断捨離劣等生の私。自分の弱点を知って、奮起しました。

スポンサードリンク


最初の記事に多くのコメントと拍手を残して頂き、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。


断捨離を続けてきて数ヶ月、家の一部はガラガラになってきました。
収納を考える前に、まず目の前のゴミを捨てて捨てて捨てまくってきたからです。


勿体ないとか将来使うかもなんて言える物は、そう多くはありませんでした。
あふれかえっていたその大半が、ガラクタだったからです。
かつて機能していたとしても、今の生活には必要ないという。


片づけられませんでした、部屋の中も、押入れの中も。どこもかも。
「あれが無い、何処へしまったっけ?」という毎日は苦痛でした。
そうなった理由を考えず、「ないなら買おう。これが欲しい。」と、その不満や不安を物で埋めていました。
小さなお得感にも、よく釣られました。


お金も時間も空間ももったいないことをしてきたのだと、今なら少しはわかります。
息子と暮らすことがどうこうというより先に、沢山の「困った」を自ら作り上げていたことも。
あの頃は、自分が悪いだなんて全く思っていませんでした。


どうしてこんなに不満な気持ちを抱えているのか。困るのか。それを考えずにいたこと。
考えることから逃げるため、新たな刺激を求め続けたこと。
これが私の弱点でした。


困るなら、困らないようにする。
どうすれば困らないで済むか考える。やってみる。


私は、やはり今も捨てることからはじめています。
捨てることはしんどいことです。捨てる前に考えなければいけないことがあるから。
でも、モノが多いままで収納のことを考えるのは難しいということが、だんだんわかってきました。


現在取り組んでいるのが、持っているものの量をアイテム別に把握する作業。
全て出して一種類ずつやっつけていくと、本当にスカッとします!
こんまり流ですね。


何を持っているかを知ることで、買い物の失敗も減っています。
一歩目を出したら、次の一歩をどう出せばいいか少しずつわかってきました。


もし日常に「困った」があれば、ぜひ一歩目を踏み出して欲しいです。どうすれば困らないですむか考えるのが、一歩目だと思います。
一人で出来そうにない時は、家族を上手に巻き込んだりプロの手を借りるのも一手。


物が減ってくると息をするのが楽になります。
ちょっぴりだけど、人に優しくなれます。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。



ブログ村テーマ  持っていなくても困らないもの
関連記事


スポンサードリンク

全ての記事とカテゴリ⇒