さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 断捨離。こんなことからやり直しています。


断捨離。こんなことからやり直しています。


スポンサードリンク


*断捨離して不要品を売りました。というカテゴリを設けました。
不要品を売ること。特に、リサイクルショップへ直接出向くことやオークションに出品することに抵抗がある人へ向けて、今後も少しずつ書いていきます。


はじめてオークションで出品しようと思っておられる方に向けては、こんな記事も書いています.
→ 楽しかったですよ!不要な服を、リサイクルショップ以外で売ること。



不要品を売る事を前向きに考える。

・手間がかかりそうで嫌だ
・もし売れなかったらカッコ悪いし惨め



今までの私は、こんなイメージを持っていました。
断捨離の「捨」に慣れてきたので、この考えを改めます。


・手間は少々かかっても、部屋も気持ちもスッキリする。
・もし売れれば、微々たる金額でもありがたい。
・売れなければ、そういう物なのだと、はっきりわかる。


同じ片付けるなら、少しでも前向きに考えるほうが作業もはかどりますね。



リサイクルショップへ春服を持っていってみました。

昨年、子供の服はタグ付き未使用分を含めて全て値段がつきましたが、今回は自分の服です。
しかも、使用品。
でも、もって行ってみるものですね!
8枚中6枚に価格が付き、ランチ代くらいにはなりました。
シーズン前に持っていくのが鉄則だから、あの服でもOkだったのかもしれません。


明細書



売却できなくても、何か一つは知らないことを得て帰れる。

私と同世代かそれ以上の年代の人であれば、身体面で変化の大きい時期に入っているから、今までと同じように物を管理していくのは辛いと感じておられのではないでしょうか。


もしそうなら、これから要らないだろうと思えるものを、近所にできたリサイクルショップへもっていってみませんか。
売却できないかもしれないけれど、そこに行かなければわからないことを、何か一つでも得て帰れます。
私も、いろいろと試しながら片づけていきます。


・どんな商品が並んでいるか=どんな物なら買取可能かがわかる。
・どんな商品が歓迎されているかを、商品の陳列の仕方で知ることができる。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ



 
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2