スポンサードリンク

  • 「押入れがスッキリ。見栄と来客用布団を捨てました。」 この記事の続きです。来客用の布団を捨ててもなお、わが家には「予備の布団」がありましたが、それを捨てました。これでかなり、押入れに不要なモノが入っていない状態に近づきました。布団の世話は今の分だけでもしんどいし、手が痛い。このまま置いていても、また布団をダメにするだけだと思いました。自分のこの先の体力を思えば、出来るだけ大きいモノから減らしておき... 続きを読む
  • こんまり流で服や食器はだいぶ数を減らせたと思います。でも、ショップ袋はなかなか捨てられませんでした。キッチンやリビングだけでは足りず押入れの中でも保管するほどの数で、もう見るのも嫌になるほど。「何かに使えそう」とか「綺麗だから惜しい」とか「ブランドでお買い物した思い出が~」とか・・・。書いてて笑ってしまいますが、かなり執着してました。そこで、もう先に収納場所を決めてしまってから、そこに入る分だけに... 続きを読む
  • 捨てることが、単に物を破棄することではないのはわかってきました。たくさん詰め込むことを考えるより、物を減らすことを先にした方がいいのも。暮らしの目標が決まっていれば、何が必要なのかも決められる。でも、物を減らす前にしなきゃいけないのは、物を広げる場所の確保です。服なら畳2枚分、食器なら2m四方という感じ。そのスペースがないまま狭いところで判断していた時は、すぐに疲れて投げ出してました。広げると、しま... 続きを読む
  • ■体力と気力の維持ができなくなっていることを痛感。結果を出したいならマニュアルに沿ってコツコツやるのが早道だ!こう信じてきた私も、先日、また一つ年を取りました。「もうそんなに時間はないぞ」と鼻息荒く2階のクローゼットを片づけていた先週末、気持ち悪くなってそのままダウン。気力に体力がついていかなくなっていることを、痛感しています。出した服はそのままにしてしまいました。気になりましたが、もうどうしようも... 続きを読む
  • 蒸し暑いですね。皆さん、体調はいかがですか。夏が来る前にやっておきたいとあれこれ張り切っていたら、小さくダウンしてしまいました。いつまでもあると思うな体力!反省中です。この時期すっきりさせておきたい場所のひとつが洗面所。でも、わが家の現実はいたってシビアです。減らすのも大事ですが、増やさないことも考えないと片づけが進みません。昭和50年代に開発が始まったここの自治会は50軒あまり。我が家を含めた数件だ... 続きを読む
  • 「収納力より活用力。こんまり流で服の断捨離をしたら、着ることが楽しくなりました」   この続きです。断捨離をしたら、押入れに空間が出来てきました。気温が一定しないこの時期は、その場所で薄手の羽織りものや半袖のインナーなどを収納したいと思いました。1階の和室の方が私には使いやすいからです。家の中ではなるべく楽に動きたいですね。試しに使ってみたのが、突っ張り棒と100均購入のバスケット(A4サイズ)突っ張... 続きを読む
  • 5月26日に「空き家対策推進特別措置法」が施行されました。明らかに危険だったり不衛生だったりする迷惑な空き家を「特定空き家」に指定。市町村は、除去や修繕などの命令や強制執行をできるようになりました。対象となるのはどんな空き家か。どのような手続きが行われるのか。明日のあさイチでは、すでに指定のための調査を始めている東京都大田区に密着。詳細なリポートとともに、「特定空き家」にしないための対策についても報... 続きを読む
  • この記事は旧ブログ「家も自分も好きになる暮らし」をもとに編集し直したものです。ここで使っている画像は、もっと散らかっていた部分をカットしたもの。元画像はもうありません。息子のために…と思ってそうしたつもりでしたが、実際は私のためでした。恥ずかしかったのです、あまりにも物が多くて。元画像のまま公開したほうがよかったと、今は思っています。2013年5月末に亡くなった息子の部屋。本人がこの部屋を気に入らず使わ... 続きを読む
  • 低気圧が去ったあとの空気はからっからに乾いていて、とても気持ちよかったですね。今日は、ずっと気になっていた物置きの中を片付けました。捨てたのは(正確に言うと次の粗大ゴミで捨てる物は)、子供たちとの思い出が色濃く残るバーベキューセットにテント、パラソル、小さなスコップやバケツ・・・いわゆる海山川お出かけセット。使わなくなってからも10年以上放置していたものです。こういうのは一人で黙々と作業するのがいい... 続きを読む
  • 息子の三回忌の粗供養を持って、怪我をした母の様子を見に行ってきました。気丈だった人もさすがに気弱になっていると感じていましたが、母はいつも通りお化粧もしていて笑顔を見せてくれました。「まだ足も腫れているし、今、片付けの話をしなくてもよい。」私はそう思ったのですが、母の口からは「断捨離」の言葉が。家の中が昔よりも散らかってきたことと今回の怪我が、直接関係があると断言はできません。けれども、届きにくく... 続きを読む

スポンサーリンク

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」


月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。

最新記事

50代、変えたらラクになったもの4つ【楽天やアマゾンで買える】 Oct 05, 2022
なぜ一度失敗した同居にまたトライしたか Oct 04, 2022
50代。時間とお金を有効につかうため、やめて良かったこと Oct 02, 2022
50代で捨ててよかった大きなものと、9月の人気記事 Oct 01, 2022
ふだん使いのロングカーディガンを120%生かしたい 50代シンプルコーデ Sep 30, 2022
嫁として軽蔑されてもいい。名もなき介護でも、調査のときありのままに伝えた理由 Sep 29, 2022
遅ればせながら、アラビアのお皿の良さを知りました。ふつうのご飯が美味しく見える気がします Sep 28, 2022
こんな家族とは離れたいと思ったときは Sep 27, 2022
また強い頭痛と吐き気でダウン、これからの対策は Sep 26, 2022
もう頑張らない、親のことも自分のことも Sep 24, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る