こんまり流片付け祭りで押入れの断捨離をしてわかったこと。


スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


「片付けは祭りです。」
「毎日少しずつの片付け習慣では一生片付かない。」



こんまりさん(近藤麻理恵)の考えは理路整然としていて、反論の余地がありません。
初めてこの文章を目にしたとき、バットで頭をパッカーンとやられた気分になりました。
「どうすればラクに片づけられるか。せずに済むか。」
こればかりを優先して片付けていたからです。結局どこもかも中途半端なままでした。


買い物はやっぱり楽しいし好きだけど、部屋もスッキリさせておきたい。
あとどのぐらいこの家で元気に過ごせるだろう。
金銭的にも体力的にもどうなっていくの?

いろいろと悩んでいましたが、つべこべ言わず、1階和室の押入れの断捨離にもう一度トライしてみました。

押入れの断捨離


■片付け祭りのタイミング
息子の三回忌をまた我が家で行うことになり、押入れに余裕を持たせておこうと考え、取り掛かりました。
片付け祭りのタイミングは、家族以外の人を家に招くことが現実化したとき。オーソドックスですが、一番やる気になるタイミングであることは確かだと思いました。


■片付いていない家に人を入れるのがとても嫌だったけれど。
私は、友人を招くと決まれば、その日までを逆算して必死になって片付けるタイプでした。
といっても、物は捨てずに移動のみ。
他人に散らかった部屋を見られるのが、とにかく恥ずかしくて仕方ありませんでした。


ところが、断捨離を続けてくると、「人はどれほど他人の家の中を見るものなんだろう」と考えるようになりました。
玄関もトイレもキッチンも、ぱっと見て綺麗で片付いてれば、それでいいんじゃないか。
おしゃべりが楽しければ、友達はそんなに隅々まで見ません。何故なら、こんな私もそうだったからです。


■収納は後で考えてもいいと思うようになった。
収納を考えながら断捨離していると、前へ進みません。
先に減らす。空間にも気持ちにも余裕を持たせる。
「こうしなければ」という縛りを解いて、スッキリ楽しい経験を積み重ねることで、次へ繋げられると思います。

トラコミュ
こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。

PC・スマホ・タブレット、ともに
kindle版でサンプルページが読めます→
楽天kobo アプリで立ち読みページへ→

スポンサードリンク


節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒