さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 苦い思い出とともにブランドバッグを捨てました


苦い思い出とともにブランドバッグを捨てました

スポンサードリンク

先日紹介した「大人のおしゃれ、Do!&Don’t」の中で地曳いく子さんが放った言葉が、ずっと心にひっかかっていました。

「自分を楽しませてくれない服とか足を引っ張る服を着ている時間はない」

⇒「おとなのおしゃれ Do!& Don't」 は面白くて服をもっと捨てたくなる本


古いバッグ一つ捨てるのに何年もかかった


押入れ 突っ張り棚

バッグは、リビングのカウンター下にかけているもの一つと、この押入れの突っ張りラックに乗せている分だけになりました。この3年の断捨離で、かなり減らせたと思います。

でも、使っていないにも拘らず捨てられなかったバッグ゙が一つだけありました。

ここではなく、2階のクローゼットの隅に箱にいれたまましまってあった古いヴィトンです。それをやっと処分しました。



流行に乗り遅れまいと必死


学生~OL時代はバブル期。みんなお洒落でお金持ちでキラキラして見えました。

でも実際はそんな人ばかりじゃなくて、私のように、流れに乗り遅れないようアタフタしながら暮らしてた人もいたと思います。

たえず、そばにいる友達と比べてました。「これで大丈夫かな」と。ファッションも、持ち物も成績も、就職先も、たぶん生き方までも。

それは結婚後も、子供が出来てからも続きました。



そんな私が、「たまには流行を先取りしたい」と、ちまちまためていたお金をつぎ込んで買ったのが今回捨てたバッグでした。

あのお金があれば、もっと違うことに使えたんじゃないかと思います。私には大金でしたから。

でもその時の私は、満足していました。手に入れたこと、それを持って歩けたこと。

思い出すと、そんな小さな自分を笑いたくなります。そしてやっぱり惨めです。でも、それもたしかに「自分」なんですよね。



片付けて思い出す惨めな過去も捨てる


バッグ一つに限りませんけど、50代の私の片づけは、過去の自分を思い出させ、惨めな気持ちを掘り起こすことが多いです。

いまだに、「これを触れば必ず思い出すから」と避けている物が、たくさん残っています。

人生は楽しんだもの勝ち。

そろそろそういうめんどくさいモノも、古い思い出ごと一緒に捨てていきたいです。

bag.jpg
フリー画像

捨てられなかったけど捨てるもの


今使っているバッグは、娘がプレゼントしてくれたアンタイトルの合皮のもの。

少し私にはデザインが若いかな?なんて初めは思いましたけど、すっかりなじんで喜んで使っています!

もし、私のように「捨てられなかったけれど、そろそろ手放したい」という物があったら、出してきて触ってみるといいと思います。

少し切なくなるかもしれませんが、しまい込んだあの頃よりは、平気になっていると思うからです。

関連テーマ。参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの

50代を考え暮らす

書籍を出版いたしました。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


人気ブログランキングへ
関連記事

スポンサードリンク