さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 思い出の断捨離。いつまで持つか、期限はこうして決めています。


思い出の断捨離。いつまで持つか、期限はこうして決めています。


スポンサードリンク


毎日使っているもの。
ときどき使うもの。
めったに使わないけれど、どうしても必要なもの。
季節ごとに使うもの。
思い出があって、どうしても捨てられないもの。
コレクション。


近藤典子さんは50歳をすぎたら家の整理を始めなさいの中で、ものは6つのタイプに分かれると書いておられます。
昨日わたしは、そのうちの「思い出があって、どうしても捨てられなかったもの」を捨てました。





みなさんは、思い出の品のうち、どんなものを残していますか?
私が50を過ぎても捨てられない思い出の品は、自分のコンプレックスを覆してくれると信じていた物です。


ピンチハンガー

息子が洗濯物を干す練習に使っていたピンチハンガー。
「やっと出来るようになりました!」と養護学校への連絡帳で報告し喜んだのもつかの間、そのうち息子は嫌がるようになりました。
その後も壊れ切るまで使い続けましたが、捨てられませんでした。


頑張った息子ではなく、母親として頑張れた自分。これは、その象徴でした。
捨てられたのは、それがなくてもあの頃のことをはっきり覚えていられると思えるようになったからです。




思い出の品を、一生持ち続けるか捨てるか。いつかは決めねばなりません。
私は、出来るだけ減らしておきたいと思っています。


また、思い出の品に関しては、いついつまでと期限を決めるのも止めています。
半年後1年後には決断するといって持ち続けても、その時にやっぱり無理だと思うと捨てられませんから。
「もう捨てても大丈夫」と思えるタイミングが来た日が期限だと思って、処分してきました。


亡くなった息子本人のものも、いつかはミュージアム状態をやめて処分する日がきます。
娘にさせるのは不憫だと思うから、私が必ずやり終える・・・と決めています。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

先週、ブログ村のカテゴリを移動しました。よろしくお願いします。
 ↓
50代の生き方ブログランキング
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2