「くれない族」は卒業。増えすぎた物や人付き合いを捨てていこう。


スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

子育ての繁忙期を終え、時間の割り振りを考えるようになりました。
この環境に、心から感謝しています。


先週末に片づけたのはビデオテープやCDなど。
わが自治区ではこれを可燃ごみの日に出せます。
「だからいつでも捨てられる」という気持ちが言い訳になって、ずっとクローゼットの隅へ積み上げたままにしていました。
こんまり流で残りすべてを出し、ひとつずつ手に取ってみました。やってみると、案外、後悔しないものです。


こんな感じで他の場所もやっていけば、来年帰ってくる娘の物を受け入れやすくなります。
引越しは片付けの最大のチャンスですよね。
いったん出て行った子が帰ってくるパターンなので、出る準備と入れる準備を同時に進められます。


CIMG7561.jpg


画像はその一部。もう使いもしないものだし邪魔だと思ってました。
でも、面倒で手を付けられずにいました。


「くれない族にだけはなるまい。」と誓った独身時代の心意気はどこへやら!
結婚してすぐそうなっていたのではないかと気付いたのは、子供が幼稚園に入った頃です。


夫が●●してくれない。
子どもが●●してくれない。
ママ友が●●してくれない。
行政が●●してくれない。



相手に責任を押し付けて不満を晴らそうとしていることに、気付いていなかったんです。
もっと若い頃からだったかもしれません。
「なんで相手はわかってくれないんだ?」って。


恋人が●●してくれない。
友達が●●してくれない。
会社が●●してくれない。


これをやめないと、この先なにをやってもリバウンドしそうです。
サボりたい気持ちはその都度かわして、淡々と捨てていきたいです。
今日もご訪問、ありがとうございました。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。

PC・スマホ・タブレット、ともに
kindle版でサンプルページが読めます→
楽天kobo アプリで立ち読みページへ→

スポンサードリンク



ブログ村テーマ  持っていなくても困らないもの
関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒