服のセールで失敗しないための7つの言葉【衝動買いを防ぐ断捨離マインド】

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

断捨離で、300枚超えだった服はフォーマルやコートをふくめ50枚ほどになって落ち着きました。今はその範囲内で入れかえたり合わせたりして楽しんでいます。

今日は、セールがさかんな時期に自分にむけて言っている、服の衝動買いを防ぐ7つの言葉について書きます。

こんな記事も書いています→失敗しないコート選びのポイント|服の断捨離のあとだからこそ楽しく!

~目次~
1.「定価でもこの服は買う? 」
2.「この服を着て誰とどこで会う?」
3.「似たような服が家になかった?」
4.「この服にあう靴やバッグはある?」
5.「これ、来年も着る?」
6.「このぶんのお金でできること、好きなこと、他にあるんじゃないの?」
7.「この服の収納スペースはある?」


服の断捨離について書いた記事でアクセスの多い記事はこの2本です。
・服の断捨離のはじめ方【準備編】 クローゼットを開ける前にする3つのこと
・服の断捨離のはじめ方【実践編その2】着ないのに捨てられない服はどうする?

コート Bag

「定価でもこの服は買う? 」 


セール価格になっている服は、定価で売り出されていたときに売れなかったものという場合が多いです。バーゲン用に用意された服が置かれていることもあります。

良い服を安くなってから買いたい気持ちは、私にもたくさんあります!

でも、値下げ率に踊らされないようにしたいです。値段が下がっているから買うのか、必要だから買うのか。

「定価でもこの服は買う? 」

ブログ村テーマ
大人が着る無印とユニクロの服



「この服を着て誰とどこで会う?」


はっきりとした目的があれば、セール価格になるまで待つ意味もあると思います。

たとえば、2月3月に○○の会に出席するために買うとか、卒業パーティーで着るために買うとか、仕事でいつもと違う場所へ行くために買うとか。自分の定番服を買いかえる場合なども。

良くないと思うのは、安くなっていてみんなも買うから、という気持ちで手に取っているとき。

「この服を着て誰とどこで会う?」

参照:同窓会の服装 50代 夏にホテルで開催される場合


「似たような服が家になかった?」


服の断捨離をしていて何度も思ったのが、似た色や形の服が想像以上にたくさんあったということ。

わが家のクローゼットや押入れには、白やオフホワイトのニットやカットソーが、それぞれ5枚以上はありました。シャツやTシャツにいたっては、もう呆れるぐらいたくさん。

似たような服でもあまり着ない服は、他のものに紛れ込ませてしまう。

似たような服のなかでもよく着るのは決まっていたので、傷みも早い。

ゆえに、また同じようなタイプの服が欲しくなってお店で目につくというループです。

クローゼットのリセットができてからでも、好きなタイプの服は買えます。お店は急になくなりません!

「似たような服が家になかった?」


「この服にあう靴やバッグはある?」


私は、セールになっている時に似たような服を買ういっぽうで、いつもと違う服を買ってみたくなることも多かったです。

理由はずばり、「定価では買わないけど、安くなっているなら買ってみようかな」

着ている人を多く見かけるから、手に取っているのかもしれません。

そんな理由で買った服は着る機会が少なく、やがてクローゼットの奥深くに追いやるようになります。たとえお洒落に見えるものでも、合わせる靴やバッグを持っておらず、着るのが難しいのです。

「この服にあう靴やバッグはある?」


「これ、来年も着る?」


セールは冬ならまだ冬のうちにあるので、来年の冬も着るのは当然と思いがち。でも、必ずしもそうとは限りません。

すでにその時期までに着ている服があるので、それを捨てないかぎり出番はそれほど多くありません。

来年も必ず着るような定番の服でないと、無駄になってしまう可能性もあります。

ひとつ前の言葉の理由と重なりますが、流行りの服がセール価格になっているから手が伸びたのではないか?ということは確かめたいです。

「これ、来年も着る?」


「このぶんのお金でできること、好きなこと、他にあるんじゃないの?」


私はお洒落が好きでした。でも本当に好きだったのは、「服を買う行為」だったのではないかと思うことが、断捨離をしているときに何度もありました。

お店で素敵な服を手にとる。試着していい気分になる。

欲しいモノにお金を使っているという単純な喜びで自分を満たす。

買い物は楽しいです。少ないモノで暮らすことを目指していても。

だからこそ、自分に問いかけてみます。

「このぶんのお金でできること、好きなこと、他にあるんじゃないの?」


「この服の収納スペースはある?」


クローゼット 奥

最後は収納できるかどうかと問う言葉です。私には、今これがいちばん重要です。

管理するものを減らすには、収納スペースに入る分だけにしようと決めています。もう、あふれかえる服の整理や管理で疲れたくありません。

「この服の収納スペースはある?」



今、服の断捨離をしてきて思うのは、好きな服を軽やかに着て人生後半を楽しみたいというシンプルなことです。

一呼吸おいてから買い物するようにしていれば、失敗も後悔もせずに楽しめると思っています。

ブログ村のテーマで大人世代の服の断捨離やコーデの参考になる記事が読めます。こちらもチェックしてみてください。

ブログ村テーマ
50代からのファッション
40代からの似合う服と小物の選び方
大人のユニクロ コーデ
服の断捨離・整理収納

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。



家事と暮らしのブログメディア もの、ごと。知りたいアイデアがきっと、見つかります。



●書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。
●ダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

スポンサードリンク



原田さよ

片付けやすい順番や気持ちよくモノを減らすコツ、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方、少ない服でも楽しめる着回しの工夫などについて書いています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
片付け・収納(個人)ブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』
今日からだれでも、片づけ上手。カバー

amazon 楽天

お知らせ


別ブログ 5月31日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

新着記事

タグリスト

検索フォーム