スポンサードリンク

  • 今日は、リフォームして同居をはじめてからの暮らしと、連載している『毎日が発見ネット』のコラムについて書きます。人生の分かれ道なんて大げさかもしれません。暮らしが変わったのは、私ではなく住み慣れた家を出た義母の方ですから。でも、今までとはだいぶ違う毎日を送っているのは私も同じです。元気だった義母がとつぜん入院!あれから5ヵ月こんにちは。「さよのシンプルライフブログ」を主宰している原田さよと申します。…... 続きを読む
  • 元々整頓上手ではありましたが、物は捨てられないタイプの夫が、先週末会社から1枚の画像つきLINEを送ってきました。LINEの内容をまるっとまとめると、「新しくきた事務員さんと一緒に、110%の収納率だった整理棚を片付けて使いやすくしたよ、見て見て!」ということ。画像はアフターです。ビフォーがあればよかったのですが、夫の熱い話しぶりからすれば、だいぶ片付いたのだと思います。見た目はバラバラですが、中にあ... 続きを読む
  • まもなく息子の5回目の命日が来ます。そろそろ処分しようと思って久しぶりに手をつけたのは、私が息子の障害についての資料を集め、スクラップしていったファイルです。28年前はまだネット環境が今のように整っていませんでしたから、なんでも紙で残すしかありませんでした。捨てにくいものにも、優先順位を睡眠時間や食事、その日の機嫌、発作の有無などを記録したグラフや日記など、自分で直接書いた物は、まだ見ることができて... 続きを読む
  • 今日は、私が押入れを片付けはじめた頃の断捨離チェックリストをご紹介します。失敗しないちょっとしたコツについても書きました。関連記事2本→つっぱり棒で、せまい押入れの収納改善!→GW中に断捨離!おすすめは押入れのこんな場所 押入れの断捨離チェックリストいざという時のために置いていたもの・客用布団・布団袋(引っ越しのときにもらった)・紙袋・ショップ袋・壁紙や襖紙の余ったもの思い出のもの・額入りの画や賞状・習... 続きを読む
  • 蒸し暑い日も出てきました。今日はそんな日に着ている普段着について、涼しげに見えるよう工夫している3つのことを書きます。断捨離で私の服は6分の1になり、フォーマルをふくめ全部で50枚程度になりました。↓【断捨離の効果】服を減らすと起きる5つの良いこと!少ない服でも楽しめる 今日の記事で使っている七分袖のカットソーは、無印良品のものです。長めのふんわりスカートを合わせて、太い脚をカバー。足元からも風が入る... 続きを読む
  • 今日は、わが家のちょっと変わった”つっぱり棒”の使い方について書きます。狭い押入れの中で使っています。この押し入れの断捨離について書いた記事もあります。↓「押入れの断捨離の順番、5ステップでスッキリ◆椅子を持ってこないと届かない場所は無い場所と思おう」つっぱり棒で、棚の幅を広げる私は以前から、「和室で使う座布団を、この上の棚に収納したい」と考えていましたが、奥行きが足りないので、そのままでは乗せられま... 続きを読む
  • 骨折したあとリハビリを続けていた義母が退院し、わが家で同居をはじめています。私たち夫婦は結婚と同時に同居しましたが、さまざまなことがあり別居に至りましたので、今回の同居は二度目。20数年ぶりになります。今日は、ごちゃごちゃしがちなリビングダイニングをスッキリさせるために、どんな工夫をしているかについて書きます。リビングダイニングで、家族のモノを置くスペースを決める「より狭くなっても、家族それぞれのモ... 続きを読む
  • お掃除サービス:毎日が発見ネットのコラム小さな見栄や罪悪感を捨て、プロに掃除を頼むようになったことについて、毎日が発見ネットに9本目のコラムを書きました。今日はそのご案内と、お掃除サービスを使うようになってから起きた私の気持ちの変化について書きます。今回のコラムの見出しは次のようにしました。・プロに掃除を依頼するまでの葛藤・プロに掃除を依頼するメリット・持続するプロの掃除の効果コラムはこちらです。... 続きを読む
  • 中が見える収納用品にこだわる理由物の中味や収納した場所を覚える時、文字で記憶する人と、形や色で記憶する人がいるとよく聞きます。私は間違いなく後者です。パッと見たときに中に何が入っているかわからないと、なかなか覚えられません。たとえばホーローや陶器などの中が見えないタイプの保存容器だと、たとえ「砂糖」「塩」とラベリングしてあっても、さっと判別できず間違えてしまうというように。そういう理由で、保存容器... 続きを読む
  • 大腿骨を骨折したあとリハビリを続けていた義母が退院し、わが家で同居をはじめました。私たち夫婦は結婚と同時に同居しましたが、さまざまなことがあり別居に至りましたので、今回の同居は二度目。20数年ぶりになります。同居を再開すると決めてまず思ったのが、「三度三度きっちりご飯を作らねば」ということでした。でも、私自身が勝手に抱いていた思い込みを捨てたら、ずいぶんと楽になってきました。同居するなら良い主婦であ... 続きを読む

スポンサードリンク

にほんブログ村 にほんブログ村へ

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった経緯や、少ない服で楽しむ工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
ブログと関連性のないご依頼にはお返事をしていません。ご了承ください。
プライバシーポリシー
Twitter

●コラム
『毎日が発見ネット』

●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

最新記事

今着るカーディガンはこれ。素材よし・デザインよし・価格よし Oct 20, 2019
美!肌の凸凹を時短でカバーする BRILLIAGEのスティックファンデ Oct 19, 2019
こんまり片付けで救われました。食器を捨てるとき今も続けているのはこのやり方 Oct 17, 2019
あなたを美人に見せる服。秋こそPLSTの上品なパンツを、映える白で。 Oct 15, 2019
少しでも若いうちに片付けるためにしてきた6つのこと Oct 13, 2019
まだ間に合う台風への備え、うちは意外なものも役立ちました Oct 11, 2019
褒められたユニクロ。今度は素直になろうと思った理由 Oct 09, 2019
快適に暮らすための、お金と収納スペースの使い方 Oct 08, 2019

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

検索フォーム

ページトップへ戻る