ふつうの服を心おどる服にする2つの方法


スポンサードリンク


少ない服、ふつうの服で楽しむ


服を減らし、現在はコートやフォーマルを含め50枚程度で楽しんでいます。

お出かけ着は毎回おなじような服になってしまいましたが、出かける先も限られてきた私にはじゅうぶん楽しめる枚数です。

今日は、少ない枚数で楽しんでいる私なりの工夫について書きます。

私の服の断捨離についてはこちらの記事にまとめています⇒ 「シンプルライフの服装。断捨離3年目で、捨てるルールはこう変わりました」

●服以外のものを主役にする。
●自分の身体がどう変化しているか直視して、服選びで迷わないようにする。
この順番で書いています。


服以外のものを主役にする


服を減らしたあとも楽しむために、服以外の物が主役になるような組み合わせ方を考えようと思いました。

私はスカーフやストールが好きなので、それを主役にしたいです。好きな物を主役にできれば、心おどります。

~昔のスカーフをしまいっぱなしにせず、復活させた~

時間はかかったものの、服はこのたびの断捨離でかなり処分できたと思います。でも、小物にはまだ未練がありました。置いておいても、さほど場所をとらないからよけいに。

そこで、しまいっぱなしにするよりはと、その頃のバッグやスカーフをウン十年ぶりに使い始めました。

ただしそのまま顔の近くに持ってくるとキツすぎる物が多かったので(つまり、顔色がいっそうくすんで見えてしまうほど鮮やかな色使い)、バッグの持ち手に巻いています。

たたんでチェストの上に飾ることもあります。

綺麗な色が目に入ってくるだけでも気分があがるので、いつかもっとリビングがスッキリしたら、額に入れて壁に飾ってみたいです。

ストール・スカーフ」でタグをつけた記事はこのリンク先から読んで頂けます。

スカーフ1
イメージ画像



~今の年齢にあうものを知るためにパーソナルカラー診断を受けました~

「この色なら顔の近くに持ってこれそうかな・・・」と思いつつ、まだ迷ってしまう私は、雑誌で見たパーソナルカラー診断を受けてみることにしました。

費用もかかるし、じっと見られるのは恥ずかしいかもと案じましたが、はっきり教えてもらえてよかったです。

というのも、自分では似合うと信じていた色がそうではない(そうではなくなった、のかもしれません)とわかったから。

好きだけど似合わない色なら使い方を変えればいい。その具体的なヒントを、パーソナルカラー診断でもらうことができました。

パーソナルカラー診断を受けた人や教える人の記事はこちらのテーマで読めます。

ブログ村テーマ
パーソナルカラー/イメージコンサル




~自分に合うストールを選ぶ~

今は無地の服がほとんどなので、ストールやスカーフで柄ものを使ってアレンジしています。

ストールの柄は色合わせのお手本。そのうちの1色と服の色を合わせればよいのでラクに楽しめます。こういう黄色が似合うと教わり、購入しました。

●ジャケットコート(フランドルオンラインストア
●セーター(無印良品)
●テーパードパンツ(自由区公式通販
●バッグ(30年ほど前の購入)

フランドル・オンワード・無印・ストール黄色×白・BAGブルーグレー1

このストールは黄色がベースですが、白・淡いグレー・濃いピンク・赤・薄い緑・オレンジ・薄い紫など、いろいろな色が入っています。

空気を含ませるような気持ちで巻くと立体感が出ます。

ストールを使ったシンプルコーデの参考に、こちらのテーマもどうぞ。

ブログ村テーマ
ストール&マフラーの巻き方とコーデ



自分の身体がどう変化しているか直視して、服選びで迷わないようにする


50代に入ってから太りました。でも、そうそう服を買い足す余裕もないので、今よりは太らないよう注意することにしました。

それと同時に、身体のどこがどのように変わってきたかも冷静に見てみることにしました。

このため、毎日かならず全身を鏡に映して見ています。

体型の弱点をカバーする服を探すことができるようになると、無駄も迷いも減ります。

迷いが減ると気持ちがスッキリし、同じ服でも着ていて楽しくなってきます。



好きな食べ物を我慢してまでダイエットする気力はもうありませんが、鏡を見て意識するたけでも食べ過ぎの抑止にはなっているので良しとしています。

リビングのチェスト (4)


私の世代は消費に溺れた世代だとよく言われます。

バブル時代にすでに成人していた私も、ファッションには、無理をしてでも好きなだけお金を使っていました。

幸せを感じるまでの道のりは、単純明快。情報も現代ほど簡単には手に入りませんでしたので、今に比べればラクだったのかもしれません。

見栄を張るために無理もしたけれど、その経験があるからこそ、「もう今後の人生でそんなに多くのものはいらない」と納得しやすいとも言えます。



ふつうの服も、心おどる服になる。

多くの服や靴を捨ててきたなかで、虚しさを何度も感じましたが、それを上回る爽快感に救われています。それほど、管理すべきものが減ると心が解放されます。

クローゼットを整理して好きな服と小物で楽しむ。こちらのテーマの記事も参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
40代からの似合う服と小物の選び方
50代からのファッション
大人が着る無印とユニクロの服

ブログランキングに参加しています。下の四角いバナー2つをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


スポンサードリンク


 
関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒