売って良かった夫の実家。義母に対する気持ちも変わってきた。

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


夫の実家の売却・解体で更地へ。夫と義母に対する気持ちが変わった


昨日、売却した夫の実家のそばを久しぶりに通ったので、堤防の上から見てみました。この堤防は、亡くなった息子がまだ幼かったころ一緒に歩いた散歩道でした。

今日は、空き家がいよいよ解体されて更地になったのを見たとき感じた、夫や義母への思いの変化について書きます。

先にまとめてしまうと、「これだけは一生かかっても許せないだろう」と思っていたことがどうでもよくなり、心が軽くなってきました。

また、義母も夫も売ってしまいたいと思っていた実家なのに、私だけは「もったいないのでは?」と思っていた気持ちも、すっかりなくなりました。



*はじめに。6月25日から”50代の生き方”というブログランキングに参加し、ブログ村の断捨離カテゴリからは抜けました。今までありがとうございました。

引き続き、応援して下さるとうれしいです。アクセス数の多いカテゴリなので、新たにお好きなブログも見つかると思います。

50代の生き方 ブログランキング

夫の実家付近20190628
画像は昨日、夫の実家付近で撮りました。


親の家の処分、おおまかな流れ


●2017年12月末~2018年1月。広い家で一人暮らしをしていた義母が骨折し、手術・入院。

●2018年2月~4月。転院しリハビリ入院。退院した義母を引き取りわが家で同居開始。



同居はいちど失敗しており、20数年ぶりのやり直しとなりました。

夫の実家は、このときはじめて空き家に。夫婦で片づけられる部分は片づけてきました。

一度目の同居は6年弱。失敗はしたけれど、夫の広い実家には私なりに思い出がありました。



●2018年夏の終わり。その空き家の買い手が見つかり、正確に言えば土地が売れることになりました。

●2019年春。すべての手続きが完了しました。

 

家の解体が始まるとは聞いてはいましたが、見に行く話は夫からも義母からもなかなか出ず、だいぶあとになって遠くから眺めるだけになったのでした。


親の家の処分へ【仏壇の魂抜き】まとめ。かかった費用は?お布施はいくら?

親の家の売却【空き家の処分】が終了。かかる費用・必要な書類は何か


親の家の処分 空き家 イメージ
*画像はイメージです。


義母は、60年も住んだ家の話を全くしなくなった


義母はもう、60年も住んだ家の話を全くしなくなりました。話題にしていたのは、同居をはじめてひと月くらいまでです。

住んでいた家のことを忘れてしまったのか。

もう、自分の身の回りのことだけしか考えられなくなっているのか。

夫は契約後もいろいろな手続きのため、実家付近へ行くことがありましたが、義母は昨年のお盆のころに行ったのが最後だったと思います。

足腰がもう弱ってしまって、簡単には連れていけなくなりました。


義母に対する思いの変化


日常のささいなことでこの義母に対してイライラしてしまうことが増えてしまって、自分でも嫌になることがありました。

夫に対しても、傲慢な気持ちが沸いてくるようになっていました。

「私は、善意であなたの親の世話を続けている」というような、いかにも傲慢な気持ち。

義母は要支援2です(2020年の秋、要介護2になりました)。



介護度でいえば、まだまだ介護しているといえるほどのお世話はしていません。

それでも、どんどん子供のようになっていく義母との同居で、しんどくなってしまうことがあります。



そんなときは決まって、心の奥底へ押し込んでいた義母への思いが噴き出してきます。

夫に対しても、障害の重い息子の子育てで意見が合わず、もう夫婦としてやっていけないかもしれないと思ったことも。

私は、自分にも多くの間違いがあったと気づきながら、それらの重たい気持ちを消すことがどうしてもできませんでした。



でも、久しぶりに堤防から夫の実家の今を見ていたら、そんな私の気持ちなんて、どうでもよくなりました。

過去にここであったことも。

それをきっと忘れ去っている義母や夫のことも、逃げ出した自分も。


親の家 ふるさと お盆提灯

おわりに


久しぶりに見た夫の実家。

空き家は完全に解体され、風景は一変し、だだっぴろい更地になっていました。

広くて平らな地面だけでなく、高い空やまっすぐな道も見えました。

しばらく眺めていると、少しずつ心が解放されていくのを感じました。



結婚記念日がある6月は、毎年、なんらかの気持ちの変化があります。

これからもいろいろなことが起こるでしょうが、そのつど相手と自分を信じて、乗り越えていきたいと思います。

過去は過去。自分は自分。

そう簡単に言える日も、遠くない気がしてきました。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます!




ブログ村テーマ
捨てても、困らなかったもの
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
親の家の片づけ
50代からのファッション
手帳とノートで暮らしを楽しむ
私の人生を変えた一冊





親の家の片付け(夫の)”←リンク先で、このタグをつけた記事を読むことが出来ます。お時間ございましたら、読んでみてください。



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

やめてラクになったのは、正しく行動しようとすること【なぜ、片付けたいのに片付けられないのか】 Apr 21, 2021
人気のストレッチパンツ、綺麗でプチプラ、家事服にぴったり Apr 20, 2021
少ない収納でも使いやすく。狭いリビングを片付けた順番を書いてみた【収納】 Apr 18, 2021
狭いリビングを広く使う、片付けた順番を書いてみた【断捨離】 Apr 17, 2021
古いアルバム写真のデジタル化へ(2)次にしたのはスケジュールを組むこと【8500枚を10分の1に】 Apr 16, 2021
より楽なシンプルライフへ。捨てるタイミングも変わってきました Apr 15, 2021
親や子供の見守りで困っている人へお伝えしたいこと Apr 14, 2021
古いアルバム写真の整理に着手(1)まずはじめにやったこと【8500枚を10分の1に】 Apr 13, 2021
中がわかりやすい調味料入れ保存容器、おすすめ3つ【ニトリ+100円ショップ等】 Apr 12, 2021
北欧食器、初心者の私が買ってよかった3枚 Apr 10, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る