片付けられる=捨てられる、ではない。



スポンサードリンク



はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

このあと一つ用事を済ませてから、ブログで交流をしている人に会いにいきます。

洗濯機2回めがまわっているし、キッチンの中やリビングもまだグチャグチャですが、昔のようにドタバタもイライラもしなくなりました。

慌てなくなったのは、何分あれば元のまあまあ片付いた状態に戻せるかわかってきたからです。断捨離4年目にしてやっとなのですが、やはり嬉しいです。

今日は、片付かない理由は捨てられないことだけではなかったということについて書きます。

関連記事→捨て上手は片づけ上手。まずは「出して・減らして・戻す」を続けてみる。

シンク下 出して・減らして・戻すを繰り返しながら (3)



片付かない理由


片付かない根本的な原因は、なぜ片付かないかに気付いていなかったことでした。

私が部屋を散らかしていた最もシンプルな理由は、モノの量に収納が追いついていなかったことではなく、今ある収納に対してモノが多過ぎたから

モノは出したら戻す、という当たり前の習慣も身についていませんでした。

にもかかわらず、収納家具や収納グッズを買って、持っているモノや家にあるモノを全ておさめようと必死でした。

片付け・収納上手な人なら、たとえモノが多くても、家具やグッズを使いこなしてスッキリした部屋を作れるかもしれません。でも私にはそれが無理だと気づかなかったのです。


片付けられるようになってきた理由


リビングに花


・収納家具や収納グッズで片付けを解決しようとするのをやめた。
・今ある収納におさまるよう、モノを減らした。
・ほどほどに片付いた、わかりやすい部屋を目指した。


なぜ片付かないかに気付いてからは、モノを減らすことについてもラクに捉えるようになりました。

「捨てなきゃ、捨てなきゃ」と焦らなくなったし、「どうせしんどい思いをして片付けるなら”美しい部屋”や”完璧な収納”を作ってみたい」と思うこともなくなりました。

片付けの参考にしてきたブログ村テーマです。ヒントがあると思うのでよかったらチェックしてみて下さい。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの
キッチンの片付け・断捨離・収納
服の断捨離・整理収納
50代からの片付け・収納・家事

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして応援していただくと嬉しいです!いつもありがとうございます。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


スポンサードリンク



関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒