こうして私は片付けられない主婦を克服しました。

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

昨日10月28日は、3年前に、このブログをはじめた日でした。ここまで書いてこれたのは、ブログを読んで下さる皆さまがいらしたからです。いつも読んでいただき、ありがとうございます。

おかげさまで昨年末には書籍「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」の出版もできました。心より感謝しております。4年目もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は、片付けられない主婦であることを隠したまま暮らしてきたような私が、どのように考えながら片付けてきたかについてまとめてみました。

参照記事:片付けられない人をやめる3つの方法

~本日の目次~
・現在の様子
・片付けの原動力
・帰りたくなる家にする

home 640

現在の様子


片付けの目標


亡くなった息子の部屋を片付けたことで、それまで見ないようにしてきた散らかった部屋と頭のなかを片付ける気になり、汚い部屋も心の中もお見せしながら書いてきました。

目標は今も、管理するものを減らしたり小さくしたりして、人生後半をラクに暮らすという単純なものです。

4年目に入った現在、モノの量は、ブログ開始時の7割以下にはなっていると思います。

とくに、押入れ・クローゼット・屋根裏収納・物置・食器棚・シンク下・吊戸棚・下駄箱などの「箱」の中が空いてきたことで、特別むずかしい収納術を使わなくとも暮らしがラクになってきたと実感しています。

別ブログではこんな記事も書きました→ 散らかった部屋を片付けるために必要だったのは


ロフト・屋根裏べやの断捨離完了

壁面収納 1

人生後半を思い、高い所や暗いところ、狭いところには、なるべく収納しないですむように片付けてきました。

押入れ 2016年3月24日

2階この押入れは120%の収納率でしたが、こうなりました。いずれこの押入れは必要なくなるかもしれません。小さい家ではあるけれど、夫婦二人にはじゅうぶんな収納場所があるとわかりました。

下駄箱全景2017年4月7日

下駄箱の高いところにも、もうモノは置きません。


収納のハードルの下げ方


美しい収納はもちろん、わかりやすい収納を目指すのも、はじめは無理かもしれないと思っていました。

ケースやラックを買えば上手くいくというものではないとわかったからです。

その収納のハードルが、モノの量を減らすだけでずいぶん低くなりました。


押入れ

クローゼット 奥クローゼット1階 壁面収納に春~秋のはじめに着る服

断捨離の効果


まず、自分の許容量までモノを減らすことが、収納(モノをしまうこと)をラクにする早道なのだと今あらためて思っています。

モノを減らすことは、使うモノを使う場所に、箱で区切って入れるだけの、きほんの収納方法を実現するための近道にもなります。

最近は、「あれは今どこにある?」と聞かれることも問うこともなくなってきました。


食器棚引き出し3段目1

冷蔵庫

イノマタ化学ワイドバスケット洗面台下1

どのくらい家にあるかわからないし、なかったら困るから買っておく、という買い物の仕方もしなくなりました。

ストックの量が決まれば、複雑な収納術もいりません。

片付けの原動力


「片付けは、物を捨てることからはじめるのではない。どう暮らしたいかを自分に問うことからだ」。

これは、このブログを書きながらよく目にした言葉でした。たしかにその通りだと思いますし、私もできるだけ心掛けてきました。

でも最初は、モノでゴチャゴチャした部屋を目の前にしながら理想の暮らしをイメージすることが、どうしてもできませんでした。

そのとき言えたのは、「探してばかりの暮らしは嫌だ。明らかにゴミだとわかっているものだけでも捨ててしまいたい」ということだけでした。

このことは、部屋が汚くても何から手をつけていいかわからなかった自分を突き動かしたもの に書いています。

それでも片付けを続けて来れたのは、モノを減らしながら、そのつど小さな達成感や安心感を得ることができていたからです。


キッチンカウンター外から2017

帰りたくなる家にする


人にはさまざまな考えがあり、どんな暮らしが正解でどれが間違いかなんて、誰にもジャッジ出来ないと思っています。

ただ、モノが少なくなるとそれに比例して家事も減り身体も心もラクになる、ということだけはたしかだとわかりました。

「箱」に余裕を持ってモノがおさまっていれば、見えやすく覚えやすく戻しやすいのと同じで、「家」に余裕があれば、家族それぞれの状態も把握しやすくなり、戻りたくなる家にもできると思っています。

気になる場所やモノ、コトが、まだまだ残っています。

これからもここで、人生後半をラクに暮らすためのやさしい片付けについて書いていきたいと思います。

焦らずに少しずつ。

やめなければ、よし。

4年目も、どうぞよろしくお願いいたします。


おすすめのブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの。
キッチンの片付け・断捨離・収納
服の断捨離・整理収納
私の人生を変えた一冊
50代からの片付け・収納・家事
50代からのファッション
大人が着る無印とユニクロの服


ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。

PC・スマホ・タブレット、ともに
kindle版でサンプルページが読めます→
楽天kobo アプリで立ち読みページへ→

スポンサードリンク

原田さよ

ご訪問ありがとうございます。1963年生まれ。夫と娘と三人で暮らしています。

人生後半をラクに暮らしたくて、家の中を片付けはじめました。
ブログでは、物を減らすコツや片付けやすい収納の工夫、少ない服でも楽しめるお洒落、身体も心もラクでいられる家事のやり方などを考え発信しています。

プロフィール
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Twitter


参加しているブログランキング(最新ランキングから関連するブログをたくさん読むことができます)
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
片付け・収納(個人)ブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

新着記事

新着記事2

片付けられない義父母(60代)ともうすぐ同居、気が重いです。というメールに対して私が言えること 2017/11/17
無印良品おススメの文房具5つ、シンプルで使いやすくてお洒落。 2017/11/15
失敗しないコート選びのポイント|服の断捨離のあとだからこそ楽しく! 2017/11/12
たとえ今が苦しくても心を整えれば新しい一日ははじめられる 2017/11/10
はじめが肝心!洗面台下の収納スペースの片付け 2017/11/09
断捨離がうまくいかないとき捨てて効果があったのは○○なモノと○○な考え方 2017/11/07

タグリスト

RSSリンクの表示

PR

検索フォーム