さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 捨てられないと悩んだ時、先に手放したもの


捨てられないと悩んだ時、先に手放したもの


スポンサードリンク


片づけられない


早くスッキリしたい。でも、迷う。決断力がありサクサク片付けている人の情報が目に入るたび、やっぱり焦る。

こんなふうに思う人、おられますか?

押入れ用収納。捨てた


画像は、片づけて中が空っぽになった、三段のコロ付き押入れ用ラックです。中身がなくなったあとも、私は長いあいだこれを置いたままにしていました。「捨てられなかった」のです。

集めれば、その時までに8畳2間分が一杯になるほどの量にはなった不要品を捨ててきたと思います。もっとかもしれません。にもかかわらず、まだまだ迷っていました。



捨てられない


このブログに検索で来て下さる人が使う複合キーワードで多いのが、「捨てられない 服」「バブルの服 捨てられない」「食器 捨てられない」などです。

まるで、「捨てられない」ことがダメなことのように見えますね。

かつての私もそう思っていました。「なぜいらないと自分でわかっているのに、捨てないの?」と。自問自答ばかりして焦っていたのです。



でもね、いろいろやってみて、どうしても決められなかったら、いったん置いておいてもいいんじゃないかと思うようになりました。

先のことを思えば不安だし、このままでは良くないと承知していても、そのしんどさを頭の中の別の場所に預けて、保留するんです。

この押入れラックを捨てるまでだいぶ時間がかかりましたし、その間ずっと気になっていましたけど、最後は手放せたのだから、もう良し!



私は超がつくほどのせっかちです。

気になる場所を先に片づけたい方なので、迷う時間が長ければ長いほど苦しくなります。

でも、だからこそ、いったん今こだわっていることを手放して、出来る場所を出来るように片付けた方が結果も出せるしスッとすると思ったのです。


origami



女友達、考え方はそれぞれ


ジャンルは違いますが、ブログをしている仲の良い友人と、片付けの話をする機会がありました。

私たち世代になると、この先を思って物を減らし始める人が多いというのが共通認識だったんですけど、なかには考え方の違う人もいるそうです。

つまり、「捨てないでいい」という考え。



子供に迷わせたくないとか、こちらの体力があるうちに、と思う私たち二人とは真逆です。家の状況も違うし、簡単には比べられないけれど、潔くて素敵だと思いました。

自信があるのだと思います、自分の暮らし方だけでなく、家族や家そのものにも。



「片付け方は十人十色。」

片付けのプロの先生は、よくこうおっしゃいます。 これと同じで、物の持ち方も人それぞれでいいのですよね。参考に出来る部分だけ見ていればいいと思います。



やめてみるのも、やってみるのも、同じこと


やめてみるのも、やってみるのも、同じことです。

でも、結果を出すことと、結果を急ぐことは、同じではないと思っています。

大事なのは、辛い状況を抜けること。迷い過ぎてしんどい時は、いったん、その迷いを手放してみるのもいいと思います。



書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ


関連記事
スポンサードリンク

関連記事2