さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 2016年12月


夫の実家で過ごす。エプロン持参よりも大事なこと。

スポンサードリンク


皆さんは夫の実家とどのようにお付き合いしていますか?私の年齢くらいだと、別居をやめて同居している人もおられるかもしれませんね。

私は結婚と同時に大姑を含む3世代同居をはじめたのですが、のちに別居し、今は程よい距離でのお付き合いを続けています。

このような暮らしが出来るのは、80歳になった今も元気でいてくれる義母のおかげです。若い頃からせっせと体を動かし、高齢になった今も畑に出ている姿を見ていると頭が下がります。

今日は、夫の実家で過ごす年始に失敗したことや気を付けていることなどを書きます。

ストレスなく良い関係を保ちたいと願うお若い方の、なにかひとつでも参考になればと思っています。


20代の私の失敗


●20代の頃の失敗は、服装でした。

デニムにニットとパーカーという格好で、夫側の親戚を迎えしようとして、「しまった」と思ったことがありました。

結婚前から夫の家に出入りしていて、結婚後もスムーズに同居生活を送ることができていたため、普段通りでいいと勝手に思ってしまったのです。今ならすぐわかることですが、当時は本当に世間知らずでした。

仏壇にみなで手を合わせ、墓参りにもいく土地柄。

作業着を連想させるデニムは避けるべきでした。


別居してから(30代前半~50代)


●手土産で喜ばれる物
●お手伝いのタイミング
●帰ってからして喜ばれたこと


30代前半で別居にふみきったため、今度は夫の実家へ「行く」立場になりました。

同居で、親戚を迎える側の気持ちを少しは理解できていたと思うので、どう振舞えばいいかは何となくわかっていました。

気を付けたのは、やはり、自分達がお客ではないと覚えておくこと。



手土産は、迎える側からすると、個包装になっていて、ある程度は日もちするものがありがたかったです。

分けて持って帰ってもらうのに入れやすいということもありますが、家族でいただく場合もたくさんだと食べきるまでに時間がかかるからです。

そして、菓子なら、干菓子よりは半生菓子の方が口にいれやすく、義母は喜んでいました。

また、果物なども歓迎していました。

行く立場になってからは、これらのことを踏まえ、手土産を選んでいます。



お手伝いのタイミングは、やはり食事が終わってからの後片付け。

大量のお皿を洗うから・・・ということもありますが、並んでキッチンに立つと自然とおしゃべりができ、ざっくばらんに近況報告などができるからです。

親は、いろいろと聞きたいと思っていても遠慮していることが多いです。キッチンだとお互いにリラックスできます。

それから、帰ってからお礼の電話を入れたら喜んでくれたので、これは続けていきたいと思っています。


●みんなで集まることの意味を理解して振舞う。服装も。
●手土産はもらう側の立場になって決める。果物なども喜ばれる。
●自分たちは客ではなく家族。相手の気持ちになって動く。
●1本の電話でお互いhappy。


同じ時間を過ごすなら、気分よくラクに楽しく。地域性や年代の差はあっても、基本は同じだと思います。

帰省する方も、迎える側に立つ方も、そんな時間を持てますように。

参考にしているテーマはこちら。チェックしてみてくださいね。

ブログ村テーマ
キッチンの片付け・断捨離・収納
服の断捨離・整理収納
50代を考え暮らす
捨てても、大丈夫だったもの。


ランキングに参加しています。下の四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

今年最後の更新になります。読みに来て下さる方がおられたから続けてこれました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

冷蔵庫の掃除もラクになった収納グッズ、無印と100均で選んだのはこれ

スポンサードリンク


狭いスペースに大きさも種類も消費期限も違うものが入っている冷蔵庫は、収納が難しい場所のひとつだと思います。

今日は、片づけの苦手な私がやってみて使いやすくなった、冷蔵庫(野菜室)用の収納グッズについて書きます。

・野菜室の収納がいちばん難しかった理由
・野菜室は、どんな収納を目指すか
・野菜室の収納がラクになった無印良品と100円ショップの収納用品
・自分にあった片づけ方・収納の仕方

野菜室の形にあった収納用品を使うことで、出し入れだけでなく、掃除もしやすくなりました。

無印良品メイクボックスとキャンドゥ野菜ストッカー


野菜室の収納がいちばん難しかった理由


野菜室の収納は、私にとって、冷蔵庫の中でいちばん難しかったです。

上手く使えなかった理由は2つです。

●奥行きがある上に深さもあるので、入れにくいし出しにくかった。
●形が似ている冷凍室よりも中に入れたものの鮮度が落ちやすく、よく失敗していた。


野菜室は、どんな収納を目指すか


片づけ下手な私が目指すのは、すぐ取れてサッと戻せる収納 (←こちらをクリックしていただくと、これまでの収納記事に飛びます)です。

●パッと見てすぐ中に何があるかわかること
●ストレスなく取り出せること
●使い切れなかった野菜も戻しやすいこと

また、野菜くずなどが出るので、掃除しやすいようにするのも目標にしました。

収納用品自体も、洗いやすいような、大きめのものを選びたいと考えました。


野菜室の収納がラクになった無印良品と100円ショップの収納用品


野菜室で使ってみたかった収納用品の条件は、「深さがあること」「洗いやすいこと」

無印のメイクボックスは2種類の高さの物を使っています。キッチンが狭く、冷蔵庫の正面に立つと野菜室を全開できないので、入れる位置も難しかったです。

手前には、イノマタ化学 冷蔵庫用 野菜ストッカー を横に2つ並べています。

*野菜も、収納用品自体も、なるべく詰め込まないように入れています。袋もたいていそのまま使っています。
無印良品メイクボックスと100均イノマタ化学野菜ストッカーで野菜室収納

無印良品のメイクボックス2種は、(背が)高い→低い→高い、と並べて取り出しやすいようにしています。

大サイズ(高い)・・・向って右側は無洗米。左側はキノコ類など。

中サイズ(低い)・・・真ん中。未開封のサラダ用野菜などを入れています。



ポリプロピレンメイクボックス

幅150×奥行220×高さ169mm ¥450


ポリプロピレンメイクボックス・1/2
幅150×奥行220×高さ86mm |\350


イノマタ化学 冷蔵庫用 野菜ストッカー


自分にあった片づけ方・収納の仕方


モノを減らしただけでは自分に合った片付け方が出来ない理由を知ったのは、片づけセミナーに出てからです。

私は、中がすぐ見えていないと、覚えられない。

細かすぎても、使いこなせない。

冷蔵庫の収納については、本の中でもページを多めに取らせてもらって書きました。



自分の覚えかたの癖がわかってきた今は、捨て方だけでなく、しまい方でも迷いが減ってきました。

収納がラクになると掃除もラクになるというのを実感できるようになってきて喜んでいます。
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

そんなに多くのモノはいらない◆書籍の感想をいただいて思うこと

スポンサードリンク


はじめて書いた本の感想をいろいろと頂いています。立場は違っても、見ている方向は同じだと感じました。

「この先の人生、もうそんなに多くのモノはいらない」という思いです。

今日は、本を紹介してくださった記事について、コメント欄でのやり取りもふくめてまとめました。


本文中に以下の誤りがありましたことをお詫びして訂正させていただきます。
■130ページ・1行目
【誤】空拭き
【正】乾拭き


イラストレーター、宿輪貴子さん・・・Syuku-Watch


カバーや挿絵、描き文字などをたくさん描いて下さった宿輪貴子さんのブログを最初に。

ひんぱんに登場するシロちゃんというまるい猫さんの様子を見ていると、小さなことで悩むのなんかやめようと思えます。

「今日からだれでも、片づけ上手」というタイトルで5本、イラストをたくさん添付してアップしてくださいました。

出版日6
チェストと植物。わが家の画像です。
リビングのページ


seriさん・・・芹の恵み


同世代ならではの考え方だと共感してくださり、胸が熱くなりました。

バブル期を経験した世代は、私も含め、今もモノを持ちすぎている人が多いと思います。そしてそれを重荷に感じている。

決断力があってサクサク片づけていく人を見ると、よし自分も!と思う反面、やっぱり出来そうにない・・・と肩を落とすこともある。でも、なんとかしたいと思っている。

「いまいち、自分に自信が持てない人も勇気をもって片づけに取り組めます」と最後のところで書いてくださっていて嬉しかったです。

「原田さよさんの『今日からだれでも片づけ上手』を読んで」


シンプル愛さん・・・一念発起の断捨離


過去にも紹介したことのある、FC2で断捨離ブログを書いているブロガーさんです。

住まい替えなどの場合をのぞけば、一気に片づけられる人はそう多くないと思います。だからせめて、片づけのルールにのっとり、段取りよく物を減らしたいと実行してみる。でも続かない。

ルール通りが難しいなら、たとえ時間がかかっても、自分が納得できる選び方で片づけたい。

取ることより、戻すことに重きをおく収納。

このような、伝わったらいいなと思っていた部分を読み取って、丁寧に紹介してくださいました。

「何だか片づけたくなってきた。片づけたいけど今ひとつ踏み込めない人へのおすすめな本。」


よらひくさん・・・どうぞよらひくブログ


リウマチ仲間の彼女は、月イチの読書会を「本友さん」たちと開くほどの本好き。

今回も、読む前にまず装丁を褒めてくれていて、嬉しかったです。カバーや帯をはずして見てくれる人は、なかなかいないと思うからです。

読者さんが読み進めやすいような画像の置き方やキャプションの付け方をされるブロガーさんで、参考にさせてもらっています。

「50代の片づけをラクにするコツ」

出版日7


ひよっこさん・・・ひよっこのブログ


リウマチでは先輩だけど同じ年。年頃の娘を持つことや、田舎の長男に嫁いだことなど、共通項の多いブログ友達です。

本が届いてすぐ、心温まる記事を書いてくれました。

原稿を直しても直してもうまくいかなかったとき、アメブロでブログを書いていた頃のことをよく思い出していました。

発病して出来ないことが増えてもめげずにいられたのは、淡々と働いて治療を続けている人から多くのことを教わったおかげだと思っています。

「届いたよ!」



ペットブログを書いている、これも長いおつきあいになるキッツさんの記事では、「だれにでも親しみやすい片づけ本」と紹介してもらえました。ありがとうございます。

(本物はリンク先のブログで見てくださいね、とてもキュートです)
猫さんイラスト


それから、発売前に記事にしてくれたリウマチ仲間のピーマンさん、古くからのブログ友達ミラさん、告知記事にいちはやく反応してくれたことが嬉しかったです。

個別にメールを下さった方々にも、もういちど御礼申し上げます。あのときかなり緊張していたから、救われました。みなさん、ありがとうございます。


身軽になって、ラクに暮らしたい


「片づいていると気分がいい」「モノが少ないと、ラクに暮らせる」

シンプルなことですが、実現するのはたいへんです。長く生きてきたぶん、モノも思い込みもたくさん背負っていますから。

焦っても焦らなくても片づける物の多さは変わりません。あとは、自分にあったやり方を片づけながら見つけていくだけです。

やめなければよし。です。

長くなりました。ここまで読んで下さりありがとうございます!


Amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

楽天
今日からだれでも、片づけ上手。

ブログランキングに参加しています。下の四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村テーマ。参考にしています。
捨てても、大丈夫だったもの。
キッチンの片付け・断捨離・収納
服の断捨離・整理収納
50代を考え暮らす
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

年末年始もリビングすっきり。小物を増やさない収納の工夫と小さな習慣

スポンサードリンク


★電子書籍版が出ました。サンプルを、紙の本の34ページ目「『すぐやる脳』になるため変えたこと」まで読めるようになっています。よろしければご覧になってみてください。


kindle はこちら→
楽天koboはこちらです→
Amazon
楽天


片づけ下手の私にも、捨てて物を減らすことが収納のハードルを下げるという意味が、だいぶわかってきました。カタログを眺めては、「こんな美収納だったら素敵だろうな」と憧れる気持ちもすっかりなくなりました。

今は、これ以上ものを増やさないよう、出来る工夫はなんでもしてみようと考えるようになっています。

今日はそんな私がはじめた、リビングやキッチンに物を増やさないための小さな習慣と収納の工夫について書きます。


リビングやキッチンに物を増やさない


リビングやキッチンは家族共有スペースなので、細々した物もたまりやすいです。年末年始は普段と違う生活リズムになるので、予期せぬものも入ってきやすいです。

そういう細々したした物をためこまないため、2つのことを意識してかんたんな収納の工夫と習慣づけをしてきました。

ひとつは、もらったものはすぐ開封すること。

もうひとつは、すぐ開封できるよう、ハサミを使う場所のすぐそばに収納するということです。

こんな記事も書いています⇒「大量にあったサンプル化粧品の捨て基準3つと、断れなかった場合の使用ルール3つ」

たとえばこんな感じです。

すぐ片付ける 4

このマスクは、先日、夫がどこかでもらってきたものです。手渡されたら、リビングに放置してしまう前に食器棚の台のところまでもってきます。

そしてすぐ下の扉の中に入れてあるハサミを取り出して開封します。

狭いキッチンをリビング側から見た様子
すぐ片付ける  3

すぐ片付ける

このように一辺を残して切り開き、中にマスクを入れます。袋状のまま収納しておくよりも、取り出しやすいです。

すぐ片付ける 2


毎日なんども開ける食器棚の引き出しの3段目に、このように収納します。
すぐ片付ける 1

入ってくる⇒すぐ開封する(しまい込まず)⇒そのためにハサミをそばに収納する⇒開封したものも、すぐ収納出来るような場所を決めてみる、という流れです。

★関連記事はこちらでまとめています⇒すぐ取れてサッと戻せる収納


片づけ下手が守っている収納ルール


使いたい時すぐ取れて、使い終わったらすぐ戻せる場所であること。

難しくないこと。続けられること。

片づけ、とくに収納を考えるのが苦手なので、この二つの決めごとを常に頭においています。

ズボラなくせにせっかちな私が、少しでもラクに暮らせるための工夫です。

参考になります。チェックしてみてください。

ブログ村テーマ
リビングのこどもスペース

WEB内覧会*リビング
キッチンの片付け・断捨離・収納
掃除・片付けのコツ


ブログランキングに参加しています。下の四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

シンプル収納でスッキリ!いつもの掃除もついでの掃除もラクになりました

スポンサードリンク


★電子書籍版のサンプルで、紙の本の34ページ目「『すぐやる脳』になるため変えたこと」まで読めるようになっています。よろしければご覧になってみてください。

kindle はこちら→
楽天koboはこちらです→

Amazon
楽天


せっかちなのにズボラな私にとって、部屋全体をいつも綺麗にしておくのはハードルが高いです。

今日はこんな私が続けている習慣のひとつ、朝の片づけの最後にする、ちょこっと掃除について書きます。

こんな記事も書いています⇒「シンプルな一日は、早朝の4分習慣でラクに始められるようになりました」


掃除がめんどうにならないために


めんどくさがりですが、自分が見て綺麗だと気分良い場所だけは毎日そうじしています。

この家を買ったときからずっと続けていられるのは、おっくうにならないよう、道具をそばに置くようにしたからだと思います。

中にしまうのではないので収納とはいえないかもしれませんね。別の場所に入れていたミニタオルを出してきて、すぐ取れるような所へ置いた結果、掃除がラクになったということなんです。

たとえば、リビングのソファー横の窓。この窓は朝一番に開けるので、付近が汚れていないと気分いいのです。

朝のミニ掃除2

断捨離対象のミニタオルで木枠の色に馴染みそうなブラウンのものを、この定位置においています。

家を買ってから17年、ミニタオルハンカチが古くなったら、ここで使うと決めて続けてきました。

毎朝、窓のこちら側だけさっと拭き、そのあとレール部分も拭きます。乾拭きでよしとしています。


朝のミニ掃除1

キッチンだと蛇口のうしろにいつもミニタオルを待機させています。これはもう25年くらい続けています。

蛇口付近が光っているだけで気分いいので、もっとあちこち・・・と無理をせず、シンクとここだけ拭きあげています。

簡単な家事の工夫、他の記事もトラックバックさせてもらいました。よかったらご覧ください。

ブログ村テーマ
簡単な家事の工夫



朝のミニ掃除3

そしてもう一か所。テレビ台の裏です。ここにも小さなタオルハンカチをおいています。上記同様、毎日さっと乾拭きするだけです。

キッチンカウンターや料理台、ダイニングテーブルは、必要に迫られて掃除しているという気がしてしまうのですが、自分が見て綺麗だと落ち着く場所の掃除だと苦になりません。


ラクに掃除をとらえる


気になったときいつでも拭きそうじ出来るようにしておきたいのと、ミニサイズだとはいえ何枚もタオルを洗うのはおっくうなのとで、洗濯カゴへミニタオルを入れにいくのは一日の終わりにしています。

いつもするけど、ついでにするときもある。いつも出来なくていいし、いつしてもいい。

掃除も適当にとらえたい私は、こんなふうに考えて道具をそばにおいています。


家事をラクにする心がまえ


家事が苦手で、めんどくさくて、義務だから仕方なく、という前提でずっとやってきました。

けれど、もしかしたらこんな私にも好きな家事があるんじゃないか?などと、記事を書きながら思っています。

体力的にも一度に出来ることが減ってきましたので、片づけの面でもこういう小さな習慣づけを意識してみたいと思います。

関連テーマの記事はこちらで読めます。参考になさってください。

ブログ村テーマ
私の朝時間
キッチンの片付け・断捨離・収納
家事が楽しくなるモノ・工夫
掃除・片付けのコツ


ブログランキングに参加しています。下の四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2