さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 汚い部屋を汚いままにしていたら、一生うしろめたい気持ちをひきずると思ったから。


汚い部屋を汚いままにしていたら、一生うしろめたい気持ちをひきずると思ったから。


スポンサードリンク


この記事は初めて来て下さった方へ向け、旧ブログ「家も自分も好きになる暮らし」をもとに編集し直したものです。
ここで使っている画像は、本当に汚かった部分をカットしてしまったもの。元画像はもうありません。
死んだ息子のために…と思ってそうしたつもりでしたが、実際は私が自分の保身のためにそうしたのです。
元画像で公開したほうがよかったと今は思っています。



2-0-1.jpg


2013年5月末に亡くなった息子の部屋。
私がこんな状態にしてしまったまま放置していました。
5か月後の10月末から始めた片付けも、おかげさまで終了できそうです。
いつでも眺められる状態にしておきたいもの、きちんと収納したいもの、それぞれに分けて収めることができました。


2-0-2.jpg


奥にある破れた障子は、もうしばらく置いておきます。
2003年製の古いテレビデオも置いておくことにしました。
息子が好きだった電車のビデオを再生してみたら、ちゃんと映りました。


押し入れ全体ビフォー2


押入れには、息子以外の家族のものや不用品を詰め込んでしまっていましたが、天袋・キャスター付き押入れ収納の中は空っぽになりました。

押入れ全体ナウ

(2016年3月)
押入れ 2016年3月24日


カーペットの上の落書きはそのままにしておこうと思います。
息子は油性マジックの匂いや感触が大好きだったんです。


ベビーダンス2


全部出して空っぽにした引き出し。息子の服をたたみ直して並べ替えました。


CIMG6257.jpg


服を整理することが一番辛くて後回しになりましたが、これは一番やりたかったことです。
触れないでいることより、触れていたい気持ちが勝りました。


片付けの途中で感じてきた罪悪感や後悔する気持ちは、今もなんら変わりありません。
でも、片付けてきたからこそ息子をありありと思い出せたし、子育ての23年半をじっくりと振り返ることが出来ました。
ブログでこの部屋を公開しなければ出来なかったと思います。
お付き合い頂き、本当にありがとうございました。  (2014-03-17)
関連記事
  • はじめまして。



書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

スポンサードリンク

関連記事2