少ない服を着こなす人から学べる、本物の自由の勝ち取り方。

スポンサードリンク


お洒落だと言われる人は敵も多い。
などと思う私は、もはや昔人間です。
今、街で見るお洒落な人達の後姿に、昔よく感じたような殺気立った雰囲気なんぞ微塵もありません。


もし今、そういう人達が嫉妬されているとしたら、それは着ている素敵な服やスタイルの良さじゃない。
ましてやファッションに使えるお金の多さでもない。
持っている自由さだと思います。


a1180_012220.jpg



どうすれば自由でいられるか。
服の数を極限まで減らして同じ組み合わせで二日ずつ着るとか、とびきり上質な服だけを持ってコーディネートスキルを上げるとか。
例えばそんなふうに、方法なんて何でもいいんですよね。


50代になり、色々なことが自分にも周りにも起きて、暮らしに制限がかかっていくのは仕方のないこと。
でも、そんな中だからこそ自由でいたい。
自分はこのやり方でいくんだと、強い自信を持ちたいです。


今日は「いい服」の日だそうです。
天気もまあまあ良さそうだし、クローゼットや押入れの中を片付けて風を入れます。
ご訪問ありがとうございます。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


[50代を考え暮らす]テーマに参加中、同世代ブロガーさんの暮らしぶりから学ぶ点が多いです。
こちらも参考にどうぞ。

テーマ 50代を考え暮らす
関連記事


スポンサードリンク

全ての記事とカテゴリ⇒