少ないと楽になる|すぐ取れてサッと戻せるシンプル収納


スポンサードリンク


「片付けは収納から」は、間違いでした。


断捨離をはじめるまでの私は、片付けといえば「初めに収納ありき。」
探し物が多くしょっちゅうイライラしていたのも、収納場所が少ないからだと信じていました。
ところが、賃貸からこの(収納は比較的多い)家に越してきてからも、私のイライラは改善されませんでした。



物が減ってきて、まずやってみた収納はこれ


2本あるドライヤーは洗面台の下に入れていたのですが、使いやすさを優先して、大きい方のだけこんなふうにかけています。

ドライヤー収納

ドライヤー類は、これを含めて5本ありました。使わなくなっていた3本を捨て、残り1本は洗面台の下です。
ここに置き始めてからは家族にも好評で、夫もこの状態にする程度なら簡単なのか、同じようにして戻しています。


ドライヤーが5本になった原因は、もらうことが重なったから。
会社の運動会や親睦会の景品、地域のお祭りのビンゴゲーム等々。
5本とも使えましたが、かさばるので困っていたため、使いやすい物だけを残すことにしたのです。


すぐ取れてサッと戻せるシンプル収納。長続きのコツは2つ


物が減っただけでは上手くいくとは限らないのが、収納問題。
取りやすさより戻しやすさに重きを置く方が、わが家は上手くいくように思います。


ドライヤーでいえば、使ったあとコードをまとめ、また腰をかがめて洗面台の下に収納する。
これを億劫に感じ始めると、元に戻さないことが増えていくんですよね。
使う時は少々手間でも出すけど、後始末は面倒。うちの家族は、私を筆頭に皆この傾向があります。


①家族共有のものは、「使っている頻度が高い物」にフォーカスして残す。
②家にある物を利用して、家族誰もが「戻しやすい」ように物を置く。


ショップのように余裕のある空間に美しく並べたとしても、取れば必ず元のように戻さねばなりません。
キープするには、その作業を厭わない覚悟がいりますよね。我が家には、ハードルが高いです。
美収納!!を目指せるようになる日が来るのを楽しみにしつつ、、、


●難しくしない。
●複雑に考えない。
●断捨離はラクに、収納はシンプルに。


これをモットーに、楽しいことをイメージしながら片づけていきたいと思っています。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


スポンサードリンク



シンプルライフ ブログランキング
断捨離ブログランキング
関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒