さあGW!まずは親の家に自分の物が残っていないか確認しよう。

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


CIMG7985.jpg


日曜、一人で住む母の家に行ってきました。
目的は別にありましたが、自分の本がまだ残っていたことを知り全て持って帰りました。


「服もまだ少し残ってるわよ」
と言われ、言葉を飲み込みました。
「もういらないわよ。廃品回収の時にでも捨てて下さい。」とさんざん言ってきたからです。


申し訳ないことをしました。
親子でも、人の物を捨てるのは勇気がいります。たとえ依頼されていたとしても。
それは私も同じです。
だいいち母はもうすぐ80歳。そんな思いをさせてはいけなかったんです。


ブックオフレシート


帰宅後、娘の机にまだ残っていた古本と一緒にブックオフへ持って行きました。
雑誌200円、文庫本の一部が10円、20円で合計300円。


この300円でハガキを買いました。
他愛ない話を添えて母へ送ってみます。
メールばかりになっているからと電話するようにしていたのですが、補聴器をつけた耳では聞き取りにくいと言っていたのを思い出しました。


ゴールデンウイークはまた実家へ顔を出します。
私の物がもう残っていないか確認してきます。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。

PC・スマホ・タブレット、ともに
kindle版でサンプルページが読めます→
楽天kobo アプリで立ち読みページへ→

スポンサードリンク



原田さよ

片付けが苦手だった経験をもとに、片付けやすい順番や気持ちよくモノを減らすコツ、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
ブログと関連性のないご依頼にはお返事をしていません。ご了承ください。
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
ミニマリストブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

お知らせ


NEW別ブログ 10月7日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

新着記事

タグリスト

検索フォーム

ページトップへ戻る