• 物が減って、楽になった。悔いはないけど、ちょっと寂しい。今年の始め、食器の断捨離のやり方を記事にしました。「食器の断捨離は、この3ステップを踏んで後悔ゼロ」その後、割れたり見切りをつけたりで減ることはあっても、増えることなく静かな状態になっていた食器棚。そこに新しいマグカップが並びました。友人からの誕生日プレセントです。わが家の今の食器棚はスカスカ。使っていない食器があり過ぎてストレスまで満杯にし... 続きを読む
  • もう使わないとわかっているけれど、捨てられない物ってありませんか?私は、いま持っているものをすぐ書きだせるくらい服も靴も大量に捨ててきたのですが、娘からもらったバッグが捨てられません。そのバッグを、思い出のモノを入れるための専用バッグにしています。捨てられない、捨てたくない、そんなもの同志を結び付けておけば、思い出ボックスならぬ思い出袋になります。まとめてあると、ときどき出してきて触れたりするのに... 続きを読む
  • 先日、娘が24歳になりました。「お兄ちゃんの年、上回った・・・・・・。」「そうだね。」息子はもういなくなってしまったけど、ショートケーキは4つです。息子の部屋を片づけていた時の私は、「この子のために片づけている」と思いながら手を動かしていました。けれど、本当は自分のために片づけていたのだと、後になって気付きました。捨てたり片づけたりするだけで人生が好転するなんて、今も思わない。でも、得られるものはあ... 続きを読む
  • 「これ、脱いだままにしてるの誰?」「もう、そんな捨てにくいもの買ってこないでほしいよ・・・。」断捨離という言葉を知り、片付け始めた頃の私が、よく夫に向かって放っていた言葉です。言われる方の立場なら、かなり嫌だと思います。当時の私は全くそう気づかず、目の前にある”自分にとって”邪魔なものを一刻も早くどけたくて、平気でこんなことを言っていました。酷いですよね・・・言うにしても、もうちょっと違う言葉を選べ... 続きを読む
  • 苦しいのは、物や人のせいなのか?「溢れかえる物も、複雑すぎる人間関係も、バッサリ切り取って捨ててしまいたい。」「自分が苦しいのは、物とも人とも上手く付き合えないからだ。」こんなふうに思ったことはありませんか?私は、途中で何度もこの考えに囚われました。そういうマイナス思考を糧にした片付けが、長続きしないというのも経験しました。今日は、そんな私が、手放しにくい”思い込み”を捨てるために心掛けている、ちょ... 続きを読む
  • これから本気で家を片付けようと思っている人と断捨離の話をするとき、気を付けようと思っていたこと。それは、「捨てるとスッキリするよ」とか「片付けるって収納することじゃないよ」と強調しないことです。相手が聞きたいのは、どこから始めたかとか、大量に出た不用品やゴミをどうやって捨てるのかという具体的な話のはず。なのに昨日、私はまたやってしまいました。相手の状況などをもっと考えるべきでした。片付けが進むにつ... 続きを読む

スポンサードリンク



原田さよ

片付けの苦手な人に向けて、自らの経験をもとに、片付けやすい順番や気持ちよくモノを減らすコツ、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
片付け・収納(個人)ブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

お知らせ


NEW別ブログ 10月7日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

新着記事

タグリスト

検索フォーム