スッキリ使いやすい、文房具収納のハブ作り

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

私には昔から「文房具を収納する」という考えがあまりなかったです。かなりいい加減だったため増やしてしまいました。

今日は、そんな私が、文房具を整理しながら収納の拠点をキッチンに置くようになったことについて書きます。

キッチンの片付けについては昨年の春にこんな記事も書いています。

⇒キッチン断捨離、この順番で上手くいきました。



文房具収納のハブをキッチンに作る


狭いキッチンをリビング側から見た様子

文房具収納の拠点をキッチン(食器棚の開き)においています。

拠点というとちょっとオーバーなのですが、文房具をいっせいに整理して使う物ばかりを集め、食器棚の下にまとめて収納しました。そこを定点とし、洗面所や玄関、家族それぞれの定位置などに、レギュラー(ハサミやペンなど)だけを分散させています。

このことで、使い勝手が良くなっただけでなく、文房具を必要以上に増やしてしまうことがなくなりました。





使ったのは、ダイソーの麻風BOXと 無印良品のPPメイクボックス・仕切付・1/2横ハーフ


daiso ダイソーのBOX


●無印の仕切り付きメイクボックスを使うのは、ハサミやペンをそれぞれ立てて収納したかったから。

●ダイソーの持ち手がついたブラウンの箱は、開き戸タイプの食器棚の棚を引き出しに近い感覚で使いたかったから。色も、シンプルな作りだという点も、気に入っています。


文房具が増えなくなった3つの理由


いったん整理してから、拠点を作り、文房具のレギュラーを分散させると、便利なうえに増えなくなりました。理由は主にこの3つです。

●よく使う文房具が、いつも使いたい場所にあること。

●もしそこで使いたい文房具がなければ、キッチンへ行けば必ずあると思えるようになったこと。

●「ここか、キッチンにしかない」とわかっているので残量を把握しやすくなり、無駄に買わなくなったこと。(例えば、クリップ・付箋・ホチキスの芯など)


文房具 (6)
(リビングのソファー横・夫用)

物の減らし方と収納グッズの選び方について、また別の場所でも紹介していけるように片づけていきます。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。

 

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。

PC・スマホ・タブレット、ともに
kindle版でサンプルページが読めます→
楽天kobo アプリで立ち読みページへ→

スポンサードリンク

ブログ村テーマ
キッチンの片付け・断捨離・収納
無印PPケースを使った収納
これは便利「キッチン収納術」


原田さよ

片付けが苦手だった経験をもとに、片付けやすい順番や気持ちよくモノを減らすコツ、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
ミニマリストブログランキング
50代ファッション人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

お知らせ


NEW別ブログ 10月7日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

新着記事

タグリスト

検索フォーム

ページトップへ戻る