長男の嫁の、苦しい思い出の捨て方

スポンサードリンク





プロフィールはこちらから・にほんブログ村
      

「いままでのぶん、さよさんには頑張ってもらわないと」

2017年の暮れに、義母は一人暮らしの自宅で骨折しました。その義母の入院先で、親戚からこう言われました。

手術から数日後の、ちょうど今頃のことでした。

わが家はその後トイレやLDKなどをリフォームし、義母を引き取りました。

ふだんは忘れているのですが、義母の感情に振り回された夜などはつい思い出してしまいます。


花HANA イメージ (1)


よくあることだと思います。親戚からの、長男の嫁に対するこういう話は。

「施設で預かってもらっていても、高齢者が転んで骨折することはある」

これはよく聞くことですが、とてもそんな話ができる雰囲気ではありませんでした。

それに、仮に私が逆の立場でも、あのように思ったかもしれません。


 
自分が簡単には変われないように、相手だってそう簡単には割り切れない気持ちを持っているものだと思います。

とても辛かったけれど、私はひとこともしゃべらずただ頷きました。

こんなふうに、思い出したくないことを思い出してしまったときに私がすることは8パターン。けっこう沢山あります!


●35年来の趣味のエアロビクスで発散
●キッチンのシンクを磨く
●好きなクラシックを車で大音量で聴く
●映画を映画館で観る
●美味しい物を一人で食べる
●友達や娘と話す(夫とは仲が良い方だと思うけれど、この場合は除外)
●気持ちを書きだす
●無理に前向きに考えようとせず、流れに身を任す



今朝の私がそうだったように、辛いことを思い出したりして、ちょっと落ち込んでいる人はおられませんか。

どうぞ、そんな自分を労わってあげてください。

好きなことや気分転換できそうなことをやってみながら、ゆっくり気持ちが起きてくるのを待ってほしいです。

さあ、一日がはじまりました!寒いけど、今日もぼちぼち頑張ります。

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーを押して応援して下さるとうれしいです。いつもありがとうございます。




先日、以前も掲載していただいたサイトで、当ブログの記事をご紹介いただきました。ありがとうございます。
⇒ママさん看護師の参考になる子育て記事特集

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

「片付け入門講座 ~日々の暮らしをスッキリ快適に~」のお申し込みはこちらから

最新記事

もう、そんなにいらない。残すか捨てるかを決めるシンプルな基準 Jan 26, 2022
50代60代のお肌を明るく見せてくれる【Cashmee】のカシミヤストールで、気持ちも明るく Jan 25, 2022
うつ病になった経験から得た、親の認知症への対応 Jan 24, 2022
急に母の認知症がすすみ、途方に暮れる。でも私にできることが3つある Jan 23, 2022
時間がなくてもきっとできる。忙しくて片付けられないときの片付け方 Jan 22, 2022
物が少ないと、収納のスキルが不要になってくる。片付けのハードルが大きく下がる Jan 21, 2022
書類をラクに整理したい人におすすめ【どっさり個別フォルダー ナカバヤシ】整理収納 Jan 20, 2022
ああ予想できない。介護の問題を、スッキリ解決するためには Jan 19, 2022
50代60代におすすめの美しく歩きやすい靴【神戸ビューフォート】のコンフォートパンプス Jan 18, 2022
亡くなった息子、母としての自分、嫁としての自分 Jan 17, 2022

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る