さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - キッチン断捨離のタイミングと、捨てどきの見極めポイント。決め手はこの本。


キッチン断捨離のタイミングと、捨てどきの見極めポイント。決め手はこの本。


スポンサードリンク


この1年でキッチンにあって捨ててきたものは、食器やレードル類・キッチン鋏(小)・タッパー・景品・トレーなど。
はじめの1年では捨てられなかったものも、2年目に入ると割り切るのが早くなってきました。
今日は、キッチンにあるものの捨て時、私の見極め方についてまとめました。


特に近藤典子さんの本には大いに影響を受けました。

【楽天】50歳をすぎたら家の整理を始めなさい 近藤典子


・本2冊

■近藤典子さんの「キッチン周り、片付けの順番」



1.食品
 消費期限切れのチェック
 保存状態の悪い物は処分

2.調理器具
 同じ種類の道具は1、2点にする
 使いにくい物は処分しましょう

3.食器
 半端になったセット
 フチがかけている、ひび割れ、汚れ
 いただきもので好みでないもの

4.雑貨類
 ゴミ袋。ラップ類、洗剤など同じ種類の物は1か所に
 ストックを必要以上に持たない

5.密閉容器
 使う物、使いにくい物の見極め
 古くて密閉不可能な物を処分

「50歳をすぎたら家の整理を始めなさい」P.27より。


キッチン・2年目の断捨離・・・見極め方


*カトラリー・・傷が多くなった。色が褪せてきた。揃っていない。
*タッパー・・フタが本体と合わなくなってきた。色素が傷に入り取れなくなってきた。
*調理道具・・先が少し焦げた。重たい。収納しずらい形。テフロンが剥がれてきた。退色・変色あり。
*便利道具・・一つあれば十分だとわかった。1年間、ほぼ使わなかった等。
         

キッチンで使う鋏は大小で2本にしていましたが、小さい方はほとんど出番なし。
おたまは4つもいりませんでした。
菜箸も然り。
鍋類は、大小合わせて6個あれば十分だとわかった1年でした。


心がけていること


*ゴミ回収日の前には、キッチン内で捨てる物はないかと必ずチェックする。可燃も不燃も粗大ゴミも全て。
*ふだんキッチンにいて、「もうこれいらない。」と思ったものをすぐ専用袋に入れておく。
 習慣付けないと、すぐまた忘れるからです。



*Webで公開されている機能的なキッチンを観察しておく。まずは物を減らさないと・・・と教わっています。


トラコミュ
WEB内覧会*キッチン


iphone-518101_640.jpg


使っていない物、今後もたぶん使わないだろうものが減ってきて、重たかった気分が軽くなりました。
今日もご訪問ありがとうございます。


ランキングに参加しています。「読んだよ」の合図にでもバナーをクリックして下さると嬉しいです。
表示カテゴリの記事を、ランキング順に読めます。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事です。
・冷蔵庫を快適に使うために始めたこと2つ。

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2