さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - ブランド物を断捨離。


ブランド物を断捨離。


スポンサードリンク


■淡い期待はあっさりと消えました。

近所に出来たリサイクルショップへ行ってきました。
重い腰を上げた前回以来、二度目になります。
→リサイクルショップ買取価格と、贈答品や子供服を持って行く時に気を付けたこと4つ。


前回は無理だと思っていた物にも価格がついたので、今度は淡い期待を持ってました。
しかし、それは妙なこだわりと共に、あっさりと消えました。
ブランドバッグ大小一つずつとジャケット2枚を手放し、店を出る時はスッキリ。笑顔になってました。


邪魔だ邪魔だと思いながらも、高価だったこともあり手放せなかったけれど、これで現実というのが何なのかよくわかりました。
出してみてよかったです。



■今の自分に出来るやり方と、今の世の中に合った方法で。

少ししか持っていませんでしたが、小さなアクセサリーなどは使わなくなるとすぐオークションで売っていました。
ブランド名と箱と保証書があれば取引がスムーズに進んだ時代の話です。


子供たちが小さい頃は、今よりずっと隙間時間を有効に使っていたんでしょうね。
体力だってあったし。
年を取った今は、何事もやる前から億劫になっていました。



■こんまり流

本も服も食器も、こんまり流で選ぶ。
要不要ではなく「感情」優先で選ぶ方法は初めのうちこそ戸惑いましたが、続けているうちに自分にとても合っていると気づきました。
使うか使わないかで判断しようとすると、「もしかしたら」と思っていつまでも捨てられないしスッキリできないからです。


選んだら、店舗へ出向いて人に見てもらう。
今回も、オンラインでは知り得ないことがたくさんありました。





検索すればいくらでも「古くても売れるかもしれない」というフレーズに出会います。
でもそれは、一部のハイブランド商品に限るのだと知りました。


執着していたのはバッグなのか、お金なのか、手に入れるまでの苦労物語なのか?
なんてことを考えるまでもなく、クローゼットの一部がスッキリしました。
物でゴチャゴチャした場所を目にしないで済むようになってくると、人に優しく出来る余裕みたいなものも生まれます。


山を崩すように処分していき、気持ちも床も平らにしていきたいです。


今日もご訪問ありがとうございました。
片付けながら読んできた色々なトラコミュです。参考にどうぞ。


トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ
トラコミュ  50代を考え暮らす
トラコミュ  押入れ~クローゼットの収納




クリックで投票お願いします。いつもありがとうございます。


いつもありがとうございます。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

ブログ村テーマ  持っていなくても困らないもの
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2