さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 片付けたいのに片付けられなかった時にして効果的だったこと2つ


片付けたいのに片付けられなかった時にして効果的だったこと2つ


スポンサードリンク


「出来ていない自分を責めるのも、嘆くのも、もうそろそろ終わりにしていいんじゃないの?」

インテリア雑誌をめくっては、「こんなスッキリした部屋で暮らせたら幸せだろうな。ラクだろうな。同じ主婦なのに私はなんでこうダメなんだろう。」とため息ばかりついていた若かった頃の私に、こう言ってやりたいと思うときがあります。

旧ブログでは、こんな記事も書いています。

「心がざわつく時ほど、部屋を片付ける」

今日は、こんなマイナス思考だった私が、片付けを進めるうえで、やってみて役立ったこと2つについて書きます。

●マイナス思考を味方につけるきっかけ
●こんまりさんブームと、マイナス思考の私
●具体的に、やってみたことは2つ


hotel-1113587_640.jpg



マイナス思考を味方につけるきっかけ


片付けを始めても、途中でなんども挫折しました。やらなきゃとは思うものの、別の思いもあったからです。

「どうせ頑張ったところで、素敵な家にもならないし立派な主婦にもなれない」という捻くれた気持ちです。

そうはいっても、動かなければ何も変わらないのは同じ。

残りの人生、ずっとこう悶々としたままでいいのか?と思ったら、無性に片付けたくなっていました。人と比べては焦っていた自分の性格が、プラスに働いたのかもしれません。



こんまりさんブームと、マイナス思考の私


その時は、こんまりさんブームがまだ続いており、片付け情報がどんどん入ってきていました。世の中、「ときめき」旋風が吹いていたのです。

最初は少し苦手でした・・・「物にときめくってどういうことだろう?」ってまたウジウジとしてしまったりね。

でも、「ときめく」ものがわからなければ、「ときめかない」ものを捨てればいいかと思って実行できたのも、こんまりさんのおかげです。

本には参考になる部分がたくさんあり、片付けに対して持っていたイメージが変わりました。


・本2冊


どこまでも前向きじゃない感じだったのですが、それでもなんとか片付いてきました。

マイナス思考も捨てたもんじゃありません。



具体的に、やってみたことは2つ


片付けようと思い直した時にまずやってみたのが「書くこと」。

この家の何が嫌なのか、どう困っているかを、思いつくまま紙に書きました。このとき、キーを打つのではなく、紙にペンで書いたので、いっそう自分の負の部分がさらけ出せたように思います。

形式にこだわらず、率直な気持ちをどんどん文字にしていくと、自分の本音も見えてくるものですね。ちょっと新鮮でした。

この時のメモは、家と自分の現状を把握するのに役立ちました。なにから手を付ければ自分がラクになれるか、引いて、見て、考えることができるからです。

次にやってみたのが、「散らかった家中の写真を撮ること」でした。

これも、メモと同じ働きをしました。ビフォーアフターを見られるので、片付けのモチベーション維持のためのツールになるからです。


困っていることを書きだしてみる
散らかった部屋の写真を撮ってみる


片づけたいけれど、なかなかやる気にならないと、モヤモヤした思いを抱えている方がおられたら、こんな方法もお勧めしたいです。

そのとき気持ちは曇るかもしれませんけど、それもきっと、片づけるうちに晴れてきます。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ


ブログ村テーマ
21日でよい習慣を身につける
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2