さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 夏じまいの家事は暑いうちが楽。まずはこの2つから。


夏じまいの家事は暑いうちが楽。まずはこの2つから。


スポンサードリンク


夏の終わり限定の家事も、楽で続けられることを目標に


ようやく朝晩が涼しくなってきましたね。

私は例年、お彼岸頃までにはこれ、秋のお祭り前にこれ、というように、おおよその期限を設けて夏に使ったものを仕舞い、秋冬に使う物を出してきます。

秋冬物も出してくるのは少々早い気もしますが、勢いのついている時に一緒に出来ることはしてきました。

これは、理想と自分の現状を天秤にかけ、楽で続けられることを目標にしてきたからです。

昼間の気温がまだ高い今ごろからしておくのが、物を乾かすには良いタイミングだと思っているのもあります。

今日はそのうちの、お彼岸くらいまでにしている2つのことを書きます。


①日傘の手入れ
②白い衣類の手入れ (次の年の黄ばみ防止を目指す)

・1に換気、2に換気。



日傘の手入れ


日傘の出番はまだまだありますが、秋の長雨前にやっておきたい気持ちがあり、いったん洗いました。

手入れ方法は母のやり方にならい、薄めた中性洗剤を含ませたスポンジで洗ってから水をかけています。あとは陰干しするだけ。

乾かして浮いてきた埃は、柔らかいブラシを使って落としています。

洗えないタイプの日傘を持っていた頃は、レンジでチンしたタオルでさっと拭いていた程度。これでも、やらないよりは良いです。

夏の物って、一度しまったら1年出さないことがほとんど。

次の年に予想していなかった汚れが浮いていないことを目標に、完璧を目指さず楽な気持ちでやるのが、長続きのコツだと思っています。



白や淡い色の衣類をしまう前のしっかり洗濯で、黄ばみ防止


黄ばみの原因は皮脂の汚れ。ふだんは洗えているように見える衣類も、長い時間おいておくと汚れが酸化して色が変わってしまうのですよね。

夏の終わり、しまう前に白や淡い色の衣類をを洗う時は、ふだんよりもしっかりやります。漂白をしたり、襟専用のものでつけ置きしてから洗ったり。

あとは、濁りがなくなるまで十分にゆすぐことが大事だと思います。

洗濯時のちょっとしたコツは、得意な人のお知恵を拝借して勉強しています。みなさんも参考になさってください。


ブログ村テーマ
洗濯大好き ~毎日が洗濯日和~




そのつど丁寧にした方がいいと思うのですが、私にはできません。

ただ、毎日の洗濯だけだと落ちきれてない場合があって、次の夏に着る時がっかりした経験があるため、ズボラなりにこのやり方に落ち着きました。


ワイドハイター

漂白に使っているのはずっとコレです。



夏じまい (2)

襟汚れに使っているのも、ずっと同じものです。汚れ落ちもですが、塗りやすいヘッドと詰め替え用があるところも気に入っています。

トッププレケア えりそで用(250mL)ライオン【トップ】 部分洗い えりそで洗剤 液体洗剤




ワイシャツについては、こんな記事も書いています。

・主婦の味方!形態安定シャツの洗い方と、高品質低価格のおすすめブランド




1に換気、2に換気


家にいるお天気の日は、押入れや下駄箱だけでなく、クローゼットやタンスも扉をあけて風を通すよう心掛けています。

よほど体調が悪くない限り、これは抜きません。物のためだけではなく、湿気やカビに反応しやすい自分のためでもあるからです。

面倒くさがりだからこそ、出来るだけ楽な方法でしんどいことを避けたいと思っています。

夏じまいも同じです。来年も楽できるよう、最後だけ普段より少し気を付けています。



書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



関連記事
スポンサードリンク

関連記事2