さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 2015年06月


無くても困らない大物はこれ。


スポンサードリンク


「押入れがスッキリ。見栄と来客用布団を捨てました。」

この記事の続きです。


ふとん


来客用の布団を捨ててもなお、わが家には「予備の布団」がありました。
布団の世話は今の分だけでもしんどいし、手が痛い。
このまま置いていても、またダメにするだけ。


こう割り切って、予備の一組を捨ててきました。
押入れは、さらにガラガラになりました。


自分のこの先の体力を思えば、出来るだけ大きいモノから減らしておきたいというのが本音。
少ないモノで豊かに暮らす。これが私の目標です。


思いついた時にやっておけば、娘一人に負わせる物も減らせます。
あれもこれもと惜しい気持ちになっていては、いつまでたっても自分がラクになれません。逆に言えば、ひとつずつでも減らしていくことができれば、何とかなっていくということですよね。


捨てることの迷いを払拭してくれるトラコミュ。参考にどうぞ。


トラコミュ  
捨てても、大丈夫だったもの。



書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

紙袋は、小さな収納場所を決めてから捨てました。


スポンサードリンク


こんまり流で服や食器はだいぶ数を減らせたと思います。
でも、ショップ袋はなかなか捨てられませんでした。
キッチンやリビングだけでは足りず押入れの中でも保管するほどの数で、もう見るのも嫌になるほど。


「何かに使えそう」とか
「綺麗だから惜しい」とか
「ブランドでお買い物した思い出が~」とか・・・。
書いてて笑ってしまいますが、かなり執着してました。


そこで、もう先に収納場所を決めてしまってから、そこに入る分だけにしようと決めました。
「ここに入るだけ」にしようと思えたのは、月に1,2回しか使わなくなってると自覚したからです。


■収納場所は、特大サイズの紙袋一枚の中。

そこに、大×3・中×3、小×3、入れています。
都合、10枚の所持数。
最初はもう少し多くギュウギュウと詰め込んでましたが、少しずつ減らして今の数になりました。
数が増えたときは、その分を捨てています。


* 収納場所の確定。
* 暮らしながら、数を修正。
* 維持。


こんな小さなものひとつでも、マイルールが決まると出来るだけ持ち帰らないよう注意し始めるものなんですね。
自分が少しずつ変わっているようで嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

押入れやクローゼットの収納を考えるなら、出したものを広げる場所を先に確保した方が上手くいく。


スポンサードリンク


捨てることが、単に物を破棄することではないのはわかってきました。
たくさん詰め込むことを考えるより、物を減らすことを先にした方がいいのも。
暮らしの目標が決まっていれば、何が必要なのかも決められる。


でも、物を減らす前にしなきゃいけないのは、物を広げる場所の確保です。
服なら畳2枚分、食器なら2m四方という感じ。


そのスペースがないまま狭いところで判断していた時は、すぐに疲れて投げ出してました。
広げると、しまうのが大変!
そう思い込んでもいました。


でもそうじゃなかったです。
きちんと座って手に取り、しっかり判断する方が、疲れないし迷わないとわかりました。


捨てる前に 


選別したり捨てたり収納したりっていうのは根気のいることですよね。
本当に疲れます。
でも、欲しい物を欲しい時に欲しい場所ですぐ取れる快適さをちょっとでも経験すると、しんどくてもまた片付けようと思えます。


* 物を広げる空間を確保。
* 先にしておける家事は済ませておく。


これからも、どうすればちょっとでもラクに片づけていけるか考えていきます。
今日もご訪問ありがとうございます。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

片づけの「でも・どうせ・だって」を捨てよう。


スポンサードリンク


2013年捨てたラック

■体力と気力の維持ができなくなっていることを痛感。

結果を出したいならマニュアルに沿ってコツコツやるのが早道だ!
こう信じてきた私も、先日、また一つ年を取りました。


「もうそんなに時間はないぞ」と鼻息荒く2階のクローゼットを片づけていた先週末、気持ち悪くなってそのままダウン。
気力に体力がついていかなくなっていることを、痛感しています。
出した服はそのままにしてしまいました。気になりましたが、もうどうしようもなかったです。



■マニュアルを探さない。

片づければ少しずつでも良いことが起こる。
そうわかってくると、より疲れずに済む方法はないかと考える。
今の自分でも出来そうなマニュアルを探して、ウロウロするようになっていました。
そしてすぐ、それを実行したくなるんです。


今回わかったのは、本は教えてくれるけど、片付けてくれるわけじゃないということ。
書いてしまうと、とても当たり前のことだと感じるのに、わかってませんでした。
上書きした情報に振り回されずにいられた若い頃とは、もう違うんですよね。


でも、しんどい。
だって、誰も手伝ってくれない。
どうせ、やってもキリがない。


迷った時は、先にこれらの気持ちを捨てて、休むようにします。
欠点を補おうと、無理やりマニュアルを探すのもやめます。


回復して来たら、まず自分が動く。それから助けを求める。
その方が説明しやすいし、建設的だと思います。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

服を買うなら思い込みも捨ててから◆このレギンスパンツは100点満点でした。


スポンサードリンク


服をたくさん断捨離したら新しいものを試してみたくなりました。
同世代の女性が颯爽と履いているのを横目に、私には無理だとあきらめていた形のレギンスパンツです。


選んだのは評価が高かったこれ。
16色展開、合わせやすいベーシックな色にしました。


レギパン 1


【今だけ特別送料無料!】【リンネル掲載】 穿いていないような軽い穿き心地 ◆zootie(ズーティー):エアパンツ



今まで履かなかったことを悔やむぐらい、よく伸びて動きにストレスをかけません。
股上の長さもあるため、私達世代にも安心。


長めのシャツと合わせて気楽に履いています。
私が履くとタイツみたいになるんじゃないか?と案じてましたが、大丈夫でした。
試してみて本当によかったです。


こちら、参考にしています。

トラコミュ  大人のTシャツの選び方&着こなし方
トラコミュ  40代からの似合う服と小物の選び方


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2