ブランドものを断捨離。シャネルのイヤリングをリサイクルショップで手放してわかったこと。


スポンサードリンク


暑いけれど引き出しひとつだけでも…と片づけて掃除していたら、「これはもう手放そう」と思うものがありました。

今日は、リサイクルショップを久しぶりに利用してみて、あらためて考えたことを書きます。

~目次~
・片づける前に確認しておくこと
・リサイクルショップや宅配買取を利用した理由
・断捨離の「離」


片づける前に確認しておくこと


リサイクルショップへ、シャネルのイヤリングを持って行きました。もう20年近く使っていないのに、捨てられなかったモノでした。

前にショップを利用したときは、昔の贈答品(日用品です)にも良い価格がつきましたので、淡い期待を持っていました。ネットで相場も見ていきました。けれど、そんなに甘くはありませんでした。

イヤリング
*イメージです。

少し迷いましたが、結局、イヤリングは買い取ってもらいました。

今回あらためて、モノを減らすためにリサイクルショップを利用するなら、使わないモノを処分してスッキリさせることと、使わないモノをお金に換えること、このどちらに重きをおくか決めておくのが大事だと思いました。

「人生後半をラクに暮らすために、管理すべきモノの量を少しでも減らしておきたい」という自分の片づけの目標も、思い出しました。

”50代を考え暮らす”というテーマに参加し、同世代の人の考え方を参考にしています。チェックしてみて下さい。

ブログ村テーマ
50代を考え暮らす



ジュエリーボックス


ハイブランドのモノは持っていませんが、一気には捨てられず徐々に手放してきました。関連記事はこちらの2本です。

⇒ 苦い思い出とともにブランドバッグを捨てました。スッキリです!

⇒ 一生ものなんてない。もう身に付けないジュエリーを断捨離して、いま使うものを買おう。


リサイクルショップや宅配買取を利用した理由


30代の終わりに、使わなくなったアクセサリーなどをヤフーオークションで売ったことがあります。当時は子供服もこまめに出品していました。

片づくうえにわずかでもお小遣いになることは、主婦の私にとって嬉しいことでした。

あの頃は、今よりずっと隙間時間を有効に使っていたのだと思います。

年を取った今は、時間的には余裕があっても、何ごともやる前から億劫になっています。なのに、昔の良い記憶にまだひきずられていました。



出品して売ることがしんどくなった。宅配買取も利用したが、一つや二つのものならもう面倒。だからこそ、お店へ直接持っていったのでした。

関連記事⇒オークション後のトラブルで学んだ、今後の断捨離のやり方


断捨離の「離」


50歳になってからはじめた片づけでは、断捨離の「捨」「断」の部分を意識することのほうが多かったです。

でもこれからは、執着を断つ「離」について考えることが増えていきそうです。

あらためて、モノを減らして片づけようとするときは、減らすことに集中しようと思いました。

こちらのテーマにある記事も参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
捨てても大丈夫だったもの。

服の断捨離・整理収納
50代からのファッション

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さると嬉しいです。応援、いつもありがとうございます!

 

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


スポンサードリンク




にほんブログ村テーマ ビフォー・アフター 
関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒