断捨離を押し付けるな


スポンサードリンク


そんなに気になるなら捨てようよ、手伝うから。
本当はどうしたいの?
苦しむくらいなら、片付けのことなんて、もう考えなきゃいいんだよ。ね。無理しないで。


50代で片づけを始めた私は、母に会うたび、物が減ると楽になれるということを報告していました。
母が洋服や趣味の物を片づけたいと思っているのを、知っていたからです。
直接ああしろこうしろというより、私の実体験を述べるほうが効果的だとも思っていました。


同じことばかりを言ってくる母が面倒になった私は、また、言ってはいけない言葉をぶつけてしまいました。
母は、悲しそうな顔をして黙り込んでいます。
同じことばかり言うのは自分にもあるじゃないかと気付いたのは、だいぶ時間が経ってからでした。



スッキリさせたいが、今すぐ捨てたいということではない.
母は、私に回答を求めていたのではなかったのかもしれません。
スッキリさせておきたいとは思っているが、すぐ捨てるということではなく、まずは「何とかしたいと思っている気持ち」をしっかり受け止めてほしかったのではないでしょうか。


親の家の片付けは、本人が元気なうちに一緒にするのがいいと思います。
でもその前に、親と自分の現実を、もっときちんと受け入れないと駄目だと思いました。
自分のやり方を押し付けるのは良くない。しっかり心に刻みます。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


スポンサードリンク


関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒