梅雨入り前にしておく家事のメモ。やめたこと・足したことも。

スポンサードリンク


九州北部や四国では6月5日、中国・近畿地方では6月7日、東海・関東甲信地方では6月8日が、平年の梅雨入り日(気象庁 平成29年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)より)。

昨年も、梅雨入り前にしておきたい家事について書きましたが、今年はそのなかでも、もうやめたこと、新たに足したことがあるのでまとめてみました。

梅雨入り前にしておきたい家事は、大きく分けると、大物の洗濯カビ対策(そのための片づけ・掃除)だと思います。

①~⑥は、私が気にしている場所やカテゴリの順番です。

①窓と網戸洗い。年に2回するうちの1回
②大物の洗濯。カーテンとラグ
③クローゼット、下駄箱の掃除と湿気取り、防虫シートの交換
④押入れの掃除と、防虫防カビシートの入れ替え
⑤納戸、ロフト、物置などの掃除
⑥シンク下、洗濯機裏のホコリ取り

私の季節家事に対するスタンスは「やらないよりは気分がいい」。完璧をめざさず、しんどいときは途中でやめるなどして、気楽に取り組んでいます!


①窓と網戸洗い。年に2回するうちの1回


大掃除計画表1

今年は体力のことを考え、夏にしていた窓と網戸洗いを梅雨入り前に済ませます。カビの温床になるサッシの溝のホコリもサッと。

窓と網戸は11月からはじめる掃除のときに、もういちど洗います。

関連記事⇒【公開】家事嫌いだからこそ使ってきた大掃除計画表


②大物の洗濯 (カーテンとラグ)


キッチンカウンター側からカーテン

カーテンは縦⇒横と屏風のようにたたんでネットに入れ、洗濯機へ。

レースのカーテンはそのままレールにかけて室内で乾かすのが定番ですが、うちは乾きにくい場所もあるため、天気予報をみて室内でも乾きそうな日を待ちます。

すべてのカーテンを洗うのはやめ、リビングダイニング、夫の部屋と娘の部屋の汚れやすい方のカーテンのみの洗濯にしました。



ラグも家で洗っていたのをやめ、昨年からコインランドリーを使うようになりました。家の洗濯機でも洗えるのですが、サイズ的にギリギリなため、洗濯機への出し入れが大変になってきたからです。

その点、コインランドリーだと余裕がありますので、車に積んで持って行く方がラクだと考えるようになりました。

ラグは最後まで機械で乾かすと、けっこうお金がかかりますので、あるていど軽くなった半乾き状態で家へ持ち帰って干しています。

みんなの梅雨対策、あれやこれやも参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
梅雨対策 あれやこれや



③クローゼット・下駄箱の掃除と湿気取り、防虫シートの交換


下駄箱全景2017年4月7日

下駄箱は湿気の溜まりやすい場所なので、捨てられるものは捨ててホコリを取り、換気も心がけます。

関連記事⇒使う人にあわせた下駄箱のつくり方。100円グッズも活用してスッキリ!


冬服のクローゼット【2階】

服減らしは一段落したので、今年は、クローゼットの掃除と、除湿剤などを入れかえるのみにしました。

乾燥した晴れた日には、窓とクローゼットの扉・引き出しを順番にあけるようにしています。

関連記事⇒季節外の服をしまうときの注意点と、ラクな収納のルール


④押入れの掃除と、防虫防カビシートの入れ替え


押入れの掃除や換気の際は、やはりモノが少ないと負担も減ります。

もし、押入れの中の物を減らそうと考えておられるなら、今がチャンスかもしれません。私は「匂い」を、捨てる基準の一つにしていました。


押入れ

中に入れてある物を出して、防虫シートを入れ換えます。「すのこ」も使ったことがあるのですが、重くて扱いが大変になってきたのでシートにしました。

まめに布団を干すか、それができなければ押し入れと窓をあけておくだけでも湿気のこもるのを避けられると思います。

布団干しの目安にしている時間帯は、お天気の良い日の10時から14時ごろまで。

シートは、防虫防カビ加工がしてあるこれをずっと使っています。

【送料299円&全品P5倍】 ワイズ 防虫アルミ押入れシート SS545



⑤納戸、ロフト、物置などの掃除


ロフト・屋根裏べやの断捨離完了

ロフトはもちろん、納戸や外にある物置きでの作業は暑くて疲れますので、真夏を避けて片づけてきました。

モノを減らして風の通りをよくし、ホコリだけでも取っておくと、カビ予防になります。今年はモノがだいぶ減りましたので、掃除だけ軽くやりました。

関連記事⇒「嫁入り道具の片づけ・私の決断」


⑥シンク下、洗濯機裏のホコリ取り


シンク下や洗濯機の裏側は湿気が溜まりやすい場所なので、ホコリがあるとカビの餌になりやすいです。

いつも見えている場所より後回しになることもあり、意識してこの時期に掃除してきました。といっても、ホコリを取って拭く程度です。


1=分けて行う
2=完璧を目指さない
3=家で全てやろうとしない

断捨離をはじめた3年前に比べても、体力が落ちてきました。する内容やする場所を分けることで、疲れを出来るだけ残さないようにしています。

気になるところだけでもスッキリさせておくと、梅雨がきてもブルーな気持ちにならないと思います!

片づけや家事をラクにする工夫が読めるテーマ。こちらも参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
時短家事の工夫
服の断捨離・整理収納
キッチンの片付け・断捨離・収納
50代を考え暮らす

ブログランキングに参加しています。下の四角いバナーを2つクリックして下さると嬉しいです。応援、いつもありがとうございます。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。



メモ
●真夏に行うのはしんどくなった大物の洗濯や、水を使ったふだんはやらない場所の掃除
●カビ対策のためのホコリ取りと、防虫シートなどの交換
●掃除や換気をしやすくするための片づけ、モノ減らし
関連記事


スポンサードリンク
  • このエントリーのカテゴリ: 楽家事

全ての記事とカテゴリ⇒