片づけに行き詰まった時、やってみたこと。


スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

行動に移すまでが長かった理由


息子の部屋を片づけたあとになって、やっと、わが家がどれほど散らかっていたかを実感しました。
片づくシステムを作ることが出来ていれば、キッチンの中でイライラし続けることは無かったのに、なんでも人のせいにして行動に移せないまま来てしまいました。


「どうせ片付けるなら効率よく失敗を少なく、最短コースで結果を出したい」
私は、断捨離や片づけに関する情報を集めまわった時期があります。
手段が分かれば、あとは行動に移すのみだと思い込んでいました。


ところがこの行動に移すまでが長かったです。
なぜなら、じっと情報だけを集めているほうがラクだったから。
やり方を知っただけで片づいたような錯覚を起こしていた私は、かなり時間をロスしていたのですね。


目の前のテーブルにはリモコンや読みかけの本、携帯・パソコン・辞書・切り抜きやメモ、電卓やデジカメまでが一緒になって山のよう!
部屋全体を見回すと、取り込んだ洗濯物の山、郵便物の山、脱いだジャケットやマフラーがバッグの上で山、シンクが狭くて洗いきれないと鍋やフラインパンやザルまでもが山。
これはマズイです。


必ず、すぐやる脳に変化すると信じてみる。


気づいてからまず最初にやってみたのが、数分だけでも動いてみること。
片づけたい、掃除したい・・・と、いま気になっていることを選んで取り掛かりました。


すると、私のズボラ脳でも、活動モードに切り替わる瞬間を感じ取ることが出来ました。
弾みがつくとサクサク進みます。
しんどくなったらそこまででやめておいてもOKとしました。
キレイに終えられなくても、「出来た」という小さな成功体験が次への活力に結びつくからです。


こうすればいいことは、子供でも知っていること。
私が大人になっても出来なかったのは、ギリギリでもなんとかなってしまったから。
間に合えばそれで良いと、グズが癖になっていたのかもしれません。


以来、行き詰まっているなと感じた時は、まず動いてみることにしました。
長時間は出来なくても、今やれば必ず前へ進むとわかったからです。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。

PC・スマホ・タブレット、ともに
kindle版でサンプルページが読めます→
楽天kobo アプリで立ち読みページへ→

スポンサードリンク


 
コメント欄はしばらくお休みします。何かありましたらメールフォームか拍手コメントをご利用ください。
関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒