*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

50代60代のブラックフォーマル(喪服)の選び方

3/30(土)オンライン講座(NHKカルチャー)を開催します。人生後半を身軽に暮らしたい人に向けて、片付けの順番や迷ったときの対処法などを具体的にお伝えする内容です。ぜひご参加ください。

「何歳からでも始められるシンプルライフ」
お申し込みはこちら(NHKカルチャーのサイト)
詳しい内容はこちら(このブログの記事に飛びます)

*ブラックフォーマル=喪服ではないと教わったこともあるのですが、この記事ではそう表します。今日は、どんなことを基準に50代がブラックフォーマルを選んだかについてまとめました。


50代60代のブラックフォーマル選び


記事の中では買い替えに至るまでを中心に書いていますが、どういうブラックフォーマルを選んだかについては次のようになります。


●年齢にふさわしい、質の良い黒色であること
●体型に合っていること
●膝が出ないスカート丈・肘の出ない袖丈(夏)
●着脱のしやすいデザインであること
●めったに着ないからこそ、似合うと言われるものより、好みのデザインのほうを


昨年の5月に着たブラックフォーマルのアンサンブル、中のワンピースは着やすくて優秀でした。今はこんなデザインなんだと感心しました。



年齢に応じたブラックフォーマル


ブラックフォーマル20代から30代のイメージ画像

20代から30代にかけてのブラックフォーマル


私は結婚するとき、自分で買ったブラックフォーマルを1着持ってきました。

田舎の長男の家へ嫁ぎましたので、このブラックフォーマルは予想していたより着る機会が多かったです。

シンプルで飽きの来ないデザインでしたが、だんだん古臭さが目立ってきたため、着ていても落ち着かなくなりました。

肩パッドやジャケットのかたち自体が、バブルを思わせる大きめのもの。いくらシンプルなデザインだといっても、いつまでも着られるものではありませんね。

それに、色も駄目でした。ブラックの色も品のある漆黒とは程遠く、ぼやけた黒色といった感じでした。



40代以降のブラックフォーマル


40代に入ったころ、いちどそのブラックフォーマルを買い替えました。

前のブラックフォーマルでは心もとないということもありましたが、なにより、体型が崩れてきて背中や二の腕が苦しくなってきたからです。私はお腹周りより先に上半身の形が変化してきました。

ただし、経済的にあまり余裕がない時期だったため、良い素材のものは買えませんでした。

思い切って2回目の買い替えをしたのが、55歳のときでした。体型がいよいよ変わり、これから先ブラックフォーマルを着る機会も増えていくだろうと思ってのことです。

 

50代60代のブラックフォーマル選び


まず、50代60代がブラックフォーマルを着て行く場面を考える


ブラックフォーマル選びでもっとも重視したかったのが、着て行く場面自分の立場です。迎える側でも出席する側でも。

私は地方の長男の家に嫁ぎましたので、親せきだけでなくご近所の葬儀に参列することもあります。その時に考えるのが、自分の立場。この服装でいいかということでした。

なお、かつて同居していた夫の実家は、義母を引き取ったあと処分しています。けれども、今の家もそこから車で数分のところにありますので、周りのことを意識しないわけにはいかないと思いました。土地柄でしょうね。

▶【親の家の処分】買い手が見つかりました。空き家の解体費用は?売却の流れは?

喪服 和装イメージ

このあたりでは、濃い身内が亡くなった場合は着物の喪服を着るのが一般的ですし、そうします。

紋が染め抜かれた黒の着物や必要な一通りのセットは嫁入り道具として持ってきましたので、それを着ます。これは時代に関係なく着られるものなので、来てくださる方を迎える側としては安心です。

問題は、洋服の喪服を着ていくときです。いろいろと配慮する必要が出てきました。



50代、ブラックフォーマルの買い替えを考えるきっかけ


50代という年齢に差し掛かったころから、体型に合わないものやあまり質がよくないものを着ていくのは辛いという思いが強くなってきました。

買い替えようと思ったのは、最も親しみを感じていた叔父の葬儀があったときでした。



黒い服を着た人がたくさん並んでいても、やはり漆黒の質の良いブラックフォーマルはひと目でわかります。

漆黒のブラックフォーマルを着てきた人たちを見ていたら、叔父は幸せものだとしみじみと思いました。

私のように、着ている服で判断するのは、昭和の考え方かもしれません。ですが、そのときはっきりと、自分のブラックフォーマルはそろそろ買い替えないといけないと思ったのでした。



たとえ似合うと言ってもらっても好みでないものは選ばない


平日の空いた時間帯に、百貨店のブラックフォーマル売り場へ行きました(これは昨年のことです)。ベテラン店員さんは、さっと私を見てジャストサイズのを数着持ってきてくれました。

「お客様の体型に合うと思います」

一生懸命すすめて下さったのが、襟がフリルになって立ちあがっているジャケットと、美しいフレアーワンピースとのアンサンブルでした。このデザインが最近の主流で、人気もあるとのこと。

ただし私が選んだブラックフォーマルは、このタイプではありません。人気のデザインなので参考商品として貼り付けます。

私が買ったタイプのブラックフォーマルは、記事の最後の方に書いています。



*参考商品。人気だそう


今どきのブラックフォーマルのワンピースは秀逸ですね。春夏用のジャケットを羽織っている、まるでスーツのように見えるワンピースで着脱もらくちん。驚きました。

でも、フリル・レース・リボンといったフェミニンな要素が激しく苦手な私には、このデザインはどうしても無理でした。

私にとっては高価な買い物。めったに着ないブラックフォーマルだからこそ、納得のいく好きなデザインのものを選ぼうと思いました。



「すみません。素敵なブラックフォーマルでせっかくすすめて下さっているのですが…女性らしいデザインは私は苦手です」

フェミニンなデザインが苦手なことを正直に伝え、好みを優先しつつスッキリ見えるブラックフォーマルを探しました。



自分の体型の弱点をカバーするブラックフォーマル


「上半身が薄く首も胴体も長い人に似合うのはこのデザイン」

ベテランそうな店員さんがそう思ったかどうかはわかりませんが、はじめにすすめて下さった襟がフリルのアンサンブルは、まさにそういう体型をカバーするブラックフォーマルでした。

50代で私と似た体型の人には、先にあげた首元がつまったフリルカラーのジャケットとフレアーのワンピースというブラックフォーマルが良いということです。



私の体型は骨格診断ではウェーブだと言われました。ウェーブは、骨格診断3タイプのうち、もっとも喪服のアンサンブルを選びやすい体型なのだと教えてもらいました。


●襟元が詰まっていてウエストシェイプされている短めのジャケット
●七分袖のワンピース
●スーツであれば、ゆるやかに広がるミモレ丈のフレアースカートなどは骨格ウェーブには合いやすい


先に書いたように、骨格ウェーブは、首が長く胴体も長いし薄い。それに対して腰から下、太ももあたりまでは太い人が多いとのこと。

その体型をカバーするのに、ブラックフォーマルでよくある短いジャケットつきのアンサンブルがちょうど良いのだそうです。



骨格タイプにはウェーブの他に、ストレートとナチュラルというものがあります。それぞれの骨格に似合うブラックフォーマルを選んでおけば、安心して着られると思います。

骨格診断をする人や受けた人の記事はこちらのテーマに集まっています。興味のある方は読んでみてください。

ファッションブログテーマ
骨格診断3タイプ





最終的に選んだのは次のようなタイプのブラックフォーマルです。クリスチャンオジャールのもの。体型の弱点もカバーしつつ、自分の好みを優先したブラックフォーマルで、襟は首に自然に沿うような形のものを選びました。

同じものはもう完売していますので、そっくりなデザインと素材のものをひとつ貼っておきます。






ブラックフォーマル 米澤織 ジャカード アンサンブルスーツ 366-422

スタンドカラーのひとつボタン、ウエストが軽くシェイプされたジャケットに、ミモレ丈のツーピース風に見えるワンピースをセットした、米沢織ジャカードのブラックフォーマルアンサンブルです。








セパレートのように見えるワンピース。




ワンピースは、前部分にある隠れファスナーでラクに着脱できます。



終わりに

私は事前にネットでだいぶ調べてから、いちどにたくさん見ることができる百貨店で買いましたが、フォーマルのコーナーで買わなくても探すことはできると思っています。

また、そのつどレンタルでという考え方もありだと思います。3泊4日で女性用のブラックフォーマルをレンタルするなら、相場は5000円くらいが主流でしょうか。




肝心なのは、「自分がどういうブラックフォーマルを着ていくと落ち着くか」というのを知っていることです。

私はそれを確かめながら探したことで、納得のいくブラックフォーマルの買い替えができたと喜んでいます。

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーを押して応援して下さるとうれしいです。


2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

この服はもうダメ。ユニクロや自由区など冬の終わりに捨てた6枚とその理由 Feb 28, 2024
【ダイソー】ごちゃつくタオルハンカチの収納を可愛くラクに、クリアトレー仕切り4 Feb 27, 2024
50代、実家は空き家のまま。罪悪感でいっぱいですというメールへのお返事 Feb 26, 2024
親の家の片付け、成功のカギは意外なこと Feb 25, 2024
婚礼家具の処分、私がしてきたこと Feb 23, 2024
ああすっきり。50代60代の片付け、先延ばししないための2つのコツ Feb 22, 2024
真似したい、70代お洒落な人 Feb 20, 2024
心が満たされる、楽天お買いものリスト(美味しいもの・家事をラクにしてくれるもの・PR) Feb 19, 2024
やって良かった!古いアルバムの整理。お金がかかっても節目写真館を選んだ理由と片付けの順番 Feb 17, 2024
可愛いだけじゃない、セリア北欧柄のキッチンガードが使いやすい理由 Feb 15, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る