• 今日は、片づけているうちに自分らしさを取り戻してこれたことについて書きます。◆短所でも捨てなくていい◆捨てられなかったことが役立つとき◆あるブロガーさんの記事から短所でも捨てなくていい主婦の仕事は出来てあたりまえだと世間から思われている。片づけだってそう。だから、要領の悪い私は、もっと頑張らねばならない。「こうあるべき」だと決めつけているのは世間ではなく私自身だということに、長らく気づきませんでした... 続きを読む
  • 「人から良く思われたい」「人から否定されたくない」、この二つは似ていますが違います。私には両方の気持ちがいつもあり、先に考えるのは必ず、「否定されたくない」のほうです。OL時代も、結婚して親になりこの家を買ってからも、変わりませんでした。家と、理想の暮らしと゛平均から落ちこぼれない暮らし″ ゛恥ずかしくない暮らし″私の目指してきた暮らしは、このように、自分以外の人やモノに軸をおいたものでした。片づけを... 続きを読む
  • 友人が本を読んでいろいろと感想をくれました。その時の話で印象的だったのは、モノをどう捨てるかということよりも「モノはなぜたまるのか」ということのほうでした。今日は、「これどうぞ」を断れない私が守っている、モノを増やさないための小さなルールについて書きます。●モヤモヤの原因ってなんだろう。●使わないものの捨て方(手離し方)●断れない私が決めていること●モノを増やさないための小さなルール、この順番で書いて... 続きを読む
  • ひとつ前の記事の続きで、捨てたあとうまれたマイナス面とプラス面について書きます。参照:⇒「キッチンになくても大丈夫だった、捨てたあと買い直していないもの37」物を減らすことで生じたマイナス面をプラスに道具を減らせば別の工夫が必要になるし、出来なくなることが増える場合もあります。たとえばピーラーひとつとってもそう。捨てたことによって野菜をスライスすることはできなくなりました。あの食感を出せるような包... 続きを読む
  • 皆さんは夫の実家とどのようにお付き合いしていますか?私の年齢くらいだと、別居をやめて同居している人もおられるかもしれませんね。私は結婚と同時に大姑を含む3世代同居をはじめたのですが、のちに別居し、今は程よい距離でのお付き合いを続けています。このような暮らしが出来るのは、80歳になった今も元気でいてくれる義母のおかげです。若い頃からせっせと体を動かし、高齢になった今も畑に出ている姿を見ていると頭が下... 続きを読む
  • 片づけたいのに動きたくないときは、何をすれば今の自分がラクになるか頭のなかを整理しています。ちゃんとしなけりゃ・・・と思っても出来なくてモヤモヤしている時に選んでいる方法は2つです。①「~ねばならない」のどれかを、やってしまう出来ていなくて辛い「~ねばならない」という気持ちの元には、「出来たらスッとする」というのを理解している自分が、必ずいました。だったらサッとやってしまう方がラクなんじゃないか?... 続きを読む

スポンサードリンク



原田さよ

片付けの苦手な人に向けて、自らの経験をもとに、片付けやすい順番や気持ちよくモノを減らすコツ、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
片付け・収納(個人)ブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

お知らせ


NEW別ブログ 10月7日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

新着記事

タグリスト

検索フォーム