さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 2016年02月


服や贈答品の断捨離。リサイクルショップ利用を迷っている人に試して欲しいこと3つ。

スポンサードリンク

*断捨離して不要品を売りました。というカテゴリを設けました。
リサイクルショップ利用やオークション出品について、自分が経験してきたことをもとに書いた記事を入れています。


初めから読む方はこちらからどうぞ→断捨離◆「譲る・オークションで売る」を積極的に取り入れてみる。


いちばん早いのはゴミとして捨てることですが、躊躇する人も多いのではないでしょうか。私もそうでした。
かといって、他にどうすればいいかすぐには決められなかったです。
今日は、捨て方や「捨てる先」を迷っている人に向け、ご近所のリサイクルショップを利用してみませんか?初めはこんな風に考えてみるのはどうですか?という話を書いてみたいと思います。



捨て方を迷っている場合

贈答品や、買ったはいいが未使用のままという品物はないですか?
私はそういう物を押入れの奥へ突っ込んだまま、見ないようにしてきました。
頂いた物を使わずおきっぱなしにしていることや衝動買いしてしまったことへの罪悪感があったからです。


考え方を変え、それらの一部を昨年はじめてリサイクルショップで買い取ってもらいました。
10年近く保管していたものもあったのですが、値がつきました。


もし今、人がまだ使えそうだけどうちでは使わないという物があったら、ご近所のリサイクルショップへもっていくのも選択肢の一つに入れてみませんか。



リサイクルショップ利用。最初の一歩を踏み出すために私がしてみことはこの3つです。

①ショップで売ることを、もったいないという気持ちを手離す手段の一つと考えてみる。
②買う側として来店し、「家にあったらいいな」と思えるものがあるかどうかじっくり見てみる。
③自分が出そうと考えている物と似たような商品が売られているか、確かめる。



贈答品は、いただいた時点でその役割の大半を終えています。
物より気持ちや行為を貰っているからです。


もったいないのは、使われないまま放置されていること。
良いと思って買ったが使わないままの物も、次の使い手にさえつなげられれば無駄ではなくなり、こちらの気持ちも落ち着きます。


どんなものが、どのように売られているか。
主婦としての自分が必要なものもあるか。
店内に並んでいる商品を眺めると、家から持ってこれる物があるかどうかを判断できます。


良いのはやはり、贈答品で未使用のものでした。
箱の有無や汚れ具合で違いますが、価格が付きやすく、次に中古品を持って行く際の足掛かりになりました。


こんな記事も書きました。
→リサイクルショップ買取価格と、贈答品や子供服を持って行く時に気を付けたこと4つ。



「もったいない」を書き換える

すぐ捨てるには忍びないものを、リサイクルショップへもって行ってみる。
はじめはこんなことから試して、勿体ないという気持ちを書き換えてみませんか。
関連記事

スポンサードリンク
 

動きにくい狭い場所を片付けるとき心掛けていること

スポンサードリンク

週末は屋根裏部屋の片づけをしました。
電気をつけても暗いし天井も低くて動きにくいしで、クローゼットや押入れより後回しにしていました。
避けていた場所なのに入ったのは、ふいに片付けたくなったからです。


CIMG7932.jpg


動きにくい場所を片付ける時に心掛けていること

物置や屋根裏部屋など、こういう動きにくい場所を片付けるときに心掛けていることが2つあります。
それは、「結果に拘らないこと、一度に全部やり切ろうと思わないこと」です。


狭い場所だと真っすぐ立てないから足腰が痛くなるし、空気も淀みやすく息苦しく感じます。
物が多ければ多いほどその状態が長くなり、全てを片付けてしまおうと頑張ると時間も体力もたくさん使うことになります。


一度にやらなければ効率は悪くなります。
けれど、疲れ切ってしまうよりはマシです。



以前の自分は焦っていました。

前は、準備万端にしてから取り掛かり、出来るだけたくさん片づけてしまいたいという気持ちが強かったです。
こんな記事も書いていました→物置の捨て方


でも今は、このぐらいのユルさで片付けています。
そのほうが次への足掛かりになるし、結果も出していきやすいとわかってきました。



2箱だけ

今回は服の入った箱2つだけにしました。開封して一着ずつ確かめる作業が終わるまで、約1時間。
もっと長かったように思いましたが、実際はそんなものなんですよね。
これだと疲れも残りませんので、また片付けようと思えます。


何年も開けていない箱ならそのまま捨てても大丈夫だったかもしれません。
でも、懐かしかったです!



まずは動く。一度に全部やり切ろうと思わない。やれば結果がすぐ見える。

やれば結果がすぐ見えるのが、片付けの良いところですね。
片付けたくなったら、まずは動く。一度に全部やり切ろうと思わない。おススメしたいです。
今日もご訪問ありがとうございます。


こちら2つは私が管理人をしています。たくさんのトラックバック、ありがとうございます。参考になります。

トラコミュ  服の断捨離 ・ 整理収納
トラコミュ  50代からのファッション
関連記事

スポンサードリンク
 

押入れの断捨離の順番、5ステップでスッキリ◆椅子を持ってこないと届かない場所は無い場所と思おう。

スポンサードリンク

暖かかった日曜、押入れを掃除しました。

高いところには、もうなるべく物を置かないようにします。今回、椅子を持ってこないと手が届かないような場所は、もう使いこなせないと思いました。怖かったのです、物をどけたり掃除したりするのが。

今日は、押入れの中に詰め込んでいた物をどういう順番と理由で捨ててきたかをまとめてみます。

①押入れの使用目的を確認。
②来客用布団を捨てる。
③使わない家電製品とダンボール箱を捨てる。
④賞状・額・壺・壁紙の残り・襖紙の残りなど、思い出があっても使わない物は捨てる。
⑤押入れ用ラックも捨てる。また物を入れてしまうから。体力のあるうちに。


押入れ 


①押入れの使用目的を確認


私は、押し入れの一部を、自分の服やバッグを収納できる場所にしたいと思っています。出来ればここに和室で使う夏の座布団も収納したいです。

体力的なこと、リウマチのこと、いろいろと理由はありますが、自分がラクをしたいというのが最大の理由です。

仏壇のある一階の和室は、日中のほとんどをリビングやキッチンで過ごす私にとって使いやすい場所。リビングが広ければそこに入れておきたいくらいですが、それは無理なので、ここを利用したいと考えるようになりました。


②客用布団を捨てる

 
上段の7割が客用布団とカバー類で埋まっていましたが、それら全てを捨てました。

普段使っている自分の布団の出し入れがすごくやりにくかったのと、客用布団なのにカビ臭くしていた事に気付いたからです。

客用布団を使わなくなってからは、干すのもサボりがちになっていました。もったいないし親にも申し訳ないのですが、手も辛いので決断しました。

もし必要になったら、近くで買うか、レンタル布団を検討します。


③家電製品を入れていたダンボールを捨てる


家電を、購入した時のダンボールに収納して20年以上経つものもありました。それらを含め、押入れにあったダンボール箱をすべて潰して捨てました。

捨てそびれた和室用のブラウン管テレビ・壊れかけていたミシンも処分、テレビは家電量販店へ運んで手続きしました。
 
ダンボールは湿気を吸いやすいだけでなく虫も付きやすいというのを、私は知りませんでした。

押入れ0


④賞状・額・壺・壁紙の残り・襖紙の残りなど、細々した物を捨てる

 
入れたことさえ忘れていた賞状や額などが数枚でてきました。この家に越してきたとき、これらを収納するために、押入れ用ラックを買ったり突っ張りラックを加えたりしてきました。

捨てた理由は、置いておくことで安心したかった気持ちを、もうじゅうぶん満たしてくれたと思ったからです。


⑤押入れ用ラックを捨てる。また物を入れてしまうから。体力のあるうちに


④のものや季節外の服を収納するために買い足したコロ付きのラックは、もう必要ありません。

クリーンセンターへ持ち込んで捨てました。引き取り料は50円。

平日の時間内なら予約なしで行けるし、ドライブスルーに近い形で降ろすのを手伝ってもらえるので、その後もときどき利用しています。


ラックや収納庫は、あればまた何かを入れたくなるかもしれませんので処分一択です。

もう20年近く使ってきたので満足できたとわりきりました。

こういう大きめの物は、今、処分しておかないと、捨てたくても捨てに行く体力がなくなっていくと思います。気力の面が先に折れるかもしれません。



捨てることで余ってきた収納場所。初めは見るたびため息をついていました。そこにも住宅ローンがかかっていたと思ったからです。

でも今は、その時その時の役目をはたしてくれていたんだと納得しています。

押入れ~クローゼットの収納  ブログ村テーマ  
関連記事

スポンサードリンク
 

人に断捨離の話をするとき、気を付けたいこと。

スポンサードリンク

これから本気で家を片付けようと思っている人と断捨離の話をするとき、気を付けようと思っていたこと。
それは、「捨てるとスッキリするよ」とか「片付けるって収納することじゃないよ」と強調しないことです。


相手が聞きたいのは、どこから始めたかとか、大量に出た不用品やゴミをどうやって捨てるのかという具体的な話のはず。
なのに昨日、私はまたやってしまいました。相手の状況などをもっと考えるべきでした。


古本 - コピー


片付けが進むにつれ"捨て至上主義"のようになる。
失敗に気付くのは、たいてい相手と別れたあとです。
サラッと流してくれる人だからと甘えず、落ち着いて言葉を選ぶよう気を付けたいと思いました。


暖かい朝ですね。
お向かいの老紳士の詩吟が始まりました。絶好調なご様子。良かったです。しばらく聴こえてこなかったので。


今日も当ブログへお立ちより頂きありがとうございます。
良い週末をお過ごしください。
関連記事

スポンサードリンク
 

これ、いつの?大量にあったサンプル化粧品の捨て基準3つと、断れなかった場合の使用ルール3つ

スポンサードリンク

化粧品の消費期限が、未開封でも2~3年以内、開封後なら長くても1年以内というのはよく目にする情報ですよね。
サンプル品はパッケージも違うからもっと短くなりそうです。
しかし、断捨離を始める前のわが家の洗面所やドレッサーの引き出しには、大量のサンプルがありました。
もらっちゃうんですよ、お得感や試してみたい気持ちが常に優位だったので。

今日は、それらをどういう基準で捨てたかと、断れずにもらってきた場合の使い方ルールについて書きます。



化粧品サンプルの捨て基準3つ

①いつもらったか忘れたもの
②湿気の多い場所などで保管していたもの
③興味のない種類のもの=自分には使いこなせないもの


液体のものは、中身を出してからパッケージを捨てました。
それ以外の物は、そのまま捨てました。
30個くらいで、それほど場所を取ってはいませんでしたが、これを処分して洗面台の下がスッキリしました。




サンプルを貰った時の使い方ルール3つ

貰わないようにするのが一番ですが、DMにくっついて郵送されて来たり、化粧品売り場で買ったものに知らないうちに入れてくれている場合がありませんか?
そういう時、私は以下のようなルールでサンプルを使いきるようにしています。


①すぐ開封して使ってみる。
②すぐ使えない場合は、日付を書いてなるべく早く使ってしまう。
③家以外では使わないようにする。


③の「家以外では使わない」というのは、以前、ジムで使うのに丁度いいと持って行ったとき肌に合わず困ったからです。
代わりがすぐに調達できないというのは不便ですね。
サンプルは入れ替えなくてもいいサイズのことが多く携帯に便利ですが、あれ以来、外で試すのはやめました。


CIMG9101.jpg


肌の状態は下降する一方。
色々試してみたい時もあるので、増やしすぎない程度に楽しみながらトライしていこうと思っています。


ランキングに参加しています。「読んだよ」の合図にでもバナーをクリックして下さると嬉しいです。
表示カテゴリの記事を、ランキング順に読めます。
↓↓
 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

スポンサードリンク