話して、離す。言ってはいけないことを言ったあと気づいたこと

スポンサードリンク



はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

今日は、言ってはいけないと思っていたことでも、話すことで自分の何かが変わったということについて書きます。

昨日やってしまったことを今朝から振り返ってみて、わかったことです。

重たい内容にはなっていませんので、どうぞ気楽に読んでみてください。

それから、私のツイッターも気軽にごらんください。ブログの更新もお知らせしていますし、無言フォローも大歓迎です!




準備万端のはずが…


昨日は義母の要介護認定の訪問調査日でした。

去年もしたように、現状をまとめたメモを用意して臨みました。

聞き取りは私に対しても行われるため、なるべく話が逸れないよう、調査員の人が目を通しやすいよう、詳しく書きすぎないようにしておきました。

そのうえで質問されれば答えるという形にしました。

と、準備万端のはずが、途中から話が脱線していきました。

断捨離ノート チェックリスト

言ってはいけないことを言ってしまった理由は


詳しい調査がはじまり、後半に入ったころ、私はやってはいけないことをしました。

「まだこれ以上、義母に気を遣わないといけないのでしょうか。足りないのでしょうか」と言ってしまったのです。

優しく丁寧に声をかけてくださっていたのに、自分を責められているような気がしてしまって。

すぐ、われに返って謝りました。

みっともないですねぇ。



申し訳なかったのですが、そのあとかけてもらった言葉がありがたく、私は自分の失敗を後悔せずにすみました。

そして、なぜ自分が責められているように取ってしまったかということにも気づきました。

いつも私は、自分に対してジャッジを下す癖があるのです。

相手の言葉を悪く取ってしまったのは、すでに自分がそう思っていたから。

つまり、もっと義母に対してちゃんとしないといけないと、私自身が思っていたのです。

こんなテーマにも投稿しています。

ブログ村テーマ 50代を考え暮らす



話すことで、離す。わかる。


1時間半ほどの調査が終わり、調査員さんとケアマネさんを玄関まで見送ったとき、もういちど私の感情的な発言を謝りました。

そのとき、お二人からこんな言葉をかけてもらいました。

「どうか自分を責めないでください。そして、どんどんこうして話してみてください」

「話すことで、自分にしかわからないと思っていた苦しみを手放すことが出来ると思いますよ」
 

50代からの暮らしで、取り返したかったこと


このブログにも書いてきたように、私が義母と同居するのは2回目です。

一度失敗してから別居になり20年近く経っていましたが、義母の大けがをきっかけに、もう一度同居することにしました。

その同居のやり直しを言い出したのは、夫ではなく、私のほうでした。

私から同居を申し出た理由は、2つあります。

●最初の同居の失敗は、私に原因があると思っていたので、今度は頑張ろうと思った
●今、また別居をしたら、後悔すると思った

私はこの思いに縛られていました。

苦しかったのは、きっと、真面目に考え過ぎていたからだと思いました。



50代の同世代のみなさんはいかがですか。

介護している人も、もうすぐ始まりそうだという人も、私のように自分を追い込んでいませんか。

家も気持ちも片付けてさっぱりしたいけれど、他にもしなければいけないことが山積みで、頭のなかがいっぱいいいっぱいになっておられませんか。

私は”50代からの片付け・収納・家事”というテーマも作りました。こちらも参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事




自分で介護のハードルを上げていた


義母は今、要支援2です。

被害妄想や赤ちゃん返りのような状態が続くこともありますが、身の回りのことはほとんど自分で出来ます。

こちらが、義母が自分でしやすいよう環境を整え、汚すたびに掃除や洗濯をしてさえおけば、本人は自分のプライドを保っていられます。

これは私にできる介護の一つだと思ってやってきました。

2度目の同居をはじめて、1年3か月。そろそろこういうことが、しんどくなってきました。

無理をしていたのだと思います。

そうでなければ、介護認定の調査のときに、昨日のような発言はしなかったと思います。


楽しい毎日を送るためにできること


こんな私ですが、話すことで、離すこともできました!

自分が良い人でありたいと思う気持ちを手放す。

もっと言えば、良い人と思われたい気持ちを手放す。

これは、介護に限ったことでもないと思います。




「力の出し方を加減して、自分のことも守っていこう」

「ダメな部分ではなく、出来ている部分を見ていこう」

介護認定の調査から一夜明け、私は今、こう思うようになっています。

文字に起こしてブログに書くことでも救われていますが、昨日のように、誰かに向かって話すことも大事だとあらためて思いました。

話すことで、離す。

一歩も二歩もひいて、自分を見てみる。

これからも疲れきってしまう前に、やってみようと思います。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。





ブログ村テーマ
捨てても、困らなかったもの
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
キッチンの片付け・断捨離・収納
50代からのファッション
手帳とノートで暮らしを楽しむ
私の人生を変えた一冊
50代ファッション・人気ブログランキング




書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

にほんブログ村 にほんブログ村へ

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった経緯や、少ない服で楽しむ工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
ブログと関連性のないご依頼にはお返事をしていません。ご了承ください。
プライバシーポリシー
Twitter

●コラム
『毎日が発見ネット』

●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

最新記事

少しでも若いうちに片付けるためにしてきた6つのこと Oct 13, 2019
まだ間に合う台風への備え、うちは意外なものも役立ちました Oct 11, 2019
褒められたユニクロ。今度は素直になろうと思った理由 Oct 09, 2019
快適に暮らすための、お金と収納スペースの使い方 Oct 08, 2019
あさイチ紹介「スーパー発芽大豆」の季節がやってきましたよー Oct 07, 2019
この可憐で上品なネックレスは、秋冬シンプルコーデにぴったり Oct 04, 2019
家事をラクにする第一歩 Oct 04, 2019
それ本当?本当です。片付けると自分がやりたかったことが見えてくる Oct 02, 2019

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

検索フォーム

ページトップへ戻る