時代遅れの服とわたし。片づけの効果2つと捨てるきっかけ1つ。



スポンサードリンク



はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

今日は、古い服を捨てて起きた良いことと、捨てるきっかになったことについて書きます。

~目次~
・服の断捨離の効果、その1
・服の断捨離の効果、その2
・他の人たちの服の断捨離
・捨てられなかった服を手放すきっかけ


服の断捨離の効果、その1


私が服を減らす目的は、クローゼットをスッキリさせ手入れしやすい状態にすることと、すべての服を活用できていることでした。そのうえで、新しい服を気兼ねなく買うことも楽しもうと思っていました。

その目標は、3年経ってほぼ達成できました。

今、服の断捨離の効果だと実感して気持ちがラクになったのは次の2つのことです。

●思い出が色濃く残っている服なら、たとえ着ることがなくても捨てないと決めることができた。

●時代遅れだとわかっていても捨てられなかった服を処分できた。

捨てない・捨てるで分かれはしましたが、どちらも着ることのないまま収納していたかなり昔の服だという点は同じです。ずっと迷っていた気持ちがなくなってスッキリしたという点も。

違いは、服の価格と、思いの乗っかり具合でした。

衣類の収納3


服の断捨離の効果、その2


思い出を優先し捨てないと決めた服3枚は、価格が高いものもあれば安いものもあるのに対し、捨てようと決めた時代遅れの服のほうは自分にとって高価なものばかりでした。捨てられずにいた思いの中味も違いました。

服の断捨離のもう一つの効果は、単に服を整理してスッキリしたということだけでなく、迷っていた理由が何かを具体的に考えたり、「じゃあどうする?」と動くようになった私の変化です。

「服が多すぎる、この先これをどう管理していこう」と迷ってしんどかったころは、何からどうすればいいかを考えられませんでした。

今も自分が着ている服が変じゃないかどうか、自信がありません。

でも、クローゼットをあけて溜息をつくことがなくなり、気持ちはぐっとラクになりました!

ハンガー


他の人たちの服の断捨離


捨てられなくても、「いつか着るかも」という気持ちはもうなくなりました。

けれど「高かったから」「がんばって買ったから」「着ていて褒められたことがあったから」「作ってもらったから」という思いは、なかなかぬぐえませんでした。

”服の断捨離・整理収納”というテーマをブログ村で作ったのは、他の人の考えを知りたかったからです。たくさんトラックバックしてもらっていますので、こちらもぜひ参考になさってください。

にほんブログ村テーマ
服の断捨離 ・ 整理収納



捨てられなかった服を手放すきっかけ


時代遅れだと思っていても手放せなかった服を捨てられた1番のきっかけは、リメイクしてもらったことでした。

そうすればもういちど着ることができ、モヤモヤしていた気持ちも晴れると考えました。

私が思っているような形にするのは物理的に難しいと言われたにもかかわらず、強引に直してもらいました。ですが、実際には生地も想像以上に重くて、あまり着ることなく放置してしまいました。

このときは、無駄を重ねてしまった自分がほとほと嫌になりました。申し訳ない気持ちも。

それからは、「クローゼットをスッキリさせ、好きな服を自由に着て楽しむ」という目標だけに集中しようと決めました。


冬服のクローゼット【2階】

上の画像は2階のオフシーズン用のクローゼットです。冬服はフォーマルとコートをのぞき、これだけになりました。ハンガーを右へよせているのは、カゴを左側に乗せたためです。

今は、春~秋口に着る服を1階に収納できるよう、いろいろ試している最中です。

「捨てられない」「時代遅れ」という言葉を重くとらえず、前向きな気持ちで片づけています。

こちらのテーマも参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
大人が着る無印とユニクロの服

40代からの似合う服と小物の選び方
50代からのファッション

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


スポンサードリンク


シンプルライフ ブログランキング
片付け・収納(個人)ブログランキング
関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒