さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 夏の家事を楽にする簡単な工夫4つ。


夏の家事を楽にする簡単な工夫4つ。


スポンサードリンク


テキトー。まぁいいか。暑っ。やってられん!

私の夏の口癖、ベスト4です。

今日はこの時期に意識してきた、夏の家事を楽にするための4つの工夫について書きます。

①早起き・小分け
②遮光
③保冷剤の活用
④ゆっくり動く



早起きして涼しいあいだに朝家事を済ませてしまう

 
梅雨前にやっておきたい掃除 キッチン

~涼しいうちに、できるところまで~
朝8時頃までに、洗濯干し、前の夜に干した洗濯ものたたみ、アイロンかけ(2日に1回です)、掃除、お茶椀洗いなどを済ませます。

ゴミの日のみ、出しに行く前のちょこっと草引き(畳1枚分くらいずつ小分け)が加わります。

音の出にくい家事から始め、お弁当つくりと朝食の準備は、この間に適当に挟んでいます。


~小分け家事~
息子が生きていたころは4時前から開始していましたが、今は5時に起きてのんびりやっています。

掃除も洗濯も料理もアイロンかけも、一日に全部やれなくても良しとして、すべて小分けします。

小分け家事についてはこんな記事も書きました。

→翌朝のための3つの小分け家事で、時間を貯金しよう!出来た時間を好きなことに使おう!


若い頃はざーっと一気にやるのが好きでしたが、発病してからは「まとめてする」のがしんどいと感じるようになりました。

効率は悪くても、夏は特にこの小分け家事が楽なように思います。

年齢的にも、いい塩梅になったということなのかもしれません。



時短家事のアイデア


時短家事をしている人のアイデアを参考にしています。
よく読んできたテーマ。


ブログ村テーマ
時短家事の工夫




部屋に日光を入れない


キッチンカウンター (7)


わが家のリビングは東向き。日が昇ってしばらくするとシャーっと光が入ってきます。

起きてきていったん窓を開け風を入れますが、朝珈琲の後にいっせいにシャッターを降ろします。

このとき窓も閉め、レースカーテンと布のカーテンも全部閉めてしまいます。日光だけでなく熱い空気も遮断できそうに思うからです。

簾をかけていた時期もありましたが、手入れが大変で捨ててしまいました。

シャッターを下げている間は、北側の窓とキッチンの勝手口を少し空けます。

祈るような気持ちで作る、風の通り道です。


7月2日の朝のキッチン (2)


ダイニングは、夫や娘が起きてきたら、LED照明を付けます。

勿体ない気もしますけど、室温が上がるよりはマシかなと思っています。

窓から日光が入らなくなる時間が来たら、シャッターもカーテンも窓も開けます。



保冷剤を挟んだハンカチを首に巻く


水に濡らしたタオルで保冷剤を挟んで首に巻くという、ベテラン主婦さんの話を聞いたことがあります。これだと最強でしょうね。

私はタオルをしっかり絞る握力が無いため、大き目のハンカチで保冷剤をくるんで首に巻いています。

夏家事、乗り切る (3)


保冷剤が首の両側にあたるような位置においてクルクル。

太い血管を冷やすと身体が早く冷えるそうです。やり過ぎは禁物なので、時々外して様子を見ます。


夏家事、乗り切る (4)夏家事、乗り切る (1)


冷蔵庫にある保冷剤は5,6個。ハンカチにくるみやすいよう、細長い小さい形のものを置いています。

前は色々な形のがウン10個もありました。

捨てらなかったです、なかなか。なにかこう、賢い道具のように思えたんですよね。無料だしね。


夏家事、乗り切る (5)



動作をゆっくりにする。


最後はこれ。ゆっくり目に動くということを意識しています。

はじめ親から言われた時は、半信半疑でした。でも、地味だけど有効な暑さ防止の方法だとわかりました。


①早起き&小分け。
②遮光。
③血管を冷やす。
④ゆっくり動く。(意識する)


身体に合いそうな方は、よかったらお試しくださいね。
今日もご訪問ありがとうございます。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2