スポンサードリンク


少ない服を着こなす人から学べる、本物の自由の勝ち取り方。

お洒落だと言われる人は敵も多い。などと思う私は、もはや昔人間です。今、街で見るお洒落な人達の後姿に、昔よく感じたような殺気立った雰囲気なんぞ微塵もありません。もし今、そういう人達が嫉妬されているとしたら、それは着ている素敵な服やスタイルの良さじゃない。ましてやファッションに使えるお金の多さでもない。持っている自由さだと思います。どうすれば自由でいられるか。服の数を極限まで減らして同じ組み合わせで二...

続きを読む

婦人公論「残す」「手放す」片づけ術。自宅も実家も何とかしたい同世代の人と読みたい本。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】婦人公論 2015年 12/8号 [雑誌]手のリハビリの帰り、本屋さんでたまたま見たんです。引き込まれてしまい、迷わず買いました。詳しく書けないのが残念ですが、専門家や著名人、読者の体験記など、どれも私たち世代が知っておきたい内容だと思います。お馴染み、スタイリスト地曳いく子さんの、残す服の選び方なども載っています。読み進めるには少々体力がいるかもしれませんが、40代以上の方...

続きを読む

何処から片付けていいかわからなくなった時にやること。

どうしても捨てられない服を、後悔せずに断捨離するステップ3つ。この記事の続きです。私は、暇すぎても忙しすぎても、片付けから逃げたくなります。そういう時は、「どう暮らしたいと思ってたんだっけ?」と初心に帰ることにしています。破れた網戸を張りかえたり、他の網戸も洗ったり、人気ブロガーさんの”本日のコーデ”を読んで、みすぼらしくなったセーターを捨てたりします。ブログ村テーマ本日のコーディネート●捨てたいの...

続きを読む

断捨離2年。がら空きの押入れを見て思う。

旧ブログで「息子の部屋を片付けます」と宣言してから約2年。その時の押し入れも、2年後にはこうなりました。このぐらいの量になってくると、押入れの役割をあまり果たしていないのかもしれません。2015年11月。天袋はカラ、下の二段も3割収納です。捨ててきたのは全て、ここ10年は使っていなかった物でした。なかなか思い切れなかったものもあるのに、時間が経つと、捨てられなかった理由をちゃんと思い出せません。2013年10月末...

続きを読む

なにも置かないキッチンカウンターの効力。

冷蔵庫を快適に使うために始めたこと2つ。この記事の続きになります。何も置かないキッチンカウンターを目指すわが家のキッチンシンクの前には、カウンターがついています。手も目も届きやすい位置にあり便利で、この家に越して来てからずっと喜んで使ってきました。でも便利なゆえに物をためてしまうようになり、カウンター本来の使い方が出来なくなっていました。「この上に何も置かない習慣をつけてみたい。」こう考え、目指し...

続きを読む

全ての記事とカテゴリ⇒

スポンサードリンク