キッチンで生ゴミを捨てやすいようにする方法と収納のくふう

スポンサードリンク


キッチンを片づけてモノを減らしたあと、ゴミの捨て方と、捨てやすくするための収納方法を少しずつ変えてきました。

この夏は、キッチンで出るニオイ問題も私の動き方も改善してきたと感じていますので、今日はその報告です。

~目次~
・ゴミ箱に入れる前に、ニオイの元を減らしておく方法
・キッチンの中で生ゴミを捨てやすいようにするシンプルなこと
・キッチンを、あきらめずに片づけていく


キッチンを含め、私の片づけはすべてハードルが低いです。先日こんな記事も書きました。

捨て上手は片づけ上手。まずは「出して・減らして・戻す」を続けてみる


ゴミ箱に入れる前に、ニオイの元を減らしておく方法


3段衣装ケース3aikyattijpg

生ごみは、小さいポリ袋に入れてしっかり口を閉じ、勝手口を出てすぐの場所(日が当たりません)に置いてあるゴミ箱に入れていました。

ただこれだけだと、週2回の収集日までにどうしてもゴミ箱の中でニオイが発生しますので、少しでもそれを減らせるようにしたいと考えました。

生ゴミのニオイを防ぐためには、水気をしっかり切ることと、放置する時間を減らすことが大事だと思います。

ゴミ箱に入れる前にすることと、順番。
●野菜は古紙の上で皮をむき、しばらく放置して水分を飛ばす。時間があれば外で干す。
●乾いたら、小さなポリ袋に入れて口をギュッと縛る。
●その袋を勝手口の外のゴミ箱に、こまめに入れる。
●魚や肉類が入っていたトレーやラップなどは、サッと洗って吊るすなどして乾かす。

私が住んでいる地域ではラップやトレーは燃えるゴミあつかい。

めんどくさがりの私はそのまま捨てていたのですが、このように洗って干してから捨てるようにしたら、ニオイの問題がグッと減りました。

気持ちに余裕があれば外へ干しますが、たいていは画像のようにシンク上に吊るして干しています。

キッチンでする家事をよりラクに (4)
(再利用のジップロックもここで吊るして乾かしています)

キッチンのゴミ箱


キッチンの中で生ゴミを捨てやすいようにするシンプルなこと


生ゴミがにおわないようこまめに捨てるためには、後ろにある食器棚下に入れていたゴミ袋類のストックを、シンク周りに持ってくる方がラクだと考え移動させました。

①生ごみ用の袋は小さいサイズのものにして、ゴミが出たらそのつど捨てる。
②ゴミが出たらすぐ使えるようにするため、小さいポリ袋をシンク下に収納。ポリ袋の収納に使ったのは冷蔵庫用のストッカーです。




キッチンを、あきらめずに片づけていく


すべての悩みを完璧に解決することはできなくても、今そのとき気になっていることだけなら、めんどくさがりの私にも変えていけそうなことは他にもまだありそうです。

WEB内覧会では機能的で使いやすそうなキッチンをたくさん見ることができます。参考になさってください。

ブログ村テーマ
WEB内覧会*キッチン




まず、モノを減らす。

残っている悩みを解決するために、行動を変える。

行動しやすいように、収納も変える。


せまくて暗いキッチンですが、少しでもラクに使えるよう、あきらめずに試しながら片づけていきたいと思います。

関連する記事はこちらのテーマでも読めます。参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
キッチンの片付け・断捨離・収納

狭くてもすっきり暮らす! スモールスペース
これは便利 「キッチン収納術」

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして応援していただくと更新の励みになり嬉しいです!いつもありがとうございます。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 
関連記事


スポンサードリンク
  • このエントリーのカテゴリ: 楽家事

全ての記事とカテゴリ⇒