


●システムキッチンのサイズも小さくする
●食器棚も約半分のサイズまで小さくする


でも、まったく困っていません。それだけ食器の量を減らしていたからです。

”WEB内覧会”でよそのお宅のキッチンを見せてもらえたので、たいへん勉強になりました。

住まいブログテーマ
WEB内覧会*キッチン



リフォーム前の断捨離 片付け キッチン (5)


写真がぼけていてすみません。

とにかく、収納スペースが少なくなっても大丈夫なようにと、物を減らすことに必死でした。


リフォーム前の断捨離 片付け キッチン (4)

シニア世代のリフォームは「どこまで物を減らしておけるか」がカギ


体力も気力もさらに落ちていくでしょうが、設備も古くなっていくので、70代でもう一度小さなリフォームをするかもしれません。

でも、物は少なくなっているので、今回のリフォームよりもっと気がラクだろうと想像しています。

シニア世代のリフォームは、どこまで物を減らしておけるかがカギになる。今回つくづくそう思ったのでした。


狭いLDKのリフォーム (1)


この壁をドドーンと壊して、柱だけ残してもらいました。

この柱がないと、2階の床が落ちてくる可能性がありました!


狭いリビングダイニングのリフォーム(後・初日)

狭いLDK(キッチン)リフォーム・アフター3

ダイニングテーブルをもう少しだけ大きいものにしたかったのですが、探すことができませんでした。

読者さんから、オーダーして作ってもらうのは?とご提案いただきましたが、お値段の点で迷っています。でも、まずは居住空間を増やすことができたので喜んでいます。

足の悪い義母だけでなく、私たち夫婦も孫も、動きやすいキッチンになりました。



収納を増やすより、床面積を増やす


「リフォームするなら、少しでも収納するスペースが多いリビングやキッチンにしたい」

はじめにも触れましたが、もし大々的な”物減らし”をはじめていなかったら、私はきっとそう思ったでしょう。

どこかひとつの壁一面は、天井まであるような収納を作ってもらったと思います。



このリフォームで、今のところ収納が少なくて困るということは起きていません。

丸見えのキッチンに慣れるだろうか…とも思いましたが、大丈夫でした。絶えず見えてしまっているほうが、ちゃんと元に戻そう!と思えるからかもしれません。



終わりに


目的さえしっかり見据えていれば、どんなに狭いキッチンのリフォームでもうまくいきます。

そこがブレないようにしておくことが大事だと今も思っています。

2つのブログランキングに参加しています。それぞれ下の四角いバナーをクリックして頂けると嬉しいです。いつも応援してくださってありがとうございます。





人気の話題はランキングで読むことができます。

シンプルライフ・ブログランキング

断捨離・ブログランキング

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」


月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。

最新記事

娘と考え方は違っても、自分を変えるチャンスにしたい。いろいろあった先月のふり返り Dec 01, 2022
夫の言葉が、趣味のものを手放すきっかけに Nov 30, 2022
「孫をとるか、母をとるか」で迷ったあとに Nov 29, 2022
ほんとに減らしてよかった・・・服の片付けの効果5つ Nov 28, 2022
50代、滑舌が悪くて恥ずかしかったので、こんなこと始めました Nov 27, 2022
母がどんどん変わり、義母はどんどん元気に。私はどうすれば? Nov 26, 2022
酵素で頭皮すっきり美しい髪を。Amazon、エンザエスキューのローションを愛用しています Nov 25, 2022
夫は定年、義母と同居、リビングに私の居場所はない。対策はこの2つ Nov 24, 2022
60代になるのが楽しみ。家を好きでいるために続けていること Nov 23, 2022
ついつい買ってしまうコレのおかげで・・・ Nov 22, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る