玄関を片づける順番 ~モノと迷いを捨ててシンプルな収納を~

スポンサードリンク


今日は、断捨離をはじめてすぐの2014年から現在までの玄関の片づけ(特に下駄箱まわり)についてまとめました。

服の断捨離のはじめかた の記事でも書きましたが、私は結婚前に買いそろえたものを20年以上も捨てられずにいました。

少々無理をしてでも服やバッグや靴にお金をかけていたため、思い出だけでなく「結婚したら、こういうものは自由に自分では買えない」と考えてしまったのです。

でも実際は、そういう靴や服の出番はほぼありませんでした。


玄関を片づける順番


玄関を片づける順番は単純です。

①玄関で使わない物を処分する
 玄関で、外に出ているものから先に片づける。
 多過ぎる私の靴を減らす。
 夫や娘に意見を聞きながら、玄関で必要なもの以外は移動させるか捨てるかを決める。

②使いやすい下駄箱収納をつくる
 玄関ドアや下駄箱の扉をあけたとき、すぐ自分の靴や欲しいモノが見つかる収納を作る。
 できれば、靴がスッキリ見える収納にする。


玄関で使わないものを処分する


わが家の下駄箱は、天井まで収納のある比較的容量のあるものです。でも、その大半を私の靴で埋め尽くし、ギュウギュウの状態にしていました。

でもまずは、下駄箱の外に出ているものから片づけ、見た目にスッキリさせようと考えました。

少しでもスッキリさせた!という小さな達成感があれば、残りの片づけを続けられると思ったからです。

具体的にはこのとき、下駄箱の上に載っていたモノ(レースの敷物・飾り物など)や、下駄箱の下に押し込んでいたサンダル・運動靴などを捨てました。



次に下駄箱の中です。

私の靴をはじめ玄関でほぼ使わなくなっていたものを徐々に処分し、だんだんと余白を作れるようになってきました。

こどものものも、学齢期を過ぎると玄関においておかなくてもよいと気づきました。使わなくなっているのに何年かそのままになっていたのです。

(↓2014年春ごろ、片づけ始めたときの様子です。このあとさらに減らしていきました。旧ブログで使った画像)。
下駄箱1-

たとえば、うちでは夫や娘の自転車用のカッパを1年に一度使うか使わないかだと気づいたので、2階へ移動させました。

そのかわり、雨が強いときに通勤用鞄をいれる大き目のビニール袋を何枚か置きました。こちらの方がカッパより頻回に出番があります。ビニール袋に鞄をすっぽりと入れ、そのままカゴに入れていき、駅で外す流れです。

夫は、バイクを売ったあとも残したままだったバイク関連用品を処分しました。

娘はどんどん靴を増やさないように気を付けています。

そのあと私は、大昔の靴以外にも、窮屈になってきたミュールやパンプスを処分。

開閉がきつくて使わなくなった傘も思い切って捨てたら、スッキリしただけでなく、掃除しやすくなってきました。

Web内覧会ではスッキリした玄関をたくさん見ることができます。参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
WEB内覧会*玄関



使いやすい下駄箱収納を作る


(現在)
下駄箱 上

玄関収納のはじめの目標は、とにかく靴やゴチャゴチャした雑貨を減らすことでした。

次に目指したのが、靴の全てが活用されていて、下駄箱を開けたときスッキリ見える収納をつくることです。

そのためにやってみたのは下の5つです。

①靴の箱に入っているものは出して、靴の向きを揃える。
②家族それぞれの靴の置き場所を、棚ごとに決める。
グラデーションを意識して靴を並べ、綺麗に見えるようにする。
④高いところにある収納は、これから少しずつ使わないようにしていく。
⑤玄関で使う物なら、靴以外の物も玄関に収納する。

高い場所の収納には、クリスマスとお正月に使う玄関用リースを置いています。もうできるだけ高いところにある収納は使わない方向で考えています。

ここで花を活けるほうがラクなので、小さい花器や鋏も入れてあります。

子どもらが幼い時に履いていた靴をまだ捨てられず、少しだけここに。


(現在)
下駄箱下 2017春

下駄箱は娘が帰ってきてから、段ごとに持ち主を決めました

それと、ざっくりですけど、靴の色も濃い色から薄い色へとなるよう置いています。

夜は家族3人分、3足の靴が出ています。朝、夫と娘が別の靴を履いて出たあと、夜から置いてあった2人の靴を下駄箱へしまいます。

日中は私の靴だけが表に出ている状態です(私の靴は現在6足です)。


使いやすい収納とは


使い勝手の良さというのは、ご家庭によって考え方が違うと思います。

たとえば私は花器や花ばさみを下駄箱に入れていますが、こんなものはここへ入れない方がいいとおっしゃる方もおられると思うのです。

私は、下の2つのことに意識を向けて片づけてきました。

●家族それぞれの動きを思い出しながら、不要なものを玄関から出すこと(捨てる・移動させる)。

●ぱっと見て誰の靴がどこにあるかがわかり、ほしいものの在りかもすぐ見つかるような下駄箱にすること。

時間はかかりましたが、今は使いやすくなったと喜んでいます。

片づけの参考になるテーマ。こちらもチェックしてみてください。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの
50代を考え暮らす
50代からのファッション
ざっくり整理&収納のススメ

ブログランキングに参加しています。「読んだよ」の合図にでもバナーをクリックして下さると嬉しいです。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。

関連記事


スポンサードリンク
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

全ての記事とカテゴリ⇒