さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 服や贈答品の断捨離。リサイクルショップ利用を迷っている人に試して欲しいこと3つ。


服や贈答品の断捨離。リサイクルショップ利用を迷っている人に試して欲しいこと3つ。


スポンサードリンク


*断捨離して不要品を売りました。というカテゴリを設けました。
リサイクルショップ利用やオークション出品について、自分が経験してきたことをもとに書いた記事を入れています。


初めから読む方はこちらからどうぞ→断捨離◆「譲る・オークションで売る」を積極的に取り入れてみる。


いちばん早いのはゴミとして捨てることですが、躊躇する人も多いのが現実だと思います。私もそうでした。
かといって、他にどうすればいいか決められなかったです。
今日は、捨て方や「捨てる先」を迷っている人に向け、ご近所のリサイクルショップを利用してみませんか?初めはこんな風に考えてみるのはどうですか?という話を書いてみたいと思います。



捨て方を迷っている場合

贈答品や、買ったはいいが未使用のままという品物はないですか?
かつての私は、そういう物を押入れの奥へ突っ込んだまま、見ないようにしていました。
頂いた物を手放したり衝動買いしてしまったことへの罪悪感があったからです。


考え方を変え、それらの一部を昨年はじめてリサイクルショップで買い取ってもらいました。
10年近く保管していたものもあったのですが、値がつきました。


もし今、人がまだ使えそうだけどうちでは使わないという物があったら、ご近所のリサイクルショップへもっていくのも選択肢の一つに入れてみませんか。




リサイクルショップ利用。最初の一歩を踏み出すために私がしてみことはこの3つです。

①ショップで売ることを、「もったいない」を解決する手段の一つと考えてみる。
②買う側として来店し、「家にあったらいいな」と思えるものがあるかどうかじっくり見てみる。
③自分が出そうと考えている物と似たような商品が売られているか、確かめる。



贈答品は、いただいた時点でその役割の大半を終えています。
物より気持ちや行為を貰っているからです。


もったいないというのは、使われないまま放置されていること。
良いと思って買ったが使わないままの物も、次の使い手にさえつなげられれば無駄ではなくなり、こちらの気持ちも落ち着きます。


どんなものが、どのように売られているか。
主婦としての自分が必要なものもあるか。
店内に並んでいる商品を眺めると、家から持ってこれる物があるかどうかを判断できます。


良いのはやはり、贈答品で未使用のものでした。
箱の有無や汚れ具合で違いますが、価格が付きやすく、次に中古品を持って行く際の足掛かりになりました。


こんな記事も書きました。
→リサイクルショップ買取価格と、贈答品や子供服を持って行く時に気を付けたこと4つ。



「もったいない」を書き換える

すぐ捨てるには忍びないものを、リサイクルショップへもって行ってみませんか?
初めはこんなことから試して、勿体ないという気持ちを書き換えてみませんか。


トラコミュ  捨てても、大丈夫だったもの。
トラコミュ  50代を考え暮らす


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2