失敗しない洗面台の片づけ!家族と話しあいたい4つのこと

スポンサードリンク


片づいた状態をキープするために


せっかく片づいてきたのに、家族が元の位置へ戻してくれないとか、すでに家にあるのに同じものを買ってきたということがありませんか?わが家はありました。

私ははじめのうち、それをなじったり、自分の片づけ方が間違っているのだとがっかりしてばかりいたのですが、声かけの仕方で変わるとわかってきました。

今日は、片づけやすくするために(片づいた状態をキープするために)家族に伝えたり聞いたりしていることについて、洗面台の片づけをした時を例に書きます。

~目次~
・家族共有で使う場所の片づけ
・失敗した、洗面台の片づけ
・まとめ。失敗しない片づけのために

洗面台


家族共有で使う場所の片づけ


私が家族共有で使うものの収納場所を変える時や、ストック品を買って来たときは、そのつど家族に報告する。これは大前提だったとわかりました。

それでも上手くいかないときというのは、相談や確認がうまく出来ていない場合でした。

●何を捨てても(減らしても)大丈夫そうか。
●どこに収納すれば上手くいきそうか。
●そのあと困らなかったか。


失敗した、洗面台の片づけ


わが家は洗面所を片づけたとき、その相談と確認が足りず失敗しました。私一人だけが使いやすいように片づけても、家族にとってはそうでない部分が残っていたのです。

どの位置に歯磨きを置くかということひとつとっても、私と夫・娘では希望する場所が違いました。

関連記事→捨てすぎてわかった収納のゴール。洗面所が使いやすくなりました。

家族には不評だった洗面台がこの下の画像です。片づけて満足したのは私だけでした。

洗面台1 (2)

使いやすくなってきた今の洗面台が下の画像です。文字を見て覚えるタイプの夫や娘と、形や位置で覚えるタイプの私との両方が使いやすいようにやってみました。また、種類では分けず、使う頻度人別でどの段に置くかを決めました。

洗面台2017年2月


ストック品では、夫は歯磨き粉や髭剃り用のムースが早めに用意されているほうがいい人。娘はハンドソープとクレンジング剤以外、あまり気にしない人。私は、どれでも1種類にストックは1つまでで十分と考えている。

下の画像、洗面台下の収納部分は、断捨離前はモノで一杯でした。様子を見ながら減らしてきたら、収納するモノがこれくらいの量でちょうどいいとわかり、今はカゴにまとめて入れているだけです。

家族に必要なストックの量が決まってからは、管理が格段にラクになりました。

イノマタ化学ワイドバスケット洗面台下1

このように、洗面台に収納するものひとつとっても、家族の間で考え方はさまざまでした。片づけを意識する前は、こんなこと確認したことがありませんでした。

洗面所では、よく使う人・ゆっくり時間の取れない人に合わせた収納が大事だということも、だんだんわかってきました。


まとめ。失敗しない片づけのために


どう暮らしたいかをまず最初に考える。

次に、そのために減らせそうなモノを選ぶ。

すぐ取れてサッと戻せる収納”のことを考える。

モノ減らし・収納がうまくいってはじめて、掃除もラクになってくる。

私はまだ、このパターンを繰り返しながら片づけています。

なかでも難しいと感じたのが、家族共有で使うリビングや洗面所の片づけでした。いまも、使いにくくなったタイミングで考えています。

<相談>
何を捨てても(減らしても)大丈夫そうか、どこに収納すれば上手くいきそうか、相談する。

<確認>
捨てた(減らした)あと困らなかったか、収納位置を変えたあと困らなかったか、確認する。


洗面所、リビング、玄関、キッチンもそうかもしれません。もし、そういう共有で使う場所の片づけで家族間がギクシャクしていると思っておられる場合は、こんなことも試してみてほしいです。

ちょっとめんどうかもしれませんが、あとがラクになると思います。

関連記事はテーマで読めます。こちらも参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの

時短家事の工夫
キッチンの片付け・断捨離・収納
50代を考え暮らす

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして応援していただくと更新の励みになり嬉しいです!いつもありがとうございます。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


関連記事


スポンサードリンク

全ての記事とカテゴリ⇒