秋のストール選び、ユニクロリブTとの合わせ方4パターン


スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

昨年、今ごろに羽織る薄手の上着を捨ててしまい(サイズがもうダメでした)、今年はどうしようかと迷っているのですが、手持ちのストールでなんとかなっています。

若い頃からスカーフやストールが好きで、まだ使えそうなものだけ残しました。それがけっこう役だっていますので、今日はユニクロ・リブTとどんな感じで合わせているかを書いてみました。

ユニクロ好きさんのリアルコーデは、こちらのテーマで読んでいます。若い方も同世代の方も自由度が高く、皆さん素敵です。

ブログ村テーマ 
ユニクロファッション大好き



秋の始めのストール (1)

このユニクロのリブTは、くすんだピンク色です。(写真が上手く撮れずで、いつも申し訳ないです)

4枚のうち2枚は楽天で買いました。もう完売しているので同じ系統のものを貼っておきます。



●ボトムスが黒系の時は、ストールを、右から一つ目のか、二つ目のを合わせます。

・右端・・・地色が黒。模様の色がTシャツと同じか同系色。黒の配分が少なめのもの。印象がキツくなるので。
・右から2番目・・・地色がテラコッタ。模様がボトムスと同じ黒・Tシャツと同じ「くすんだピンクなど同系色。

●ボトムスがカーキ色の時(下の画像)は、Tシャツの色と同系色の左側2枚にしていました。

・左から2番目・・・くすんだピンクから温かみのあるピンクまでの色が混ざった模様。
・左端・・・くすんだピンクよりも、一段淡いピンク色。

ボトムスがニュアンスカラーの場合、明るい色を顔の近くに持ってきてレフ版効果を狙うと、くすんで見えないしバランスも取りやすいように思います。(上が淡い・下が濃い)
 

ユニクロリブTシャツ9月 秋の始めのストール (2)


ストールは、ボリュームを出すのが何よりも大事だと思うのですが、まだ暑いので、顔から離したり、少しドレープ感を出してショールのように使っています。

服の断捨離で枚数も少なくなり、予算もあまり無いですが、あれこれ考えられるのも楽しいです。


ブログ村テーマ
大人が着る無印とユニクロの服

40代からの似合う服と小物の選び方
50代からのファッション
ストール&マフラーの巻き方とコーデ


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。

PC・スマホ・タブレット、ともに
kindle版でサンプルページが読めます→
楽天kobo アプリで立ち読みページへ→

スポンサードリンク



服を減らす過程では、こんな記事も書きました。
- 押さえておきたい服の断捨離のコツ3つ
- シンプルライフの服装。断捨離3年目で、捨てるルールはこう変わりました。

関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒