さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 靴に悩む人におススメの自分専用インソール。保険適用の申請から完成までを画像付きで。


靴に悩む人におススメの自分専用インソール。保険適用の申請から完成までを画像付きで。


スポンサードリンク


靴・4


この記事は旧ブログ「家も自分も好きになる暮らし」でアップしたものを、外反母趾など足の悩みを持つ全ての人に向け編集しなおしたものです。

足に合わない靴を履き続けることで起こる問題は、私のようなリウマチ患者だけの話ではないと思い、こちらでアップしようと考えました。

この順番でまとめています。

①オーダーインソール。最初は「高い!」と思うけれど
②インソールを作ってもらおうと思ったきっかけ
③普通のパンプスを、自分だけに合う靴にするって?
④夫の扶養に入っている専業主婦の申請の仕方。
⑤足底板(インソール)って、おいくら?
⑥まとめ:足底板(インソール)を作る流れと、還付のために必要な書類


オーダーインソール。最初は「高い!」と思うけれど

普通に靴を買うよりは費用がかさみます。私も初めは、まず、価格のことで足踏みしました。

でも、その考え方を変え、作る事にしたんです。

合わない靴を履き続けて起こる痛みや体の歪み等で長期通院が必要になったり、合う靴が見つかるまで買い直し続けることを思えば、納得の投資だと思える日がきっと来ます。

インソールを作ってからの私の日常生活は、格段に上向きました。


靴3


オーダーインソールを作ってもらおうと思ったきっかけ

1足のみ残し、もう履けなくなっている黒いパンプス2足を捨てました。

外反母趾が右足、開帳足が左足に出ているのに履き続けていたら、腰や肩まで辛くなってきたからです。

でも冠婚葬祭用の黒いパンプスは1足は必要。

そこで、その黒いパンプスに合わせた足底板(インソール)を作ることにしました。

(*情報は3年程度前のものなので、変更点があるかもしれません。事前に病院でご確認くださいますようお願いいたします。)


普通のパンプスを、自分だけに合う靴にする

私が持っている靴のインソールを剥がしてもらい、自分の足に合わせたインソール(足底板)を貼り換える形にしました。

これが装具士さんに作ってもらったインソール。後ろに見えるのは、もともと貼ってあった足底板を剥がした状態の靴です。

靴5

インソール自体も3重構造。表面の皮は、はり替え可能です。


夫の扶養に入っている専業主婦の申請方法

私は仕事をしていなかったので、必要書類を揃えて夫にわたし、職場へ出してもらいました。

申請後約ひと月で、支払った額の7割を指定した銀行へ振り込んでもらうことができました。


CIMG3494.jpg
(撮影・掲載は許可を得ています)


足底板(インソール)って、いくら?

私は今まで3組、インソールを作ってもらっています。

どれも3万円台でしたが、3割負担なので、実際は1万円前後です。


一例
*足底板、一組で\36000
*保険で戻ってきた分、\25200
*履いていて傷んできた場合も調整可能。実費。一枚につき(一足だと×2)、500円程度。

インソール・3


まとめ:足底板(インソール)を作る流れと、還付のために必要な書類

~診察から完成までの流れ~

①整形外科を受診、ドクターに相談。足底板を作りたいと申し出る。
②保険を申請する際に必要な、医師の意見書をもらう。
③装具士さんとの相談日時を予約。装具士さんからの問診。持参した自分の靴をみてもらう、計測、作成までの流れを確認。
④計測後、通常は約2週間あれば出来上がる。装具士さんに確認。試着して合わない時は微調整。


>~還付のために必要な書類~

①医師の意見書
②足底板(インソール)の領収書
③作成依頼書


インソール2


足に悩みを抱えたまま合わない靴を履き、痛い思いをしておられる方へ。

●診察を受けてみること
●インソール(足底板)をどこかで作ってもらう事

どちらか一つでもいいので、いちど検討してみて欲しいです。
>


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ


関連記事
スポンサードリンク

関連記事2