鯉のぼりを寄付した本当の理由【身軽に生きていくための断捨離】

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

今日は、息子と私と鯉のぼりにまつわる思い出を整理したことと、そうしようと思った理由について『毎日が発見ネット』のコラムに書いたことをご報告します。

毎日が発見ネットのコラムはこちら。ぜひごらんください。

「亡き息子との思い出を整理。『過去を生きる』のをやめるためにはじめたこと/原田さよ」

こいのぼり 家と

鯉のぼりを寄付


私の息子は重度の知的障害を持っていました。その子が亡くなったのが、5年前の5月でした。

数日前、両親が息子に買ってくれた鯉のぼりを、高槻市の「こいのぼりフェスタ1000」宛に送りました。寄付をさせてもらったのです。

別居してから一度も出すことのなかった鯉のぼりを、これからもずっと置いておけば、娘に管理を任さねばならない物になってしまうのは明らか。

もし私が娘の立場なら、母親の私がなかなか手放せなかったものをどうするか、きっと迷うと思いました。だから少しずつでも、整理していきたいと。

ですが、手放したい理由は娘のためだけではありませんでした。

鯉のぼりを寄付 (2)

過去にとらわれている自分を変えたかった


「毎日が発見ネット」のコラムに書いたように、同居していたころの「鯉のぼりと息子と私の苦い思い出」は、息子が生きている時からずっと重荷でした。

田んぼが広がる地方に住んでいますので、まだ家の庭に大きな鯉のぼりをあげているお宅をよく見かけるのですが、私はそのたび当時を思い出して、苦しくなってしまうのです。

だからといって、わが家の押入れに眠る鯉のぼりを処分してしまうなんて、はじめはなかなか考えられませんでした。

親に対して申し訳ない気持ちもありましたし、自分だけがラクになるようで、嫌だったのです。

でも、そんな自分をまるごと認め、鯉のぼりは手放しました。

夫も娘も、私が息子のものをどうするかを決めさせてくれます。それを負担だと思わず、素直に受け取ろうと思うようになったことも、鯉のぼりを手放す気持ちを後押ししました。

こんな記事も書きました→「雛人形を処分。人形供養、娘と私がそう決めた理由」


自分で出来るうちに片付けていく


息子のものを手放していくことに対する罪悪感や寂しさは、これからもずっと消えることはないと思っています。でも、整理していかねばならないものは、たくさん残っています。

ではどうすればいいか。答えは1つです。

悔いが残らないよう、自分で決めて、自分で出来るうちに、片付けていく。

鯉のぼりを寄付 (6)


鯉のぼりを送ろうと決めてすぐ、高槻の「こいのぼりフェスタ1000」を管理しているところへ電話しました。

市民ではなくても寄付ができるか、今からでも寄付を受け付けてくれるかなどを尋ねたかったのもあるのですが、管理して下さる人と話してみたいという気持ちもありました。

係りの女性は丁寧に答えてくださいました。その優しい声に安心し、私は夫と二人で25年ぶりに鯉のぼりを箱から出しました。

今年のゴールデンウィークで出して下さるかわかりませんが、あちらで多くの鯉のぼりと一緒に預かってもらえると思うだけで、心が温かくなりました。


こいのぼり 高槻フェスタ


過去・現在・未来。みなさんは、どれを大切になさいますか。

大切なものとそうでないものの線引きは、どこでしていますか。

最近私は、家の片付けをしながら、それまで漠然としか考えていなかった「自分がいなくなったあとのこと」を、具体的にイメージするようになりました。これは決して早すぎることではないと思うようになったのです。

片付けや断捨離の参考になるブログ村テーマ。こちらもご覧下さい。

ブログ村テーマ
50代を考え暮らす
捨てても、大丈夫だったもの
20歳以上の子どもを持つ親のつぶやき
50代からの片付け・収納・家事

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。



その他のブログランキング。最新のランキング順にごらんいただけます。

50代ファッション人気ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
ブログ村 片付け・収納(個人)

●「もの、ごと。」は家事と暮らしをラクにするアイデアがたくさん集まったブログメディア。このブログも掲載してもらっています。こちらもぜひご覧ください。


●コラム連載
『毎日が発見ネット』

●書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。
●ダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

スポンサードリンク



原田さよ

片付けやすい順番や気持ちよくモノを減らすコツ、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方、少ない服でも楽しめる着回しの工夫などについて書いています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
片付け・収納(個人)ブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』
今日からだれでも、片づけ上手。カバー

amazon 楽天

お知らせ


別ブログ 5月31日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

新着記事

タグリスト

検索フォーム