蒸し器の代用は、無印のステンレス手つきザルや普段の両手なべを使って手軽に

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

キッチンにあったものを徐々に減らしてきました。捨てて一番ラクになったと思えたのは食器。次が、重たくてかさばる鍋類です。

たとえば蒸し器。今は、次のようにして調理しています。

参照 ⇒「キッチンになくても大丈夫だった、捨てたあと買い直していないもの37」

少しだけ野菜を蒸す時


食事を作り終えるころに「やっぱり野菜が足りないな」と思った時などは、冷蔵庫にあるもので温野菜にして出すことが多いです。

今はこのように、無印良品のステンレス手つきザルを、お湯を少しはった小さい鍋にかけて蒸しています。お弁当作りの時もこのやり方です。

無印ステンレス手つきザル3

無印ステンレス手つきザル2

フタが少しだけ浮くぶん、程よく蒸気が抜けます。ガラスのフタの方が中が見えてわかりやすいです。この量だと5分くらいでOK。

小腹がすいたときも。
無印良品手つきザル3

CIMG7668.jpg


茶わん蒸しなら


茶わん蒸しなら、両手鍋を使います。

ふつうの両手鍋で茶わん蒸し 手順 (2)

すが入らないよう、菜箸をフタと鍋のあいだに挟みます。

フタのない器で茶わん蒸しをつくる時は、ふきんで鍋のフタをくるむか挟むかしておくと、茶わん蒸しが水っぽくなりません。


使いこなせない道具を手放すタイミング


現代は忙しい人が多いです。こんな私にも、そういう時期がありました。

そしてその頃は、時短になると思って、たくさんの調理器具や便利グッズを使っていました。

でも元々要領が悪かった私には、片づけの手間が増えたり収納場所が満杯になったりと、かえって時間のかかる要素も多く、あまり効果を感じられませんでした。



それでも、断捨離をはじめてすぐの頃には捨てられなかったです。

まだ使える状態のものだったから…というのもありますが、やはり自分の弱点を補うために使ったお金や時間が、ただただ惜しかったからというのが本音。

「もういいか」「まあいいか」と思えるようになったのは、モノが減って部屋や時間に余白が生まれてからです。

蒸し器の代用、よかったらこんなやり方も試してみて下さいね。道具が小さいと、後始末もラクです。

家事や片づけがラクになる記事を読めるテーマ。こちらも参考にどうそ。

ブログ村テーマ
家事が楽しくなるモノ・工夫
キッチンの片付け・断捨離・収納

●書籍出版。ダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

スポンサードリンク



原田さよ

片付けの苦手な人に向けて、自らの経験をもとに、片付けやすい順番や気持ちよくモノを減らすコツ、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
片付け・収納(個人)ブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

お知らせ


NEW別ブログ 10月7日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

新着記事

タグリスト

検索フォーム